FC2ブログ

杉並ワークス

SS トロピカルシャツ【Vol.4】

SSトロピカルシャツ








ミリタリーランキング


SSトロピカルシャツ




SSトロピカルシャツ




SSトロピカルシャツ




SSトロピカルシャツ




SSトロピカルシャツ




SSトロピカルシャツ




スポンサーサイト



テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/10/07(月) 12:41:34|
  2. SS トロピカルシャツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SS 迷彩規格帽【Vol.4】


ミリタリーランキング


SS迷彩規格帽

Oak A /春・夏側







SS迷彩規格帽

米国SMW社製







Oak A 春・夏側




SS迷彩規格帽/米国SMW社製

Oak A /秋・冬側







Oak A /秋・冬側




SS迷彩規格帽 Oak A /秋冬側




SS迷彩規格帽/米国SMW社製




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/07/17(水) 10:24:03|
  2. SS 迷彩規格帽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SS エーデルヴァイス帽章【Vol.3】


ミリタリーランキング


SS エーデルヴァイス帽章/S&Graf製

S&Graf製







P国製造品と思われる SS エーデルヴァイス帽章です。

エスアンドグラフによる発注仕入れという意味で、S&Graf製と記載しました。







SS エーデルヴァイス帽章/S&Graf製







P国製 お約束? の裏地付きです。

それから、

タグも付いています。







『 厚みのある刺繍が施されています。』

とS&Grafウェブサイトに記載されていますが、本当に厚みのある刺繍です。

実物品よりも厚みがあります。







SS エーデルヴァイス帽章/S&Graf製







SSエーデルヴァイス帽章【実物品】の商品説明では、色はシルバーグレイ と記載しているショップが大半です。

というか、

シルバーグレイ以外の記載を見たことがありません。

しかし、

S&Graf製は、見ての通り ホワイト(白色)です。







白い実物は存在するのか?

という話になりますが、

存在すると聞いております。







SS エーデルヴァイス帽章/S&Graf製







実際に武装SS・山岳猟兵が使用した 

山岳帽及び規格帽に付いているエーデルヴァイス帽章は、銀色ではなく 白色なんだそうです。







白髪のことを シルバーグレイ なんて言ったりしますよね、

銀色にも見えるし、白色にも見える色なんですが、

実物品の帽子に付いているのは、全て白味の強い帽章だと。

つまり、

現在、実物品としてアメリカ、カナダの軍装品店で販売されている

1945年にアメリカ軍がダハウで鹵獲した帽章とは違うタイプ( ロットもしくは工場が異なる帽章 )が使われていた ということです。







Schmidt & Sohn工房・特注品







帽章の色の話は、

Prinz Eugen師団の山岳帽を京都Schmidt & Sohn工房に発注した際、店主SCHMIDTさんから伺いました。







ブログに載せる前に、自分自身で検証しなければなりませんね。

というか

やはり、興味がありますので、白色のSSエーデルヴァイス帽章を探しました。

理想は 「 生地付き 」 なんですが・・。

生地付きと記載しても なんのことだか わからない人もいると思いますので、右クリックで拝借してきた画像を載せてみます。





生地付きの武装SS 帽章





武装SS・規格帽の帽章です。

帽子の生地ごと切り取られています。





生地付きの帽章・裏地





こういう生地付きで、武装SS・エーデルヴァイス帽章があれば検証できますよね。

しかし、販売されているのを見たことがありません。







・・・過去に

武装SS・迷彩規格帽の生地付き帽章の販売を見たことがあります。

迷彩生地付きの帽章が存在するくらいですから、生地付きのエーデルヴァイス帽章があっても おかしくはない気がするのですが。







武装SS・迷彩規格帽/生地付き帽章




SS迷彩帽・生地付き帽章/裏面







SS エーデルヴァイス帽章/S&Graf製







ドイツ軍の実物品を扱う欧州のミリタリーショップで、白色のSSエーデルヴァイス帽章を発見しましたが、すでに販売済みで買うことが出来ませんでした。

買えなかったのですが、画像だけ右クリックで拝借しましたので載せてみます。







SS エーデルヴァイス帽章/実物品




SS エーデルヴァイス帽章/実物裏面







商品説明の画像で見る限り、完全に 『白色』 です。

実物品・未入手ですが、ダハウ鹵獲品のシルバーグレイだけでなく 白味の強い帽章も存在するようです。







SS エーデルヴァイス帽章







世界各国からレプリカ品を買ってみましたが、

( ブログ未掲載画像も含めて )

決定版と呼べるような SSエーデルヴァイス帽章 を見つけることは出来ませんでした。

というか

サムズ製以外は、裏地付きのP国製だと思われます。

基本的に、1945・ダハウ鹵獲品を真似て作っていますので銀色なんですね。

まぁ 色だけで選ぶなら S&Graf製ということになるのかも知れませんが・・。 







1944 Militaria

Reproduction Waffen SS Gebirgsjäger (Mountain Troop) M43 Cap Insignia- Nice High Quality embroidered SS Cap Edelweiss, with black wool background, that went on the left side of the cap. Made In The USA.







上記は、

1944 Militaria という米国のショップが販売している SSエーデルヴァイス帽章の画像と商品説明です。

白色に見えますよね。

さらに

Made In The USA/米国製だと記載されています。

早速、購入してみました。







この話はブログ掲載するか迷ったのですが、

( ケチくさい男なので )

帽章の色の話とかも含めて、時間とお金を使って知り得た情報は、あまり垂れ流したくないのですよ。

でも 今回は

令和を祝して 

スペシャルサービスです。







SS エーデルヴァイス帽章/1944 Militaria

1944 Militariaから届いた帽章です。







・・・な、なんか 

どこかで見たことがあるような帽章ですよね。

サムズ製です。

サムズ製が届きました。

正確には、サムズミリタリ屋さんが販売している帽章と 100%同じ帽章が届いた ということです。







SS エーデルヴァイス帽章







米国から仕入れた帽章を自社製品、サムズ製と偽って販売しているのか?

それとも

日本、もしくはサムズミリタリ屋さんから仕入れた帽章を米国製と称して販売しているのか?

どっちなんでしょうね。







まぁ 前者の可能性は無いように思います。

本当に米国製でアメリカから仕入れたのなら、偽る必要がありませんから。

長年、見てきましたが、

過去にサムズミリタリ屋さんが米国製(SMW社製)の記章を販売していた時は、米国製と記載していましたし、自社製品に比べると入荷数が少ないので、数年で完売して終了になっています。

サムズミリタリ屋さんの、あのSSエーデルヴァイス帽章は、かなり長い間、販売していますので自社製品だと思います。







それにしても

Nice High Quality embroidered /素敵な高品質の刺繍

サムズ製、アメリカ人から褒められていますね。

米国製だと偽りたくなるくらい 現在のレプリカの中では出来が良いのでしょう。

私の知る限り、

唯一、裏地が付いていない帽章ですから。







SS エーデルヴァイス帽章/サムズ製&実物品裏面







・・・結局のところ、

廉価版の帽子に合わせる SSエーデルヴァイス帽章はあれど、精密複製品にマッチするようなモノは売っていないということです。







SSエーデルヴァイス帽章に関しては、もう どうにもならない と思います。

私の場合、SCHMIDT工房さんから旧西独製の帽章(白色)を譲ってもらいましたので、今回だけは どうにか なったのですが・・。

あと

どうにもならなかったのが Prinz Eugenカフタイトルです。

Eugen の g の刺繍文字が下の銀ラインにかかっているRZMタイプ・レプリカを見つけることが出来ませんでした。







・・・今回も、

意味もなく時間とお金を浪費して 戦果なし で終わりました。

ホント 嫌になってきますね。







SS エーデルヴァイス帽章





テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/05/22(水) 00:19:23|
  2. SS エーデルヴァイス帽章
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SS 迷彩スモック【Vol.2】

SS迷彩スモック







元号が 「 令和 」 に変わって最初のブログ更新です。



ミリタリーランキング


SS迷彩スモック

Oak A /春・夏側







SS迷彩スモック

米国SMW社製







武装SS・第7山岳師団の軍装に着手して4年目に入りました。

ご存じのように、この師団は迷彩スモックを多用していますので、迷彩スモックは軍装再現のマストアイテムになります。







幸いなことに、武装SS・迷彩被服類はSM Wholesale(米国SMW社製)が存在しますので、

もう少し 出来の良いレプリカ品はないのかなぁ~  なんて彷徨うことはありません。

絶対王者・米国SMW社製を買えばいいだけですから。







SS迷彩スモック/米国SMW社製







最高品質のレプリカ品が ずら~っと ラインナップされていますので、

あとは、当時の写真を見て 迷彩パターンを識別するだけ ですね!







識別する だけなんですが、







武装SS・迷彩被服類

NAM戦タイガーストライプ

迷彩パターンの識別において これが ミリタリー界の二大双璧だと思います。

難易度が高い ということです。







SS迷彩スモック/米国SMW社製







フォークランド戦の英軍迷彩服などは、DPM迷彩しか存在しませんので、悩むことも間違えることもありませんが、似たような迷彩柄でバリエーションが存在するタイプとなると、ある程度、目が慣れてこないと見分けがつかない。

付け焼き刃では無理だと思います。







それから

当時の写真はモノクロームなので、色は 『濃淡』 しか映りません。

あと画質が悪い。

大日本絵画発行の 『 “グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944 』

みたいに鮮明で大きな写真ばかりだと本当に助かるのですが、必ずしも当時の写真はGD師団史みたく鮮明ではありませんから。

長年やっているベテランの方は、別に どうということもない話ですが、日の浅い方だと厳しいと思います。







という訳で

武装SS・第7山岳師団の軍装に手を出して、最初の難関は迷彩パターンの識別になりました。
( ちなみに今回掲載している迷彩スモックは、7SSの軍装撮影には使用しておりません。)







SS迷彩スモック/春・夏側




SS迷彩スモック/Oak A




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/05/07(火) 00:44:17|
  2. SS 迷彩スモック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SS 襟章【Vol.7】


ミリタリー ブログランキングへ


Prinz Eugen師団襟章







北欧のミリタリーショップから届いた襟章は、実物品の襟章を3枚くらい重ねたような ぶ厚い 襟章でした。







武装SS第7山岳師団/襟章







現在は業務多忙の為、休止中ですが、

2007年頃まで京都Schmidt&Sohn工房さんでは記章類の取り付けをやっていまして、私もだいぶお世話になりました。

なにぶんにも、当時は無知すぎて記章すら まともに付けることが出来なかったので本当に助かりました。







・・・それから、

洋服のリフォーム店などで取り付けたものより、なぜか、SCHMIDT工房さんで取り付けた方が綺麗に服に馴染む。

心なしか そんな気がしていました。

心なしか とは、

気のせいかも知れないが、 といった意味ですよね。

きちんと説明出来ないのですが、僅かながら、そんな気がしていました。







・・・長い間、

私の中では これが 七不思議のひとつ でした。







Prinz Eugen師団襟章







2014年の12月。

PHSサバゲーに参加する為に、昔買ったウール軍服を引っ張り出しました。

記章類は昔(2007年以前に)、SCHMIDT工房さんにて取り付けています。




( 襟章 換えるかなぁ~ )




SCHMIDT工房さんが実物同様SSルーン襟章の製作販売を始めたのは、2010年の秋頃からなので、昔買った軍服には他社製の襟章が付いていました。

近所の洋服のリフォーム店に襟章の付け替えを依頼しました。







武装SS第7山岳師団/襟章







・・・約2週間後、

完成品の軍服を受け取った際、愕然としました。







軍服ではなく

取り外されて戻ってきた襟章を見て驚いたのです。

芯材が交換されていました。

京都に送った時とは違う芯材( 薄いボール紙 )が入っていました。







Prinz Eugen師団襟章







京都Schmidt&Sohn工房さんは、客から預かった軍服にレプリカ襟章をそのまま縫い付けるのではなく、襟章をバラして 芯材を入れ替えて 実物と同じ厚みにして縫い付けていたのです。

この時、初めて知りました。

店主SCHMIDTさんは、そんなこと ひとことも言っていませんでした。

ま、

当時の私に話したところで、




「  ・・・はっ?   ・・・へっ?  」




みたいな感じで実感がわかない というか 理解できなかったでしょうね。

実物のSS襟章持っていなかったら、厚みなんて 知る筈ないですから。







洋服のリフォーム店で取り付けた襟章 → そのまま縫い付け → 襟章が厚い為、視覚的にあまり服に馴染んでいないように見える。

SCHMIDT工房さんで取り付けた襟章 → 芯材を入れ替えて実物とほぼ同じくらいの厚みにして縫い付け → 心なしか すっきりと服に馴染んでいるように見える。

こういうことだったんですね。

心なしかではなく、実際は よく服に馴染んでいた ということです。

そして この時、

芯材の入れ替え  という 裏ワザ? が存在することを知りました。







武装SS第7山岳師団/襟章







北欧のミリタリーショップから届いた襟章の話になりますが、機械刺繡自体は、そんなに悪くないので厚みだけですね。

芯材を入れ替えたら、使える襟章になると思いました。




でも、どうやって?




どうやって ウール台布剥がすのか?

無理に剥がせば破れるかも知れません。

これは やっぱり Vショー行って 

直接、SCHMIDTさんに聞くしかないでしょうね。

※幸い購入予定の帽子ありますし。







※相手は仕事でやっていますので、何も買わずに 聞きたいことだけを尋ねるのは失礼ですから
私は商品購入の際に、いろいろ聞くようにしています。







Prinz Eugen師団襟章







Vショーへ行って

SCHMIDTさんから

台布の剥がし方&ノウハウを聞いて来ました。







そして

その後、

実践したのですが、

失敗しました (T_T)







At The Front (ATF)入手品







ATF入手品の襟章は、芯材の表面にも べっとり 接着剤? がつけられており、

芯材( ボール紙 )が黒台布に固着してしまって うまく剥がれませんでした。







人間、向き不向き、得手不得手がありますが、

私は、こういう作業不得手です。

それでも、慎重且つ丁寧に行ったつもりなのですが・・・   失敗に終わりました。

ホント 嫌気がさしてきますね。







At The Front (ATF)入手品







試しにATF入手品から台布剥がしを行い失敗しました。

本番前の練習だと 自分に言い聞かせ

気を取り直して

今度は、北欧入手品の台布剥がしに着手しました。







SS襟章/機械刺繡品







今度は成功しました!

綺麗に剥がれましたから。







Vショー会場で、

SCHMIDTさんに、台布の接着剤は何を使っているのか?

と聞いたところ、

ウチは、ちゃんとニカワ用の糊を使っているが他は知らない と言っていましたが、

北欧のミリタリーショップから購入したオーダル・ルーン襟章は、両面テープが使われていました。

なので比較的簡単に剥がれました。





「 ウール生地が厚いので、もし、芯材無しで整形可能なら そのままでも良い。」





SCHMIDTさんの言葉が脳裏に甦りました。

この襟章は、芯材無しで充分整形可能でした。

両面テープを切って、同じように、同じ場所に貼り、無事完成しました。







SS山岳猟兵の襟章







・・・なんか、

北欧入手品は、

最初から芯材を撤去して使うのを前提に作られているように見えなくもないです。







知っている人は、
( 実物SS襟章の厚み )

芯材撤去でお使いください。

知らない人は、そのままドウゾ!

そんな感じの襟章です。







SS襟章/Schmidt&Sohn工房製




階級章側は、京都Schmidt&Sohn工房製を使います。

SCHMIDT製・襟章(階級章側)は、実物同様ニカワの芯材が入っていますが、芯材を撤去したオーダル・ルーン襟章と ほぼ同じくらいの厚みです。

ウール生地、なんでもかんでも厚地なら良い という訳ではないんですね。







そんなこんなで、

意味もなく時間とお金を浪費して ようやく撮影用・襟章の調達が終わりました。







SS襟章/京都Schmidt&Sohn工房製




SS山岳猟兵の襟章




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/04/24(水) 23:31:00|
  2. SS 襟章
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ