FC2ブログ

杉並ワークス

L12A1 7x42 双眼鏡


ミリタリーランキング


英軍AVIMO L12A1 7x42 双眼鏡







タマキャット様/英軍リクエスト・シリーズは、N.I. Glovesで最終回を迎えましたが、

これで終了では ちょっとさびしいので もう少し続けてみたいと思います。

今回は特別版です。







英軍フォークランド紛争装備

英軍AVIMO L12A1 7x42 双眼鏡







フォークランド戦の双眼鏡と言えば、コレですね。

1979年に制式採用された AVIMO製7x42 L12A1 双眼鏡です。







イギリス軍は70年代に入っても大戦型の双眼鏡を使用していました。

大戦型の双眼鏡/6X30は、小型軽量で使い勝手が良いですし、すぐに変更する必要が無かったのかも知れません。

実際、欧州では60年代くらいまで大戦型の双眼鏡を使っていた国が多いですから。

しかし、70年代半ばも過ぎると

さすがに全てにおいて古くなり、ようやく新型に更新された  という感じです。







Falklands War 1982




最初の実戦は、Falklands War 1982 です。

フォークランド戦の写真でもL12A1双眼鏡の使用が多数確認できます。







その後も 長い間 現役でしたが、

イラク、アフガニスタンで使用された後、退役しました。

現在は使われておりませんが、戦後イギリス軍の代表的な双眼鏡であることは間違いないでしょう。







イギリス軍L12A1 7x42 双眼鏡







下記掲載画像は、ネット上によく転がっている写真で フォークランド戦のSAS とのこと。

私は画像は見ますが、付いているキャプションは鵜呑みにしないようにしています。

実際に写真を撮った写真家が、自身の写真集の中で付けているキャプションに関しては、かなり正確だと思いますが、ネット上のキャプションは デタラメ三昧のとんでもキャプション が存在するからです。




British Army L12A1 Binoculars




この英軍兵士の画像ですが、岩の上に、L12A1双眼鏡が置かれていますので この写真は79年以降の撮影 ということになります。

それから、

M16ライフルの消炎器に注目してください。

三又ハイダーですよね。

そうしますと、英軍は80年代に入っても三又ハイダーのM16を使っていた ということになるかと。







三又ハイダーのM16







フォークランド戦・SBSのイラストは、三又ハイダーのM16で描かれています。

以前、「 ドイツ軍資料本 」 の記事の中で、イラストは間違っている場合もある という話をしましたが、

イラストはどこまで行ってもイラストなので、参考程度に見るようにしています。







M16A1 M203 グレネードランチャー付き







フォークランド戦・SBSのイラストでは、M203グレネードランチャー付きは M16A1 で描かれています。

あくまでもイラストでは M16A1 で描かれている という話です。







ロイヤルマリーンM16/1983年







上記は、1983年に北アイルランドで撮影されたロイヤルマリーンの写真です。

やはり、英軍は80年代に入っても 三又ハイダーのM16 を使っていた ということになります。







ちなみに

Wikipediaの英語版【M16 rifle】の中に

The M16 was also adopted by the British SAS, who used it during the Falklands War.

の記述があります。

ウィキペディアが絶対とは言いませんが、

少なくとも英語版は、フォークランド戦でSASが使用したのは、M16A1 ではなく M16であると 明言しています。







・・・資料少なく 

悩むところですが、

フォークランド戦のSAS もしくは SBS をやる場合、

G&P製 M16VN とか、

三又ハイダーの M16 の方がいいんじゃないかぁ~  という気がします。







英軍AVIMO L12A1 7x42 双眼鏡




英軍フォークランド紛争装備




スポンサーサイト

テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/15(金) 11:51:25|
  2. 英軍AVIMO L12A1 7x42 双眼鏡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M31型雑嚢【Vol.7】


ミリタリーランキング


ドイツ軍M31型雑嚢







ベルト&バックル以外、

全てサムズ製でまとめてみました。







ドイツ軍M31型雑嚢

M31雑嚢/サムズ製







代用品の時代の終わり頃、

可能な限り実物再現を目指して製作されたサムズ製・高品質レプリカなんですが、ほとんど評価されずに終わりました。
( 実物との比較記事はコチラ

中華レプ時代が始まって10年も経つと、安くてお買い得という感覚は消え失せ、廉価版レプリカは、いい加減飽きた うんざりしている という人も多くなってきました。

なので

2016年くらいに、この雑嚢が販売されていたら、評価されたかも知れません。

登場が 10年早かったサムズ製レプリカ という感じです。







ドイツ軍M31型雑嚢/サムズ製

SS M43型規格帽







生地、型紙、そして雰囲気。

なにひとつ いいところがない帽子です。

中華業者から仕入れた帽子に サムズミリタリヤ のスタンプを押しただけ  そんな感じの製品です。

しかも、

他店の同等レベルの帽子の倍近い販売価格。

この帽子は忘れたいですね。







ドイツ軍M31型雑嚢

スウェーデン軍改造M43型ウール軍服







ベテランの方は、スウェーデン軍改造服と聞くと  

あんなもの  

といった感じで、嫌な顔をする人が多いという印象がありますが、私は好きですね。

生地の雰囲気がイイですから。







ドイツ軍M31型雑嚢/サムズ製

チェコ軍改造 DAK綿製サスペンダー







実物同様の綿製サスペンダーが欲しいという方は、米国SMW社製を選ぶと思いますが、私はサムズ製のサープラス品のような雰囲気が好きですね。

よく見たら整った顔立ちではないのに、醸しだす雰囲気でイケメンに見えてしまう男性のことを 「 雰囲気イケメン 」 なんて言ったりしますが、サムズ製レプリカは まさに そんな感じです。

よく見ると実物同様ではないのに、醸しだす雰囲気でカッコよく見えるドイツ軍レプリカ ということです。

これがサムズ製の持ち味だと思っています。







ドイツ軍M31型雑嚢/サムズ製




ドイツ軍M31型雑嚢/サムズ製




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/11(月) 18:57:14|
  2. M31型雑嚢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウールマフラー


ミリタリーランキング


ナチスドイツ軍ウールマフラー

ドイツ連邦軍代用







ドイツ軍ウールマフラー




ドイツ連邦軍代用




防寒マフラー




ドイツ連邦軍代用




ナチスドイツ軍ウールマフラー




ドイツ連邦軍代用




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/10(日) 19:58:01|
  2. 防寒マフラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英軍メッシュスカーフ


ミリタリーランキング


Scrim Net Scarf

Web-Tex製/民生品







英国ミリタリーショップにおける名称は、Scrim Net Scarf/スクリム ネット スカーフです。

日本でも、そのように記載する方が多くなりましたが、当ブログでは昔ながらの メッシュスカーフ というタイトルで紹介してみたいと思います。







英軍メッシュスカーフ/Web-Tex製







・・・意外かも知れませんが、

余剰放出がほとんど無く、実物/官給品は滅多に市場に出てこないと言われています。

これは今に始まった話ではなく 私が英軍アイテムに手を出し始めた90年代から そう言われていました。







今はインターネットの時代なので、ネットで検索すれば大抵のモノが買える世の中です。

ラベルが存在するモノ、袋入りの官給新品という条件で調べてみましたが、やはり少ないですね。

実物放出品が全く無い訳ではありませんが、流通しているスクリムネットの大半が英軍タイプの民生品になります。

英軍をやっている人なら 誰でも知っていると思われるロンドンの有名店が販売しているスクリムネットも民生品です。

・・・おそらく

放出品だけでは需要を賄いきれないので民生品が作られているのではないか?  という感じです。
( なんの需要かって こういう趣味の人の需要ですよ、英国は多いと思われますので・・。)







英軍メッシュスカーフ







英国では、実物品より民生品の方が流通が多いのですが、

日本の場合、民生品を探す方が困難で、基本的に実物と称するスクリムネットしか売っていません。

私も、昔(15年以上前のブラックホールで)、買ったことがありますが、手ぬぐいサイズにカットされておりラベル等付いていませんので、官給実物なのか? いまいち不明です。







今回の場合、

スクリムネットは、ほとんど写真に映りませんし 

コットン100%でグリーン色なら視覚的に大きな差異は無いと思いますので、ウェブテックス社製の民生品を入手しました。







当初は、

全部、実物デッド品で!  なんて言っていたんですが、どんどん崩れてきましたね。

まぁ こういう撮影はそうなんです。

最初から80%主義で始めたりしますと 完成時は50%以下とか 酷いことになりますので、最初は100%完璧を目指して どーにもならない部分は妥協して行く という感じです。







英軍メッシュスカーフ/Web-Tex製







Web-Tex
Military Products








ウェブテックス製品の入手は、スクリムネットで2回目です。

15年くらい前に、PLCE装備セットを買ったことがあります。

実物の半額近い値段、正確には40%オフくらいで買えるDPM迷彩のPLCEウェビング装備セットだったので、試しに購入してみたのですが、官給品の堅牢で重厚な作りには遠く及ばない製品でした。

・・・昔は、こういった装備品は パチモン と呼ばれていました。

やっぱり パチは良くないから 買わないほうがいいよ と。

まぁ 言われている通りだったということです。

基本的に安くていいモノなんて存在しないんですよね、本当にいいモノは、それなりの値段しますから。







そういう訳で

私の中のウェブテックス社製品のイメージは値段相応です。

値段相応の製品。

あくまでも私の中のイメージなんですが・・・。







Scrim Net Scarf/Web-Tex製




英軍メッシュスカーフ




Scrim Net Scarf/Web-Tex製




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/03(日) 02:23:34|
  2. 英軍メッシュスカーフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォークランド撮影【第2弾】


ミリタリーランキング


2019年1月28日(月曜日)







怒涛の撮影が続いておりまして  どとー るコーヒー飲んでいる場合ではありません。

フォークランド撮影は、昨年の12月に終了した筈だったのですが、再度、決行してしまいました。







2019年1月28日(月曜日)







・・・実は、

ロケ地付近に道路状況確認の為のライブカメラが設置されておりまして、パソコンで随時、積雪がチェック可能なんですね。

豪雪地帯みたいな大量に積もった雪ではなくて、雪が点在しているくらいでないと駄目なんですが、ライブカメラの画像を見る限り ひじょーにイイ感じだったので もう一度だけ フォークランド撮影やりたくなってしまいました。

松本studio Raum のオーナー様も、道路は除雪されるので ここまでは来れる(※駐車場までは来れる) と言っていましたので。







※ドライブインの駐車場
レストラン及び併設されているガソリンスタンドは11月~4月下旬まで冬季閉鎖。







2019年1月28日(月曜日)







私がライブカメラを確認した日は、なぜか、いつも晴天でした。

なので

綺麗に澄んだ晴天 もしくは いい感じの曇天を勝手に想像していたのですが、

撮影当日は、雪が どんどん 降ってくる厳しい天候になりました。







2019年1月28日(月曜日)







今回のロケ地は、標高1600メートルを超えた場所にある 岩地 でした。

フォークランド戦・英軍装備に最適なロケーションは、平原(平地)と岩地です。

なにも厳冬期に、そんな場所に行かなくても平地と岩地はあるのですが、どうしても民家等、いろいろな人工物が背景に写り込んでしまいます。

標高1600メートルを超えると、さすがに住んでいる人など居ませんので。

まぁ こういう撮影の場合、最寄り駅から徒歩5分くらいの場所に絶好のロケーションなど存在しない ということです。







フォークランド撮影







今回の写真集は、

スコットランド近衛第2大隊【Scots Guards】の軍装で撮っています。

概ね下記イラストのようなイメージです。







Scots Guards イラスト







官給品のウール手袋でハーフ・フィンガーを見たことがありませんので、イラストの手袋は指先をカットオフしたものではないか? と思われます。
( 間違っていたらゴメンナサイ・・。)

ハーフ・フィンガータイプのウール手袋の着用例は、フォークランド戦の写真に全く無い訳ではありませんが、Scots Guardsは、何と申しましても N.I. Glovesでしょう。

この辺りは、イラストを描く人の好み なんだと思いますが。







北アイルランドに派遣された部隊に支給されたことから Northern Ireland Gloves 略してN.I. と呼ばれている手の甲にパッドが入っている黒い革手袋です。

手の甲のパッドは、市街地での射撃姿勢に役立ったとされています。

別名でアーバン・パトロール・グローブ。

この革手袋は、北アイルランドに派遣されていない兵士の間でも人気があり、みんな欲しがっていたそうです。

人気の理由は、手の甲のパッドも含めて 単純にカッコ良かった からだと思います。

今までは、ブラック・レザーの官給手袋なんて存在しなかったので。







Scots Guardsは、北アイルランドに派遣されていますので、N.I. Glovesの支給があったと思われます。

フォークランド戦の写真でも、着用例が多数確認できますので。

N.I. Glovesを持っているのに、ダサいウール手袋は、 ないなー と思いまして、

撮影ではN.I. タイプのレプリカ品を使用しました。

・・・手袋 買って正解でした。

今回、手袋無かったら 手が凍えて撮影にならなかったと思います。

( 厳冬期の野外、銃は氷のように冷たくなりますから・・。)







フォークランド撮影







今回の撮影は、ベストショットを連発したように思います。




ベストショットって 何?

どんな写真なの?




という話になりますが、

例えば下記の写真




Royal Marines Commando SBS




Pinterestで拾ってきた 海外の愛好家【マニア】の写真です。

フォークランド戦の Royal Marines Commando SBS とのこと。

身につけているモノ全て 見どころ満載ですね。





Q&A

Q:見どころって 何?  どこら辺なの?

A:ベルゲンとか、Windproof Arctic とか、全部。

そこで

ベルゲンって 何?

みたいなことを聞いてくる人には 理解できない写真 ということになります。

こういうサブカル系の写真は、見る人を選びますから。

つまり、

愛好家の胸に響くような写真が 撮れていると思う という意味です。







2019年1月28日(月曜日)







私がひとりで頑張ったところで どーにかなる撮影ではなく

毎回、モデルのHINAさんとスタジオ・オーナー様に支えてもらっています。

HINAさんは、私が見つけてきたモデルではなく スタジオ・オーナー様の紹介です。







長野県在住のコスプレイヤー様で、こういう撮影を引き受けてくれる方がいたら 紹介して欲しい と相談したところ、

紹介します!  とのこと。







どんな女性が好みなのか?

整っている顔立ちの綺麗系が良いのか?

それとも

可愛い系のほうが好みなのか?

スタイルは、

スレンダー好みなのか? それとも ぽっちゃり系なのか?

さらに

胸の有無に至るまで

顔&スタイル 

いわゆる容姿に関して

ちょっと驚いてしまうくらい細かく 細かく聞いてきましたので、

無い!

ナッシングであると答えました。







結婚を前提にお付き合いをする訳ではありませんし、

それよりも

こういう撮影ですから もっと重要な部分があるんですよね。







そういうことでしたら

HINAさんで!

HINAさんという方が良いと思います。

とスタジオ・オーナー様。

そんな感じで登場してきたのが HINAさん なのです。







2019年1月28日(月曜日)







過酷な撮影環境、
( 人がいない場所、住んでいるのは野生の鹿くらい・・。 )

それから、

銃&装備品が物凄く重いので肉体的苦痛を伴う撮影です。

当然のことながら 向き不向き があります。

お金を渡せば良い とか、 そういう話ではないんですね。

上手く言えないのですが、

いち ~ じゅう まで撮影が楽しいとは思えませんが、多少なりとも、こういう撮影を楽しめる 

僅かでも 楽しい と感じられる方でないと無理な気がします。







ポートレート界隈のフリーモデル&素人モデルの方で

オジサンのお相手をするだけの割のいいバイト

オジサンなんか適当にあしらっておけばいいし

・・・みたいな感じの人は 

こういう撮影に向いていないように思います。

こういう人にモデルなど依頼した日には、お互い不幸になりますから。







幸い HINAさんと出会って もうすぐ1年になりますが、

淡々と撮影して終わるという いい関係 が続いています。

それも これも スタジオ・オーナー様が人を見る目があったからだと思います。

厳しい環境での撮影、その中でも今回はMAXという感じでした。

みなさん 大変お疲れ様でした。

2019年も 宜しくお願いします。







フォークランド撮影




2019年1月28日(月曜日)/記念写真




テーマ:日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2019/02/01(金) 12:27:23|
  2. ROM制作ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ