FC2ブログ

杉並ワークス

L12A1 7x42 双眼鏡


ミリタリーランキング


英軍AVIMO L12A1 7x42 双眼鏡







タマキャット様/英軍リクエスト・シリーズは、N.I. Glovesで最終回を迎えましたが、

これで終了では ちょっとさびしいので もう少し続けてみたいと思います。

今回は特別版です。







英軍フォークランド紛争装備

英軍AVIMO L12A1 7x42 双眼鏡







フォークランド戦の双眼鏡と言えば、コレですね。

1979年に制式採用された AVIMO製7x42 L12A1 双眼鏡です。







イギリス軍は70年代に入っても大戦型の双眼鏡を使用していました。

大戦型の双眼鏡/6X30は、小型軽量で使い勝手が良いですし、すぐに変更する必要が無かったのかも知れません。

実際、欧州では60年代くらいまで大戦型の双眼鏡を使っていた国が多いですから。

しかし、70年代半ばも過ぎると

さすがに全てにおいて古くなり、ようやく新型に更新された  という感じです。







Falklands War 1982




最初の実戦は、Falklands War 1982 です。

フォークランド戦の写真でもL12A1双眼鏡の使用が多数確認できます。







その後も 長い間 現役でしたが、

イラク、アフガニスタンで使用された後、退役しました。

現在は使われておりませんが、戦後イギリス軍の代表的な双眼鏡であることは間違いないでしょう。







イギリス軍L12A1 7x42 双眼鏡







下記掲載画像は、ネット上によく転がっている写真で フォークランド戦のSAS とのこと。

私は画像は見ますが、付いているキャプションは鵜呑みにしないようにしています。

実際に写真を撮った写真家が、自身の写真集の中で付けているキャプションに関しては、かなり正確だと思いますが、ネット上のキャプションは デタラメ三昧のとんでもキャプション が存在するからです。




British Army L12A1 Binoculars




この英軍兵士の画像ですが、岩の上に、L12A1双眼鏡が置かれていますので この写真は79年以降の撮影 ということになります。

それから、

M16ライフルの消炎器に注目してください。

三又ハイダーですよね。

そうしますと、英軍は80年代に入っても三又ハイダーのM16を使っていた ということになるかと。







三又ハイダーのM16







フォークランド戦・SBSのイラストは、三又ハイダーのM16で描かれています。

以前、「 ドイツ軍資料本 」 の記事の中で、イラストは間違っている場合もある という話をしましたが、

イラストはどこまで行ってもイラストなので、参考程度に見るようにしています。







M16A1 M203 グレネードランチャー付き







フォークランド戦・SBSのイラストでは、M203グレネードランチャー付きは M16A1 で描かれています。

あくまでもイラストでは M16A1 で描かれている という話です。







ロイヤルマリーンM16/1983年







上記は、1983年に北アイルランドで撮影されたロイヤルマリーンの写真です。

やはり、英軍は80年代に入っても 三又ハイダーのM16 を使っていた ということになります。







ちなみに

Wikipediaの英語版【M16 rifle】の中に

The M16 was also adopted by the British SAS, who used it during the Falklands War.

の記述があります。

ウィキペディアが絶対とは言いませんが、

少なくとも英語版は、フォークランド戦でSASが使用したのは、M16A1 ではなく M16であると 明言しています。







・・・資料少なく 

悩むところですが、

フォークランド戦のSAS もしくは SBS をやる場合、

G&P製 M16VN とか、

三又ハイダーの M16 の方がいいんじゃないかぁ~  という気がします。







英軍AVIMO L12A1 7x42 双眼鏡




英軍フォークランド紛争装備




スポンサーサイト

テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/15(金) 11:51:25|
  2. 英軍AVIMO L12A1 7x42 双眼鏡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英軍メッシュスカーフ


ミリタリーランキング


Scrim Net Scarf

Web-Tex製/民生品







英国ミリタリーショップにおける名称は、Scrim Net Scarf/スクリム ネット スカーフです。

日本でも、そのように記載する方が多くなりましたが、当ブログでは昔ながらの メッシュスカーフ というタイトルで紹介してみたいと思います。







英軍メッシュスカーフ/Web-Tex製







・・・意外かも知れませんが、

余剰放出がほとんど無く、実物/官給品は滅多に市場に出てこないと言われています。

これは今に始まった話ではなく 私が英軍アイテムに手を出し始めた90年代から そう言われていました。







今はインターネットの時代なので、ネットで検索すれば大抵のモノが買える世の中です。

ラベルが存在するモノ、袋入りの官給新品という条件で調べてみましたが、やはり少ないですね。

実物放出品が全く無い訳ではありませんが、流通しているスクリムネットの大半が英軍タイプの民生品になります。

英軍をやっている人なら 誰でも知っていると思われるロンドンの有名店が販売しているスクリムネットも民生品です。

・・・おそらく

放出品だけでは需要を賄いきれないので民生品が作られているのではないか?  という感じです。
( なんの需要かって こういう趣味の人の需要ですよ、英国は多いと思われますので・・。)







英軍メッシュスカーフ







英国では、実物品より民生品の方が流通が多いのですが、

日本の場合、民生品を探す方が困難で、基本的に実物と称するスクリムネットしか売っていません。

私も、昔(15年以上前のブラックホールで)、買ったことがありますが、手ぬぐいサイズにカットされておりラベル等付いていませんので、官給実物なのか? いまいち不明です。







今回の場合、

スクリムネットは、ほとんど写真に映りませんし 

コットン100%でグリーン色なら視覚的に大きな差異は無いと思いますので、ウェブテックス社製の民生品を入手しました。







当初は、

全部、実物デッド品で!  なんて言っていたんですが、どんどん崩れてきましたね。

まぁ こういう撮影はそうなんです。

最初から80%主義で始めたりしますと 完成時は50%以下とか 酷いことになりますので、最初は100%完璧を目指して どーにもならない部分は妥協して行く という感じです。







英軍メッシュスカーフ/Web-Tex製







Web-Tex
Military Products








ウェブテックス製品の入手は、スクリムネットで2回目です。

15年くらい前に、PLCE装備セットを買ったことがあります。

実物の半額近い値段、正確には40%オフくらいで買えるDPM迷彩のPLCEウェビング装備セットだったので、試しに購入してみたのですが、官給品の堅牢で重厚な作りには遠く及ばない製品でした。

・・・昔は、こういった装備品は パチモン と呼ばれていました。

やっぱり パチは良くないから 買わないほうがいいよ と。

まぁ 言われている通りだったということです。

基本的に安くていいモノなんて存在しないんですよね、本当にいいモノは、それなりの値段しますから。







そういう訳で

私の中のウェブテックス社製品のイメージは値段相応です。

値段相応の製品。

あくまでも私の中のイメージなんですが・・・。







Scrim Net Scarf/Web-Tex製




英軍メッシュスカーフ




Scrim Net Scarf/Web-Tex製




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/03(日) 02:23:34|
  2. 英軍メッシュスカーフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

N.I. Gloves【Vol.2】


ミリタリーランキング


英軍N.I. グローブ

レプリカ品







デッド品を見つけることが出来なかったので、仕方なくレプリカ品を入手しました。

着用者が女性なので、中古の実物品より 新品のレプリカ品のほうが良いかな と思いましたので。







製造メーカーは、HIGHLANDER/ハイランダー。

ハイランダー社って ご存じですか?

知る筈ないですよね、 私も この手袋を買って初めて知りましたから・・。







N.I. Gloves







HIGHLANDER
Adventure Equipment Since 1985


ハイランダー社のウェブサイトによると、アウトドア&ミリタリー用品の製造販売を行っているようです。







英軍やっている人はわかると思いますが、
( eBayで英軍アイテムを探したことがある人 )

英国には、ミリタリーショップ いったい いくつ あるんだ?  って思うくらい たくさんありますよね。

以前、長野ロケ撮の際、そんな話になりまして、

松本studio Raum のオーナー様は 「 イギリスは趣味の国 」 なんて言っていました。

言い得て妙 というか 私も そんなイメージを抱いています。







また、こういったミリタリー用品を作っている民生品メーカー

日本ではArktis/アークティス社くらいしか知られていませんが、けっこーあるんですよね。



なにが 凄いって



起業して やっていけるのが凄い!

購入層が存在する、需要があるということです。

日本の場合、まず無理というか 厳しいでしょうね。

私のブログなんかもそうですが、こういった民生品を取り上げると 見る気にもなれない という方が大半ですから。







N.I. Gloves







ハイランダー製・N.I. グローブは、実物品の再現を目指して作られた製品ではありません。

デザインはN.I.スタイルですが、インナーにシンサレートを使用するなど、オリジナルにはない工夫を施して作られています。

レプリカ品というよりも、英軍型のアウトドア手袋 といった感じです。







ちなみに、シンサレートは3M社が開発した保温素材です。

従来のポリエステル系素材と比べると、軽くて各段に保温性が高い とされています。







フォークランド紛争・英軍装備







3M社は、いろいろな製品を作っているメーカーですが、

私の中では アメリカ軍のガスマスクを作っている会社 というイメージです。

軍用のNBC装備を作っている訳ですから、かなりのハイテク企業ということになります。







90年代頃から 高機能・化学繊維がたくさん登場してきました。

ゴアテックスに代表される これらの化学繊維は、当時ハイテク素材と呼ばれていました。

数あるハイテク素材の中でも、NBC装備を作っている3M社が開発したシンサレートは 伊達じゃない という印象があります。







3M社製民間用マスク







・・・余談になりますが、

3M社が製造販売している民間用のマスク、作業/医療用タイプの中には、別売りのアタッチメントを取り付ければアメリカ軍のキャニスターが使用可能になる製品も存在します。

軍用のキャニスター(吸収缶)ですから、NBC対応です。

別売りのアタッチメント、それから NBC対応キャニスターの国内販売はありません。

昔、国内の3Mに問い合わせたことがありますが、輸出にはアメリカ国防総省の許可が必要で日本での販売は不可能レベル との回答がありました。




が、




アメリカのミリタリーショップでは、3M社製アタッチメント各種、新品の軍用キャニスターが販売されており、昔は購入可能でした。

・・・9.11以降、いろいろと厳しい世の中になりまして 日本では違法でも何でもない つまらないミリタリーグッズでさえ海外発送しなくなりましたので、今は買えないかも知れません。

まぁ そんなアタッチメント&キャニスター入手したところで、人から人へと感染する鳥インフルエンザが大流行でもしない限り使い道はないのですが。







英軍N.I. グローブ







ハイランダー製 N.I. グローブの製造国はパキスタン。

パキスタン製です。

その為、中古の実物品の半額近い値段です。

私の中では お買い得感ありましたね。

Arktis社製品同様、実物とは異なるコンセプトで作られていますので、違いは気になりません。







実物品とハイランダー製  どっちが良いか? と聞かれたら、何とも言えないのですが・・。

上質な英国製・軍用革手袋を使う喜び、英軍マニア的には実物品がいちばん良いと思います。
( 上質感を味わうには、デッド品&ミントコンディション級でないと駄目な気がしますので、使用感のある中古品は購入意欲が沸きません。)

あと、

人生と同じで
( ・・・同じなのか? )

何から何まで満たされるハイテク素材というのも存在しないように思います。

3M社のシンサレートは、確かに軽量で保温性が高い素材なんですが、収縮性能があまり良くない という欠点があります。

手袋のインナーに使用した場合、硬くてこわばった感じになります。

自分の手のように指が動く感覚とは程遠い ということです。 

実物品は入念に手入れをして、使えば使うほど手に馴染みますし、革手袋装用での銃の操作、射撃となると実物品のほうが断然 上 だと思います。

今回のように厳冬期に標高1600メートルを超えた場所での撮影用となると、なによりも防寒対策が優先されますので、保温材にシンサレートが使用されている民生品のほうが、僅かではありますがモデル女性の苦痛苦役の軽減になるのではないでしょうか。







3M社製シンサレート

3Mのタグは切り取ってから、撮影に使用する予定です。







N.I. Gloves




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/01/23(水) 00:11:01|
  2. 英軍N.I. グローブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

N.I. Gloves


ミリタリーランキング


N.I. Gloves







N.I. Gloves 

の文字を見て、すぐにモノが思い浮かぶような方は正真正銘の英軍マニアだと思います。

私の中では、英軍手袋の最高峰、数ある各国製軍用革手袋と比較しても、やはり N.I. Glovesが最高品質ではないか? と思っています。

最高品質ということに関しては、S95革手袋もN.I. Glovesに比肩する もしくは それ以上の出来栄えなんですが、実戦経験、革手袋装用での射撃となるとN.I. Glovesのほうが上かな と。







そういう訳で、

タマキャット様/英軍リクエスト・シリーズ第10弾(最終回)は、 Northern Ireland グローブです。







英軍Northern Ireland グローブ

レプリカ品







フォークランド撮影(2018/12/10)用にデッド品をさがしましたが、見つけることが出来ませんでした。

1991年とか、90年代初頭に作られたデッドストック新品が、それこそサイズ各種、いくらでも転がっていると思っていたのですが・・。

DMSアンクルブーツ同様、私の感覚が古過ぎた・・ ということです。







中古品なら、時折、eBayに出てくる感じです。

かなり使用感のある中古品でも、いい値段しますね。

昔のデッド品の方が安かったように思います。

それでも人気なのか? 即決価格で落札されていますので、いつまでも ある というわけではないようです。

当たり前な話ですが、即決価格で落札しても、日本までの送料がかかりますので、その値段では買えません。

程度、価格、送料等、 全てにおいて購入意欲が沸かなかったので入手を見送りました。







英軍N.I. グローブ







N.I. Gloves の着用例は、フォークランド戦の写真に多数確認出来ますので、フォークランド紛争・英軍装備で使うなら これで決まりですね。

しかし、

手袋をしていない写真もたくさん残っていますので、無くてもOKだと思います。

という訳で、

手袋なしで撮影を行うことにしました。







N.I. Gloves







「 手袋 無いんですか・・。」




撮影当日、モデルのHINAさんが ぼそっと つぶやきましたので、上記のような経緯を説明して 手袋なし でも考証は何も間違っていない と伝えました。




が、




手袋 あったら いいなぁ~

あれば 寒くないし~




みたいな

HINAさんの声なき 声が 聞こえてくる気がしましたので、撮影終了から数日後に購入してしまいました。







British Army Northern Ireland Gloves







撮影終了後に手袋を買った ということは、 まだフォークランド撮影やるつもりなのか?

と思われた方もいるかと。

はい その通りです。

斜面に雪が残るロケーションで もう一度だけ やりたいと思っています。







フォークランド装備




英軍N.I. グローブ





テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/01/16(水) 11:59:33|
  2. 英軍N.I. グローブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英軍DMSアンクルブーツ【Vol.2】


ミリタリーランキング


英軍DMSアンクルブーツ

レプリカ品







製造メーカーは、Grafters/グラフターズ。




・・・・???




聞いたことのないブランドだったので、

検索してみるとワーキングブーツ等のメンズシューズを作っているメーカーで

楽天、ヤフーショッピングなどでも靴の販売が確認できました。

一応、靴メーカーが製造した英軍DMSアンクルブーツのレプリカ品ということになります。







英軍DMSアンクルブーツ【レプリカ品】







生産国はインド。

中国・インド・パキスタンは、低価格ミリタリーレプリカ生産の3大拠点です。

インド製と聞くと驚く人いるかも知れませんが、3大拠点は今に始まったことではなく、10年以上前からなので別段驚くような話ではありません。







英軍DMSアンクルブーツ【インド製・レプリカ品】







・・・余談になりますが、

国内のショップは、こういった生産国を示すシール、ラベルなどは必ず剥がしてから販売するのですが、海外ショップは隠す気など毛頭なく全てオープンにしています。







秋葉原のS&Graf東京店で販売されているドイツ軍レプリカのウール製ソックス( 税込で3,100円もする高価なソックス )は、【Made in Germany】と書かれたパッケージ入りで店頭に並んでいました。

・・・勝手な想像になりますが、

この靴下がインド製だったなら、【Made in India】のパッケージを撤去して、靴下のみで販売するのではないでしょうか?

生産国がアメリカ【Made in USA】、もしくはドイツなら、隠すことなく むしろアピールするのですが、アジア製だと生産国をひた隠しにする傾向があるように思います。

まぁ 昔から 舶来品と言えば 欧米の品々のことでしたから・・。

3千円なんて 靴下の値段じゃないだろー

なんて思いながらも、

ドイツ製なら仕方ないな・・ と納得してS&Grafで購入してしまいました。

私のような しょーもない思考(嗜好)の客がいる限り 国内のショップにおける こういう傾向は続くように思います。







英軍DMSアンクルブーツ【Grafters製】







ソールパターンはビブラムです。

革底&鋲打ちの軍靴から、ゴム底に変更になって以来、英軍はずっとビブラムソールを採用しています。

同じ英語圏の国でもアメリカは、早々とビブラムソールに見切りをつけ、ベトナム戦争中(60年代後半)にパナマソールを採用しますが、イギリスは頑なにビブラムソールです。

ビブラムソールは、グリップ力が高いとされており、現在でも登山靴などを中心に使われているソールパターンですが、実際にサバゲーなどで、ビブラムソールのブーツを使ったことがある方はわかると思いますが、靴底の溝に小石や泥が詰まる、詰まりやすい という欠点があります。

ベトナム戦の場合、岩地よりも湿地が多かった為、泥が大量に付着することが多く さらにベトナムは高温だった為、大量に付着した泥が乾いて固まってビブラムソールの長所であるグリップ力を奪ったとされています。

こういった いきさつから パナマソールが採用されたと言われています。







英軍のビブラムソールですが、

2003年のイラク戦争開戦時くらいまでは、DMSアンクルブーツと同型、同仕様のビブラムソールが使われていました。
( デザートブーツは、靴底が黒ではなくデザート・タン色になりますが。)

ANKLE BOOTS(ローブーツ)~ASSAULT BOOTS(スピードレース仕様・ハイブーツ)、GORETEX PRO COMBAT BOOTS等、靴が変っても靴底は同型だった という意味です。
(※一部、波形パターンも存在しますが。)

この辺りまでは、全て実物品を入手して確認済みなのですが、それ以降はドイツ軍に手を出し始めて 英軍 おろそかになりましたので、正確にいつ頃まで DMSアンクルブーツと同じビブラムソールを使っていたのか不明です。







英軍DMSアンクルブーツ【インド製・レプリカ品】







さて、レプリカ品の話になりますが

写真で見るとビブラムソールですし、英軍DMSアンクルブーツなんですが、実際に手にとると ちょっと違和感あります。

ビブラムソール 異なります。

官給品のビブラムソールとは若干違う感じなので、違和感を感じる ということです。

辛口な評価は上記の通りですが、価格などを含めて全体的に見れば佳作だと思います。

佳作を辞書検索しますと、入選作ほどではないが、それに次ぐよい作品 だと記載されています。

実物品には及ばないが、値段も手頃で実際に使うなら悪くないと思われる靴 ということです。







昔、入手した革底のレプリカ品は、違和感など感じないくらい実物同様だったので ちょっと残念な気がしますが・・。

まぁ 実際に価格を比べると、今回のDMSアンクルブーツは革底のレプリカ品の半額以下なので仕方がないかなぁ~ という感じです。

それから、革底のレプリカ品の入手は10年以上前なので、今でも同じ品質とは限りませんので入手に関しては自己責任でお願いします。







英軍DMSアンクルブーツ【インド製・レプリカ品】




英軍DMSアンクルブーツ【インド製・レプリカ品】




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/01/06(日) 00:01:25|
  2. 英軍DMSアンクルブーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ