杉並ワークス

HBT作業服【ATF製】


ミリタリーランキング


HBT作業服







タイトルは【ATF製】ですが、掲載画像は【サムズ製】になります。

予めご了承ください。







HBT作業服







サムズ製は、もう売っていないのでATF販売品を新たに調達しました。







・・・2011年~2012年頃、

ATFは、HBT作業服を販売していました。

"Texled"と呼ばれる自社製品(米国製)です。




ぺらぺらの薄地の安物とは違う

安いのが欲しいなら 生地の薄い アジア製を買えばいい




みたいな 

例によって例の如し の商品説明で販売されていました。

名指しは避けていますが、アジア製とは、中国、インド、パキスタン製のことで、ドイツ軍のレプリカ被服類に関しては中国製を指していると思われます。

当時、この商品説明を見た私は、さぞATF製/HBT作業服は素晴らしい製品なんだろうなって 思いましたよ。







HBT作業服







販売が終了してから、だいぶ月日が経ちましたが、最近、廉価版が再販されました。

ウェブサイトの商品説明を見ると、

These are not sold by any other vendors,

「 他店での販売はない 」 との記述があります。

ATFのウェブサイトには生産国の記載はありませんが、購入したHBT作業服のタグには ATF LLC Made in China の印字がありますので、中国に発注して作らせたオリジナル商品で間違いないでしょう。





and this particular uniform was made using our "Texled" patterns from 2011-2012.

「 以前販売していた"Texled"を元にして作った 」





それから、

The fabric is the correct weight,  

という記述がありますが、

コットン生地の厚さは、オンス(重量)で示しますので、「 生地の厚さは正確である 」 という意味になるかと。

ラベルには、リネン(麻)55% コットン45% の表記があります。

2006年頃にサムズミリタリ屋さんが販売したHBT作業服【サムズ製】と比べると、ATF製は厚地でごわごわした手ざわりの生地です。

つまり、

かつての米国製・高級品が、 安くなって甦った ということです。

"Texled"と比べたら、本当に 激安! ですから。

今は もう 日本に限らず 高い軍服 買う人 少ないのでしょう。

中国製の価格に慣れてしまうと、その値段が当たり前というか 普通 になってしまいますので・・。







HBT作業服







素晴らしい HBT作業服が もの凄く安い値段で買えて 大満足なのか?

という話になりますが、

ATFから届いた軍服を手にとった時、




ぐえ~




思わず声が出ました。

ボタンとボタンの間隔が、やけに長い。

間延びしているように長い。

それから着丈も長い。

女の子のスカートみたいです (>_<)







なんで こうなるのか?

なってしまうのか?







やはり、こういう型紙の服が人気なんだろうな・・・。

としか考えられません。

購入層(米国人)向けに作っているのではないでしょうか。

少なくとも、細身で、一見華奢に見えても、服を脱いだら筋肉質で 脂肪なんて無いに等しい男性向けではないですよね。

恰幅の良い男性、それも お腹が出ているような人向けではないか? と思われます。

体型がカバーできて、それでいて見栄えの良い軍服となると こういう型紙になるのではないでしょうか。

ボタンとボタンの間隔を広めにして、かなり下まで持ってくるのは、恰幅の良い体型を ゆるやかに いい感じに見せる為の手法?なのかも知れません。

それから、

着丈が短くてタイトな服だと、お腹が ぱんぱんに 膨らんでいるように見えますが、着丈が長くて ゆったり目の服だと、お腹が出ていても、そんなに目立たない。

ATFはウェブサイトに実物品の画像を載せていますし、実物を知らない筈ありませんから、意図的に そういう服 を作っているのだと思います。

商売ですから、米国で売れない服を作っても仕方がない というか 米国で売れなかったら死活問題ですから・・。







HBT作業服







個人的には、昔のサムズ製の方が カッコ良かったな と思います。




・・・こういうこと言えるのも、撮影用に調達しているからなんだと思いますが。




私自身が着るとなると、

実物品もしくは実物同様のレプリカ服よりも、今回のATF製みたいな服の方が似合う気がします。

確かに実物、もしくは実物同様の服は美しいですし、断然カッコいい!

でも、着る人間がダサいと全て台無しになるんですね。




ダサい服 + ダサい着用者

美してカッコいい服 + ダサい着用者




どちらの組み合わせが良いのか? 

という話になりますが、




私の経験では前者だと思います。

ダサい服 + ダサい人で、さらにダサくなるかと思いきや、意外に中和されるんですね。

中和されて、いい感じに溶け込んで まぁまぁ見れる ということです。







HBT作業服







それから、

送料100.50ドル請求されました!

ウェブサイトから購入手続きをして、送料100.50ドルの表示でした。




ぐぇ~



送料 値上げ になったのか?

相変わらずATF 送料高い とうか 高すぎ!

渋々注文したのですが、後から正確な送料(実際にかかった送料)の連絡が来ました。

ATFによる返金手続きがあり、カード決済の際、6,712円返金されました。







こういう部分が アメリカっぽい というか誠実なんですね。

イギリスなら そんなことしないショップが大半だと思います。

なんだかんだ 米国AT THE FRONT(ATF)は、真面目な店だと思いましたよ。







HBT作業服





スポンサーサイト

テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/06/09(土) 17:48:40|
  2. HBT作業服
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HBT作業服


ミリタリーランキング


HBT作業服/サムズ製

HBT作業服/サムズ製







SSルーン胸章/Schmidt&Sohn工房製

SSルーン胸章/Schmidt&Sohn工房製







Prinz Eugen師団仕様

Prinz Eugen師団仕様







HBT作業服/Prinz Eugen師団仕様




HBT作業服/Prinz Eugen師団仕様




HBT作業服/Prinz Eugen師団仕様




HBT作業服/Prinz Eugen師団仕様




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/05/04(金) 19:43:37|
  2. HBT作業服
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SS M42型ウール軍服【ATF・その3】


ミリタリー ブログランキングへ


SS M42型ウール軍服

米国ATF製







武装SS・第7山岳師団の野戦服【兵/下士官】の話です。

当時の写真など見ますと、

ウール製の野戦服はM40~M43まで確認することができます。

中でも圧倒的に多いのがM42です。

プリンツ・オイゲン師団 = M42型 

と言っても過言ではないくらい、残っている写真の大半がM42型になります。










プリンツ・オイゲンの軍装をやる場合、M40~M43までどれを選んでも悪くないと思いますが、

当時の写真によく見られる軍服ということで、最初の1着はM42型を選びました。

こちらは撮影用なんですが、撮影開始は2017年・秋以降の予定です。







Sショート・サイズ(34S-36S)




SS M42型ウール軍服【ATF】




SS M42型ウール軍服【ATF】




Sショート・サイズ(34S-36S)




Sショート・サイズ(34S-36S)




SS M42型ウール軍服【ATF】




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/10(金) 11:43:11|
  2. SS M42型ウール軍服
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SS M42型ウール軍服【ATF・その2】


人気ブログランキングへ


SS M42型ウール軍服【ATF】







New generation of reproduction WWII German Feldblusen, made by our contractor using "Texled" patterns.







上記はATFのウェブサイトにおける SS M42型ウール軍服の商品説明、それもオープニングの一文をコピペしたものです。

かつて ATFは、"Texled" という呼称の自社製品/米国製 SS M42型ウール軍服を販売していました。

現在、販売されている SS M42型ウール軍服は、その廉価版だということです。

"Texled" は完全オーダーメイドで米国ケンタッキー州の自社工場で作られていたのに対して、廉価版は海外生産品でサイズ各種、それも同サイズでレギュラー、ショート、ロングの3種類用意されています。

価格は、"Texled" の1/4程度。

つまり、"Texled" は廉価版が4着買えるくらいの値段だった ということです。










These uniforms are not available from any other vendor!

他店では買えない とありますので、ATFの発注で作られた軍服、ATF製オリジナル商品と言っても良いかと。

さて、気になる品質ですが、

やはり廉価版 もしくは 佳作 といったところでしょうか。

佳作という文字を辞書検索しますと、入選作ほどではないが、それに次ぐよい作品 であると記載されています。

まさに、そんな感じのレプリカ服です。







SS M42型ウール軍服【ATF】







"Texled" SS型ウール軍服は、M42 と M43 が存在しました。

M43型は、※イタリアン・ウール使用品でした。

※イタリア軍・接収生地を再現した米国製ウール生地。

両方は経済的に無理なので、どれか1着欲しいと思いながら躊躇していたら、すぐに販売中止になりウェブサイトから消えてしまいました。

その後、しばらく経ってから 廉価版 が登場してきたのです。





なんで?





勝手な推察になりますが、

やはり、高いモノは売れないのでしょう。

( スーツとかと違い、社会生活無縁の趣味の服ですし・・。)





それから、





オーダーメイド/完全受注製作の割には低価格設定だったので、煩わしいことが多く、その割にあまり儲からなかった?

( 中国製オーダーメイドではなく、アメリカ国内で米国人が作る訳ですから・・。)







結局のところ、

労多くして功少なし

のオーダーメイドよりも、

廉価版をどんどん売った方が利益になるのではないでしょうか。

廉価版の初回ロットはすぐに完売して、

今回、画像掲載している軍服は2回目の生産品になります。







SS M42型ウール軍服【ATF】







イタリア生地の軍服【Texled】は買いそびれましたが、軍服と同じ生地で作られている規格帽だけは買うことができました。

ATFから届いた帽子、けっこー厚地だったので驚いた記憶が残っています。





ま、なんでも かんでもウール生地、ぶ厚ければよい ということではないんでしょうけど。





レプリカSS襟章の黒ウール台布が厚地で困った という話をブログに書きましたし、

本来、ドイツ軍は全てウール生地の厚さが異なるという話を聞いたことがあります。

ズボンがいちばん厚地で、その次がジャケット、帽子がいちばん薄地なんだそうです。





・・・本来は、

なんですが、

ATF製規格帽はイタリア軍接収生地&台形一体型帽章が付いた末期型と呼ばれるタイプをモデルアップしていますので。







話が逸れていますが、

ATF製【Texled】SS M43型ウール軍服は、けっこー厚地なんだろうな と想像しました。

規格帽【Texled】の生地と、廉価版SS M42型ウール軍服を比べると、廉価版の生地は薄いです。

あと、細かいことですが微妙な部分もあります。

軍服に限らず、ATFは、廉価版に関しては100%完全再現しないですね。

あえて高級版と 差 をつけているのか?  

もしくは、

細かいところまでこだわると、この値段での販売が厳しいのかな?  という感じです。







あくまでも私の主観になりますが、

ATF製・廉価版ウール軍服を海外通販で買うメリットは、サイズ各種存在しているので選べる。

これくらいしかありません。

入手となると高い送料を支払うことになりますので、どうしても厳しいコメントになってしまいますが、サイズ以外は特別お値打ちな服には見えないんですよね。







SS M42型ウール軍服【ATF】







追記:

当初、ATFのウェブサイトにおける商品説明には、

STURM HIKI GAVIN

といった他のメーカー名を記載して 

あげつらう 

例によって例の如し みたいな商品説明だったんですが、いつの間にか消えていました。

最初、見た時は、





ATF製・廉価版ウール軍服  よっぽど  自信あるんだろうなって 思いました。





その後、削除されたということは他社製品と比べて そんなに言うほど差異はない ということなんでしょうね。

ATFは ほんと わかりやすいお店です。







SS M42型ウール軍服【ATF】




SS M42型ウール軍服【ATF】




SS M42型ウール軍服【ATF】




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/21(水) 13:45:23|
  2. SS M42型ウール軍服
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SS M42型ウール軍服【ATF】


人気ブログランキングへ


SS M42型ウール軍服【ATF】

サイズ:34S-36S







米国At The Front (ATF)から届いた武装SSのM42型ウール軍服です。

サイズは、Sショート(34S-36S)を選びました。

ATFは、こういった小さいサイズの取り扱いがあるので本当にありがたいです。







SS M42型ウール軍服【ATF】







掲載画像の女性は、日本人女性の標準体型とのこと。

身長・体重等、平均的な日本人女性に、Sショート・サイズの軍服を着てもらいました。

男性用の型紙で作られていますので、このまま着るには難ありなんですが要所要所を小さくリサイズすれば、かなりイイ感じに仕上がると思います。

今後、サイズ調整と合わせて記章類の取付けを行う予定です。







SS M42型ウール軍服【ATF】




Sショート・サイズ(34S-36S)




SS M42型ウール軍服【ATF】




SS M42型ウール軍服【ATF】




SS M42型ウール軍服【ATF】




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/19(月) 22:09:57|
  2. SS M42型ウール軍服
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ