FC2ブログ

杉並ワークス

C90新作/Erika Club・3


ミリタリー ブログランキングへ


Erika Club・3/紙媒体写真集





土曜日 東地区“ケ”ブロック-29b


頒布物:

『Erika Club・3』

変態軍服写真集シリーズ・第4弾!
制作難航しまして(考証・服装規定等、史実に忠実な再現は殊の外難しかったので)、昨年の夏、脱ぎ系の写真集「 Erika Club・4」 を先に発行しました。 


衣装:ヒトラーユーゲント冬季制服


紙媒体写真集:A4サイズ/28P


モデル:甘栗もなか


頒布価格:700円


発行日:2016年8月13日(土)







特典:

C90にて 『Erika Club・3』 お買い上げの方に もれなく 「Erika Club・4」 進呈します。

そんなものいらない! と言っても押し付けられます。


Erika Club・4









HJ規格帽/Schmidt & Sohn工房製







・・・トップ 低いのでは?







画像を見て、そう思われた方いるかも知れません。

HJ規格帽/HJ WINTER SERVICE CAP

M43型規格帽/M43 FIELD CAP

日本語では同じ規格帽ですが、型紙が全く異なります。

ドイツ軍をやっている方でしたら、規格帽と聞くと、すぐに思い浮かぶのがM43型だと思います。

極端な言い方&大袈裟に言えば、

M43型規格帽は、正面( トップ )が高くて 後ろ( 後頭部 )に行くにつれて低くなる帽子です。

ドイツ軍の帽子は基本的に上記のフォルムになりますが、ヒトラーユーゲント用だけは唯一例外で、トップが低く 後ろ( 後頭部 )に行くにつれて やや高くなります。


上記は帽子の製作を依頼した際、Schmidt&Sohn工房さんから受けた説明の 受け売り です。




( ・・・本当に そうなのか?)




完成品の帽子を手にして そう 思いました。

京都製だから、100%絶対間違いはないと思いながらも、どこか心の中で半信半疑でした。

( こんなことを書いているとSCHMIDTさん気分を害すかも知れませんが、)

どうしても、確認したいという欲求を抑えきれず、実物買ってしまいました。

SS規格帽は経済的に無理なんですが、HJ規格帽なら 頑張ればなんとか・・ というのもありまして。





実物とSCHMIDT製を比べると、

瓜二つ

型紙、全く同じで感動しました。





実物コレクターの方でしたら、実物を入手して満足ということになりますが、私の場合は 実物と撮影用に調達したレプリカ品を比べて感激して震える という変態体質。

ですから、

今回の写真集を見て 

なんか規格帽 形が変? 

と思う方いるかも知れませんが、

元々こういうフォルムなので間違っている訳ではありません。







HJ規格帽/Schmidt & Sohn工房製




スポンサーサイト

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

  1. 2016/08/07(日) 00:39:07|
  2. 帽子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0