FC2ブログ

杉並ワークス

C95サークル参加申込書セット


ミリタリーランキング


BDM夏季制服







いろいろと考えて悩みましたが、C95サークル参加申込書セットの購入を見送りました。







BDM夏季制服







頒布物の制作は、完全折版へと大きく舵を切りました。

ポートレート界隈の相互無償とは、似て非なるものだと思います。

身銭を切って頒布物制作に参加するのが完全折版

なので、

スタジオ代などの支払いもお願いしております。







金を払うのが嫌とか

そういった

さもしい気持ちで完全折版に踏み切った訳ではありません。

これがベストだと判断したからです。







BDM夏季制服




スポンサーサイト

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

  1. 2018/08/10(金) 13:14:02|
  2. ROM制作ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

C94 夏コミ参加について


ミリタリーランキング


英軍エアテックシャツ改造/サムズ製







2016年の夏コミ/自サークル参加

2017年の夏コミ/委託にて参加

2年連続で夏コミにて新刊発行しましたが、




残念ながら、




2018年は夏コミ参加予定はありません。

冬も微妙で、現時点では何とも言えない状況です。







英軍エアテックシャツ改造/サムズ製







今年に入り、都内での頒布物制作は 完全折半 へと大きく舵を切った為、

~2017年まで制作に協力して頂いたモデル様の大半が不参加になると思われます。

今後の出演は無い ということです。







長野方面での撮影は続行しますが、

こちらは撮影終了及び完成のメドは全く立っておりません。

どんなに早くても 来年になります。







何れにしても

コミケ等のイベント参加は、新・体制構築後になります。







英軍エアテックシャツ改造/サムズ製




テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

  1. 2018/07/09(月) 13:59:27|
  2. ROM制作ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Dienstglas 6x30


ミリタリーランキング


ドイツ軍M42型ヘルメット







今年の3月に長野へ行った際、急に双眼鏡が欲しくなりました。

景色を眺める為ではありませんよ、撮影の小道具です。

今までは無用の長物だと思っていましたが、このロケーションなら使えると閃きました!

双眼鏡を手にしているだけで絵になりますから。

そんな くだらないこと閃いたのか? と冷笑されそうですが、閃いたのです。







で、

早速、双眼鏡入手に着手しました。







ドイツ軍M42型ヘルメット







双眼鏡の入手は、久しぶりに 『ドイツ軍・初心者コース』 を辿ったな・・ という実感があります。

初心者コースって何?  という話になりますが、




初心者は安いのが好き!




安く買えるモノ、比較的簡単に手が出せる値段のモノを入手して この世界に足を踏み入れて行く ということです。

基本的に実物品を知らなければ、レプリカ品の良し悪しは判断できません。

比べようがありませんから。

初心者が唯一比べて判断できるのは 価格のみ ということになります。

最初は、どれも皆、似たり寄ったりで同じに見えますので、どうしても安いモノに食指が動いてしまうのです。

馬鹿にしている訳ではなく これは私自身の話です。







比較的安く買えて、それでいて、後から買い直しをしなくて済むレベルのモノを探そう!  みたいな感じで始まったのがドイツ軍装備のブログです。

初心者が迷いながら手探りでドイツ軍装備を揃えて行く過程の記録でした。

~2008年頃までは、サムズミリタリ屋さんが販売していたドイツ軍アイテムは他店よりも若干、値段が高かったのですが、( SMW社製品に関しては若干どころではありませんが )、高品質を謳っていました。

・・・とりあえず、サムズで買っておけば間違いないかなぁ~

みたいな感じで揃え始めましたので、ブログ掲載アイテムの大半がサムズミリタリ屋・販売品になっています。







そんなこんなで、

今回も 真っ先にチェックしたのはサムズミリタリ屋さんのウェブサイトです。







ドイツ軍M42型ヘルメット







『 なんちゃって ドイツ軍・双眼鏡 』 をサムズミリタリ屋さんのウェブサイトで発見しました!

類似品の双眼鏡を加工してドイツ軍風にしたと商品説明にありました。

類似品は国産などの中古品のようです。

ドイツ軍純正カラー塗装済みで、複製品のレンズカバー等、全て揃っていて7,560円(税込)。

さらに

●良い素材が入手出来たときにのみ製作するスポット商品です。

と記載されていました。







これ いいなぁ~

これで いいよ  これで!







早速、購入しようとしましたが歩兵用は売り切れ&在庫なし でした。




ぐぇ~




そういえば、昔から双眼鏡は隠れた人気商品で、入荷すれば( 少量入荷なんですが )、すぐに売り切れていたように記憶しています。

双眼鏡に関しては、何年も在庫が残るなんてことありませんでしたから・・。

サムズミリタリ屋さんでの入手を断念して、なにか 使えそうな代用品を海外で探すことにしました。







M42型ヘルメット/シェル実物







海外のミリタリーショップ( ウェブサイト )を徘徊して、ドイツ軍型・東欧放出品を発見しました。

60年代・ポーランド軍の双眼鏡です。

茶革のケース、ストラップ&レンズカバー付きで、日本円に換算すると約11,300円くらいでした。

ほとんど使われておらず新品に近いコンディション との商品説明。







これ いいなぁ~

これで いいよ  これで!







早速、購入手続きをしましたが、

最後の最後で手が止まりました。

双眼鏡自体は約11,300円ですが、これに海外からの送料が加わりますし、場合によってはTAX請求されるかも知れません。

それでもドイツ軍の代用品としては安価ですが、ドイツ軍ではありませんから・・・。

同じ代用品でも、ヘルメットなどは軍隊特有のアイテムなので欲しいと思いますが、 双眼鏡はちょっと・・  という感じです。

上手く言葉で説明出来ないのですが、

ホームセンターへ行っても、鉄製&ケブラー素材のヘルメット販売などありませんが、双眼鏡は安価な民生品がたくさん転がっています。

ノーブランドの双眼鏡なんて二束三文ですから。

さらにノーブランドの中古品なんて たとえ1,000円でも引き取り手が無いでしょう。

数ある大量生産品【中古品】の中でも、高額で取り引きされているのは、ナチスドイツの双眼鏡くらいだと思います。

( ドイツ軍の代用品と考えれば安いのかも知れませんが ) 

東欧放出品に そんなお金 払いたくない。

どうせ お金払うなら ナチスの実物がいいんじゃないか?

と思い直して購入手続きをキャンセルしました。







M42型ヘルメット/ライナー







・・・その後、

実物コレクター・エーデルマンさんのブログ記事を参考にしながら、実物探しを始めました。

と言っても、

安い実物、安く買える実物品を探したのですが。







国内ヤフオクですと、カール・ツァイス製が高値という印象がありますが、海外だと製造メーカーは、あまり関係ないように思えました。

やはり、いちばん重要なのは程度だと思います。

程度の悪いカール・ツァイス製よりも、程度の良いフォクトレンダー製の方が高価ですから。







安く買える実物品。

ボロボロの中古品は、基本的にレンズカバー、革タブなどは付いていません。

というか

ストラップ、レンズカバー、革タブの3点揃っている実物品は極めて少なく、稀にあったとしても、かなりの値段しますね。







そこで改めて

エーデルマンさんのブログ掲載品を見ますと、

現在、入手可能な双眼鏡の中で 最高レベルの品! を入手して写真を撮って載せている ということが判明しました。

さすが コレクター! という感じです。







革タブ付き だぜっ


ストラップもびんびん! だぜっ


レンズカバーも揃っているんだぜぇ~








そんな 声なき 声が 

エーデルマンさんのブログから聞こえてきた気がしましたので記載した次第です。







ドイツ軍M42型ヘルメット







ボロボロの中古品で構わないから・・。

当初は安く買える実物品を入手する予定でしたが、金ドブな気がしてきました。







結局、まぁまぁ程度の良い実物品 入手しましたよ。

初心者が迷いながら手探りでドイツ軍装備を揃えて行く過程の記録という趣旨のブログは、すでに終了しておりますので、双眼鏡の画像掲載などはありません。

過去記事の手直しなど進めながら、セカンド‐ステージに足を踏み入れております。







M42型ヘルメット【Vol.3】

画像を大きくして再掲載しました。







M42型ヘルメット




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/06/04(月) 07:30:24|
  2. ROM制作ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長野 再び!


ミリタリーランキング


2018年5月15日(火曜日)




当時の写真







当時の写真【山岳地帯・パルチザン掃討戦】に近いロケーションを求めて、1泊2日で再び長野へ行って来ました。







撮影チームは前回と同じ、松本studio Raumのオーナー様とモデルのHINAさん。

私の中では、これ以上望めないようなベストメンバーで ソレガ チームダ!【エイラの台詞】 という感じです。







当時の写真







ロケ地の選定等、松本studio Raumのオーナー様が居なければ撮影が成り立ちません。

今回は森林限界を越えて、山の上まで案内してもらいました。

ちなみにVショーは【逸品屋】さんでディーラー参加しています。







モデルのHINAさんは、長野No.1/軟体パフォーマーです。

フェチフェスは大盛況で写真集全て完売。

終わった時は疲労困憊&身体中アザだらけ だったそうです。
( 軟体パフォーマンスのやり過ぎで )

フェチフェスに出た後、

毎日、大勢の変態さんから あり得ないような内容のメールが いっぱい届くようになったそうです。

最初はひどく驚いたそうですが、最近は、だいぶ慣れた 

人から相手にされているうちが花だと思うようにしている と言っていました。







2018年5月15日(火曜日)







さて撮影ですが、

とても良いお天気 DE 危険水域 突入!







森林限界を越えた山の上で、太陽が真上。

これで撮影しますと、今年出版されたプリンツ・オイゲンの写真集に散見されるような写真を量産してしまう可能性が大!

なので

少し太陽が傾くまで山の上で休憩しました。







最近出たプリンツオイゲンの写真集

最近出たプリンツオイゲンの写真集







最近出たプリンツオイゲンの写真集




最近出たプリンツオイゲンの写真集







遮るものが何もない場所ですと、真上から太陽の光が降り注ぎます。

この状態で人物撮影しますと、影が酷く出て、ほとんど黒潰れしてしまいます。

これは昔も今も変わりません。







ぐえ~







当時の写真はモノクロームですし、どこまで行っても当時の写真なので、( 軍装資料等、見る価値があるという意味で )許されますが、

現代のレプリカ服による軍装再現で、黒潰れしていて なんだかよくわからないカラー写真なんて許される筈ありませんから・・・。







最近出たプリンツオイゲンの写真集







商業撮影会ではなく、こういう手作りの撮影は、本当は早朝もしくは夕方にやるべきなんですが・・。

わかってはいるんですけど・・・。

山で夕方は危険ですよね、日が落ちれば、それこそ足元も見えないくらい真っ暗になりますから。

そうしますと、早朝ということになります。

早朝に松本のスタジオ集合でも大変なのに、早朝に撮影場所・到着は厳しいですね。

有り体に言えば、お金と暇があれば可能ということです。







私の現実は、始発の特急(新宿7時発)で9時39分松本到着&10時スタジオ集合。

打ち合わせと着替え(軍服着用)を済ませて、11時過ぎにスタジオを出ると目的地到着は、どうしても太陽真上の時間帯になります。

曇天を祈るしかない感じです。







2018年5月15日(火曜日)














「 HINA氏 方位出る? 」




「 出るよ。」




「 こっちが東か?」




「 東だね。」




「 合ってるな。」




松本studio Raumのオーナー様とHINAさんの会話です。

そんなやりとりの後、移動開始。

スマホで方位って わかるんですね。( 知りませんでしたよ。)

傾いて行く太陽を計算して、少しでも撮れそうな方角へ移動しながら撮影しました。







2018年5月16日(水曜日)・長野駅







酷い黒潰れと白飛びが混在している人物写真・量産が懸念されましたが、終わってみれば けっこー撮れてました。

重複カット詰め込み型のROMでしたら、作れると思いますが、しょーもない道楽写真集にしたいので、もう少し撮影を続ける予定です。







次回は夏の終わり頃の予定です。

みなさん、大変お疲れ様でした。







2018年5月16日(水曜日)・長野駅




テーマ:日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2018/05/17(木) 01:07:50|
  2. ROM制作ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

HBT作業服の記事を削除しました


ミリタリーランキング


HBT作業服【削除した画像】







あまりにも考証が不適切であると最終判断をしまして、HBT作業服の記事を削除しました。

代わりに こちら を掲載しています。







削除した記事【画像】の大半は、2007年~2008年頃の撮影になります。

家を一歩出れば、広大な田園風景が広がるような地域にお住まいの人は別として

軍装写真を野外で撮るのはスタジオ撮影よりも、お金と手間がかかって想像以上に大変なんですが・・・。

あと、撮影時の思い出などありまして削除は忍びないという気持ちになりましたが、

( そういう稀な人はいない と思いますが、)

当ブログ掲載写真の軍装など真似して、あとで恥ずかしい思いをした なんてことがないように、消すことにしました。







HBT作業服【削除した画像】







・・・思えば、

2006年頃にサムズミリタリ屋さんが販売したHBT作業服/最小サイズMは、女性着用可能な唯一の軍服でした。
( Mサイズは、ほとんど誰も着れないくらい小さかったので大量に売れ残りましたが・・。)







・・・当時、【変態軍服写真・黎明期】

軍服の どこを どー直したら 見栄えが良くなるとか 知りませんでしたし、

また、イレギュラーなサイズ直し【大人用の服をデザインそのままに子供服に作り直すようなリサイズ】に対応してくれる洋服屋さんを見つけることが出来ない状態でした。







変態軍服写真・黎明期の杉並ワークスは、

①:既製品で女性が着れるような小さいサイズの軍服を見つける。

②:身長170センチ以上のモデル様を探す。

この ふたつ しか選択肢がありませんでした。







ですから、

女性着用可能なサムズ製HBT作業服は、本当にありがたい製品だったので、喜んで入手したように記憶しています。







しかし、

武装SSにおける着用例が全く不明でした。

考証&着用例は、難航につぐ難航。

私の中では考証&着用例で、いちばん躓いたドイツ軍服になります。
( ま、ユーゲントもかなり躓きましたけど・・。)







HBT作業服【削除した画像】







・・・その後、

どんなオーダーでも完璧に対応してくれる洋服屋さんとの出会いがありました。
( 決して安くはないのですが、変なモデル様の【ぼったくり個撮】にお金を使うより内容があると思っています。)







それから、

比較的最近、サイズ34~36くらいの既製品も販売されるようになりました。

米国ATF販売品などが まさに それ です。

このくらいのサイズですと、要所、要所をリサイズするだけで、身長158センチ前後の女性でも着用可能です。

※要所、要所のリサイズは見栄えを良くする為です。

肩幅、袖丈がぴったりでも、そのまま着ると ぶかぶか でサイズが合ってないように見えるからです。

大人用の服をデザインそのままに子供服に作り直すようなリサイズより、要所、要所のリサイズの方が費用の面で断然安上がりなのは言うまでもありません。







あと、これは あまり教えたくはないのですが、

東欧の方に 44-158 ですとか 44-164 みたいな感じのオーダーメイドで作ってくれるところがあります。

注文してから約2ヵ月くらいという ふれこみ ですが、ふつーに3ヵ月くらい かかりますね。

カード決済の引き落としが終わって、次の月の引き落とし日の前日に届くとか、いつも ぎりぎりの離れ業で到着しています。







今は、こんな感じで撮影用衣類の調達が比較的容易になりましたので、 もう サムズ製HBT作業服なんて、お払い箱ですよね。

というか

考証&着用例が難しいので もう 関わりたくない と思っていました。







が、






なんの因果なのか、

再び HBT作業服に関わることになってしまいました。







HBT作業服【削除した画像】







私の自己満足写真 というか 願望充足写真集。

願望充足写真:本当は私、TAKA杉並が軍服を着てモデルをやりたい でも それは無理なので若いモデル様に託して作っている という意味です。







長野県の美しい四季折々のロケーションで、武装SS・第7山岳師団の軍装写真集を作る。

約2年の準備期間を経て、ようやく2018年の3月、最初の撮影に漕ぎ着けました。







・・・そんでもって

Prinz Eugen師団、HBT作業服かなり使っています。

1943年5月のSchwarz作戦【別名:Operation BLACK】では、大多数の兵士がHBT作業服着用していますし。

こうなったら もういちど HBT作業服 やるしかありませんね。

今度こそ 完璧な考証で。

もう、サムズ製は売っていないので、ATF製を新たに入手するなど HBT作業服【沼】にハマった感があります。







ウィキペディア【第7SS義勇山岳師団】

1942年5月、元ユーゴスラビア軍のドラジャ・ミハイロヴィッチ将軍率いるチェトニックを掃討するシュヴァルツ作戦(Operation Schwarz)に従事した。


という記述がありますが、

1942年5月は間違いで 正しくは1943年5月だと思います。







HBT作業服【削除した画像】





テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/05/04(金) 20:14:27|
  2. ROM制作ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ