杉並ワークス

巡る


ミリタリーランキング


MP43用ストック/松栄製







AGM MP44 【松栄製ストック・2 】

画像を大きくして再掲載しました。

レタッチからやり直しまして枚数が多くて大変でした。











この記事のアップロードは2013年の終わりですが、

話の内容は少し遡り 2010年前後の話( 2009年~2011年頃) になります。







・・・世の中、変わりましたね。

・・・長く、不況でしたからね。

また、客の支払いが13,000円ですと、女の子の取り分は○千円くらいなのでは?

などと余計なことを考えてしまいました。







と記事の中にありますが、

あれから月日が経ち 世の中も少しずつ変わってきた感じです。







MP43用ストック/松栄製







・・・数か月前、

秋葉原のエチゴヤの階段で 松栄方面遠征男 とバッタリ鉢合わせしました。

もう何年も会っていませんし、連絡もとっていなかったんですが、







「 す、杉並さん(仮名)じゃないですかぁ~  とっくにサバゲーとか やめたと思っていたんですけど、

こんなとこ来るなんて 相変わらずお好きなんですねぇ~ 」







などと言いながら話かけられましたので、少し立ち話になりました。

あれから月日が流れ、当時20代だった松栄方面遠征男も 今では30代半ばになっていましたが、さほど容姿に変化はなく 相変わらず青臭い雰囲気がぷんぷん漂っていました。







で、




「 あんた 今でも NKのソープ行ってんの?  1万3000円の安い店? 」




何気に聞いてみると、

今でも 時折行っている と言っていました。

というか なし では生きて行けないそうです。

しかし、

今は、

40分 1万7000円に 値上がり してしまったとボヤいていました。







MP43用ストック/松栄製







値上がり と言えば、

私が時折、足を運んでいる撮影会の料金体系が去年頃から大幅に改定になりました。

実質、4千円くらいの値上げです。







それから、

私の給料は変わらないのですが、会社の方針は大きく変わりました。

利益の出ないとこ とは手を切る。

全部 手を切る。

そうしなければ この先 やっていけない。

人材の確保が難しくなってきているので、そうせざるを得ない。

こんな感じで大きく舵を切りました。







撮影会の値上げなども 世の中の動きをにらんだ上での決断だったのでしょう。

私が時折、足を運んでいる撮影会ですが、何年か前までは 1時間6千円 の開催ばかりだったと記憶しています。

ランジェリーなど露出度の高い衣装で9千円くらいでしたが、最近は、行くと 1時間 1万3000円 くらい支払っています。







・・・1時間 6千円だった頃、

この撮影会は安いから駄目だ



不平不満を言うモデルさんがいたのも事実です。

6,000円の安いカメラマンしか来ない

と文句を言っていましたが、

主催者は、世の中の物価と比べると撮影の費用は物凄く高いと思う。  6千円でも充分高い  高すぎるくらいだと思う。

と言っていました。







6,000円の やっすい カメコしか来ない







などと、

ほざいていた女は、自宅ひきこもり 時々バイト みたいな生活だったように思います。

大学を出ても就職せず、自宅ひきこもり&時々バイト。

撮影会の世界くらいしか 社会を知らないんですよね・・・。







MP43用ストック/松栄製







なんでも 一長一短あるんですが、

客単価が上がれば、モデルさんが受け取るギャラも上がるので、新規で入ってくる女の子の質は上がりますよ。

逆に 今まで在籍していた女の子、

6,000円の やっすい カメコしか来ない

とか言っていたモデルさんを 1時間1万3000円~1万6000円支払って 撮りに来る人がいるのか?

と言えば びみょー ですね。

6千円でも 瞬殺で埋まるなんてことなかったわけですから。







そんなこんなで

再び、世の中 大きく動き始めた感がありますね。

という話でした。







MP43用ストック/松栄製




スポンサーサイト

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

  1. 2017/03/27(月) 17:44:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BGS水筒


ミリタリー ブログランキングへ


BGS水筒

参考品







もう ほとんど流通がなく

また、

あっても高いので 参考品 としての紹介になります。

代用品は安くないと魅力ありませんから・・。







WW2サバゲー/2007年







・・・代用品を使う人が多かった頃。

10年前のWW2サバゲーイベントの画像を掲載してみます。







WW2サバゲー/2007年







上記掲載画像の武装SSの方は、BGS水筒を装用しています。

この日の撮影画像を全て確認したところ、

レギンスを装用している参加者の90%以上が 西独代用 でした。

戦後・西ドイツ軍のレギンスを使う人が多かったですね。







WW2サバゲー/2007年




BGS水筒

大戦同型/ドイツ連邦軍代用







代用品の大戦同型は精密複製品の実物同様とは少し趣が異なります。

そもそも、代用品は再現を目的として作られた製品ではありませんので、何もかも、全く同じということはありません。

むしろ違って当たり前。

【大同小異】なんて言葉ありますが、

辞書には、【だいたいは同じだが、細かい点に違いのあること。似たりよったり。大差のないこと。】と記載されています。

まさに、代用品はそんな感じです。










代用品を使う人が多かった頃は、

【代用品は実物クオリティだから】 なんて言葉を時折、耳にしました。

この場合の実物クオリティとは、実際に軍隊で使われていた本物の軍装品という意味です。

役目を終えて二束三文で放出された装備品を安く手に入れて、再利用している ということです。

矛盾しているかも知れませんが、( 矛盾しているんですが )

レプリカ品で細かい部分があちこち違っていたら、もう少し なんとか ならないのかなぁ~ と思うんですけど、

代用品だと違って当たり前なので、代用品だから で済ませてしまう というか 気にならないんですよね。







安く買える実物クオリティの装備品として重宝されたのですが、放出が終わり次第に枯渇して行くと、安価な海外製レプリカが代用品に取って代わるようになりました。

中華レプに代表される、所謂出来の悪いレプリカが主流になると、いつしか代用品も同列に扱われるようになっていましたので、長々と語ってみた次第です。







BGS水筒







今回、紹介していますBGS水筒も当然のことながら、WW2ドイツ軍と100%同じ なんてことはありません。

代用品の ここが違う あそこが違う といった指摘は恥ずかしいので

本当は、こういうのはやりたくないんですが、あくまでも参考ということで異なる部分をざっと記載してみたいと思います。

得意気に語っている訳ではありませんのでご了承ください。







まず、水筒カバーのボタンに模様がありません。

と言っても、何のことだか わからない人もいるかと思いますので、下記に画像掲載しました。







水筒カバーのボタン/模様







実物品のフェルトカバーのボタンは模様が入っています。







山岳猟兵用水筒/実物







で、

BGS水筒のフェルトカバーのボタンには模様がありません。







BGS水筒/フェルトカバーのボタン




BGS水筒







厳密にはカップの色も違うみたいです。

戦後品は、ナチスドイツ軍のオリーブグリーンではなく アメリカ軍のグリーン色なんだそうです。

WW2ドイツ軍のカップと戦後品を並べて比べてみると、明らかに色が違いました。

・・・ただ、どちらもオリーブグリーン色で、写真では識別が難しいかも知れません。
(並べて写真を撮れば別ですが、戦後品のカップ単体では色の識別が難しいという意味ですよ。)

それから、

私の場合、実物品を多数所有している訳ではありませんので、ひとつだけ比べてみて塗装色について断定は避けたいと思いますので、違うらしい とお茶を濁して先に進みます。







BGS水筒/フェルトカバーのボタン




刻印/CFL56







刻印も戦後(1956年 CFL製 )です。

ストラップの裏側(キャップ付近)にもCFL56の刻印がありますが、カップには何もありませんでした。







BGS水筒/CFL56







このように

代用品の大戦同型は、

細かい部分は異なりますが、あとは概ね おおむね同じ という意味になります。

レプリカで おおむね だと腹が立つんですが、代用品だと気にならないという矛盾している感覚。







私がドイツ軍装備に手を出した頃は、東独の雑嚢、西独のレギンスはまだ流通があり ふつーに買う ことが出来ましたが、BGSヘルメット、それに水筒はすでに枯渇していて買えませんでした。

BGSヘルメットは被れるサイズの物がなかったので、仕方なく実物リペイント品を、水筒も同じく再生品を入手しました。

・・・数年後、

サムズミリタリ屋さんに行ったら、BGS水筒売っていましたので思わず買ってしまいました。

もちろん昔の値段ではありませんので、けっして安くはなかったのですが・・。







あくまでもサバゲー&サバゲー場での使用が前提になりますが、

このくらいの値段で 本物っぽい 装備品が揃ったら いいなぁ~ という価格が何よりの魅力で、また、代用品を使っていた頃は今よりも若く、身体も元気に動きましたから。

そんなこんなで、

私の中で、ラスト代用品入手になった水筒を紹介してみました。







BGS水筒




BGS水筒




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/18(土) 19:14:03|
  2. M31型水筒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M31型雑嚢【Vol.4】


人気ブログランキング


M31型雑嚢/サムズ製




M31型雑嚢/サムズ製




M31型雑嚢/サムズ製




M31型雑嚢/サムズ製




M31型雑嚢/サムズ製




M31型雑嚢/サムズ製




M31型雑嚢/サムズ製




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/14(火) 13:24:40|
  2. M31型雑嚢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M38ガスマスク収納缶

ミリタリーランキング



M38型ガスマスク収納缶

実物再生品







M38ガスマスク缶/リペイント品




M38ガスマスクコンテナ缶




開閉ラッチの形状/1944年製







実物コレクター・エーデルマンさんのブログ記事によると、

開閉ラッチの形状は 1944年製 ということになります。

ラッチを引っ掛ける留め金も、エーデルマンさんのブログ記事と同様の 1944年製造タイプ でした。 







M38ガスマスク缶/実物再生品







上蓋の内側にゴムリングなし。

収納缶本体にアルミニウム製インナーなし。







・・・詳細は、

エーデルマンさんのブログ【東部戦線的泥沼日記】の中の M38 Gasmask Case のコンテンツを参照してください。







M38ガスマスク缶/1944年製







収納缶の底の【D】の文字は、

1942年頃に導入された防水仕様を示しているそうです。







M38型ガスマスク収納缶




M38型ガスマスク収納缶




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/07(火) 00:22:54|
  2. M38型ガスマスク缶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コスエク行ってきました

2017年3月5日(日曜日)







COS-express【第9回】

行ってきました。







コスエク会場







【柊きっか】さんのスペースに立ち寄りました。







・・・実は、

柊きっかさんにお会いするのは、2015年の夏以来なんですね。

正確には完成品のROMを新宿で待ち合わせて引き渡してから、いちども会っていません。

避けていた というか 距離を置いていました。

【誤解されない撮影活動】

というのを かなり意識していまして。

写真を撮る とか 撮らない とか、 そういう話の前に 私自身が誤解されないように行動する ということです。

ROM撮後も、

きっかさぁ~ん  また お股 また撮らせてくださぁ~い

なんて言いながら、四六時中 粘着していたら

気持ち悪いのを通り越して 気持ち悪過ぎ。

この人 撮影以外にも なにか期待していることあるんじゃないかしら・・

なんて思われる場合もあるかと。

私は常に 好きとか 嫌いで 頒布物のモデル選んでない と言っているんですが、

人の言葉の意味を理解しないモデルが多過ぎると嘆く前に 私自身の行動で示せ! ということなんです。

そんでもって

突然現れて またモデルやって欲しい などと頼んでいる私です。


これは 柊きっかさんだけに限った話ではなく

今年の1月に撮影を打診した方も まさに そんな感じでしたね。
( いい人だと思いながらも 1年くらい距離を置いていました。)










それから、

最近、撮影会でお世話になっている暗黒さんのスペース等に立ち寄って帰路につきました。







で、







帰路についたんですが、

【うたてぃかーな】さんのスペースに行くのを

スパコーン! と忘れていたことに気がつきました。

気がついたんですが、電車の扉が閉まり発車しましたので もう あとの祭りです。

( ・・・ううっ )







コスエク戦利品




テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

  1. 2017/03/05(日) 22:47:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ