杉並ワークス

ベトナムジッポー 【Vol.5】


ミリタリー ブログランキングへ


ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




スポンサーサイト

テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/06/09(土) 22:39:13|
  2. ベトナムジッポー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベトナムジッポー 【Vol.4】


ミリタリー ブログランキングへ


ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/04/22(日) 06:14:03|
  2. ベトナムジッポー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベトナムジッポー 【Vol.3】


ミリタリー ブログランキングへ


ベトナムジッポー




今回は、

ベトナムジッポー について

長々と語ってみます。





ベトナムジッポー





私が、ベトナムジッポーを知ったのは、1980年代前半でした。





当時、高校生だった私は、

学校帰り、煙る地下鉄駅構内の売店で週刊誌を購入してトイレに篭り雑誌を見ました。

この雑誌の中に、ベトナムジッポーの紹介記事が載っていたのです。







カラーページで多数、写真が掲載されていました。

あまりの凄さ! 

言葉にならないカッコ良さに衝撃を受けました!

と書くと、かなり大袈裟に聞こえますが、

大袈裟ではなく、本当に その時は そのくらい心が動かされました。





ベトナムジッポー




この雑誌が何の雑誌だったか、もう記憶が薄れて思い出せないのですが、

・・・おそらく

週刊プレイボーイではないか? と思われます。

・・・女性の水着&ヌード写真が載っていなければ、トイレに篭って見る必要がないので。
( 思春期の少年だったので、羞恥心などもあり、さすがに電車の中とかで そういった雑誌を堂々と広げて見るのは憚られた ということです。)







それから、

掲載されていたベトナムジッポーは全て本物だと思います。

今と違い、気軽にベトナム旅行など出来ない時代でしたから。

数年前までは、ベトナム難民 などという言葉があり、

社会問題になっていたくらいなので、掲載されていたジッポーは全て米兵が戦場から持ち帰った本物と考えるのが妥当だと思います。







それでも、わざわざ雑誌に写真で紹介されるくらいですから、

この頃から、入手困難品というイメージがありました。







当時、欲しいと思っても売っているお店など見たことがありません。

ガンマニアの聖地・上野アメ横のおなじみの中田商店、それから、知る人ぞ知る老舗・笠俊商店でも取り扱いはなく、

私の中で、タイガーストライプと並んでベトナムジッポーは特別な存在、特別なアイテムになって行きます。




・・・大人になったら、大人になったら、必ず手に入れてみせる!




本当に、糞しょーもない話ですが、

少年の日の私は、タイガーストライプそれにベトナムジッポーの入手を夢見ていました。





ベトナムジッポー




「 学校帰り、煙る地下鉄駅構内の売店で 」 と記載しましたが、

この当時、地下鉄の駅構内は煙草の煙が充満していました。

特に朝夕の通勤時間帯、ラッシュ時などは、むせかえるような煙草の煙で少し先が見えないくらいでした。







誰もが地下鉄のホームで電車を待つ間、煙草に火を付けて吸い

電車が来ると、煙草を捨てて靴先でもみ消します。

これが悪いという感覚は、当時の日本にはありませんでした。

これが普通であり、日常だったのです。







1980年代の終わり頃、東京の地下鉄は終日全面禁煙になります。

明日から、地下鉄駅構内が終日全面禁煙になると聞いても、

物心がついた頃から見慣れた日常が変わるというのは、にわかに信じられない気持ちでした。




・・・ほ、本当に禁煙など実現するのか?




明日から始まる終日禁煙という光景が想像出来ませんでした。




どうやら、本当に吸えなくなるみたいだから、1本吸っておくか。




地下鉄が禁煙になる前日、プラットホームで1本煙草を吸いました。

これが、東京の地下鉄駅構内で煙草を吸った最後の記憶になります。

終日禁煙になっても、しばらくの間は地下鉄のホームで煙草を吸う人の姿が散見されました。

しかし、時間が経つにつれて、ホームに落ちている吸殻の数も次第に減って行き、

その後は、現在のように地下鉄駅構内で煙草を吸う人など居なくなります。







地下鉄駅構内で普通に煙草が吸えた時代。

ベトナムジッポーを入手するなら、この頃がいちばん良かったのではないか? と思われます。

この頃のベトナムジッポーは、全て米兵が戦場から持ち帰った本物だった時代ですから・・・。





ベトナムジッポー
上に掲載したものは、↑

私が、いちばん最初に入手したベトナムジッポーです。







最初の入手は、

「 学校帰り、煙る地下鉄駅構内のトイレで 」 ベトナムジッポーが紹介されていた雑誌を見た日から15年以上経過した 1990年代後半です。

入手先は、MASH東京店。

閉店してしまいましたが、MASH東京店は、

大阪のミリタリーショップ・MASH が、東京・代官山に出したお店です。

超一等地、そしてミリタリーショップと思えないような豪華でお洒落なお店でした。

店構えといい、この頃のMASHは、日本一のミリタリーショップという雰囲気がありました。







レジ側のガラス棚に、ベトナムジッポーが20個くらい置かれていました。

OD色のNAM戦ブーニーハットを被った関西弁の店員のお兄さんに、見せてくれ と頼むと、

1個ずつ、出して、レジ側のガラス棚の上に並べて見せてくれました。

私は、ひとつ、ひとつ、手にとってながめ、その中から、ひとつ選んで購入しました。





ベトナムジッポー




1990年代後半、この頃、すでに偽物が大量に流通していました。

所謂、偽物ですが、

ジッポー社製以外のライターに絵柄を入れたものなどは、簡単に見分けがつきますが、

60年代~70年代に作られた当時のジッポーを加工(後彫り)したものは、ほとんど見分けがつきません。

しかし、MASHで入手したベトナムジッポーに関しては、

今でも実物だと思っていますし、実物だと信じたいと思います。




あくまでもこだわりを持つ人達に送る MASH の実物!




上記は、↑

90年代後半のコンバットマガジン誌の広告によく見られたMASHのキャッチフレーズです。

ミリタリーアイテムに関する知識は、国内のショップの中でもトップクラスですし、

MASHが取扱ったベトナムジッポーが偽物だった場合、

すでに、もう、本物の流通など無かったと言っても過言ではないように思います。





ベトナムジッポー




・・・余談になりますが、

OD色のNAM戦ブーニーハットを被った関西弁のお兄さんは、

今でも、MASHに居るのでしょうか?







MASH東京店閉店時、今後はどうするのか? と聞いてみると、

大阪に帰る と言っていました。

私は、この時、初めて

MASH東京店のスタッフは全員、大阪から来ていることを、このお兄さんから聞いて知りました。

OD色のNAM戦ブーニーハットが妙に似合うお兄さんでした。





ベトナムジッポー




ブログに掲載しているベトナムジッポーは、手持ちのコレクション品の中から実物だと思われるモノだけを厳選しています。

私の中の記憶では、

MASH東京店で販売されていたベトナムジッポーは全て地味な絵柄ばかりでした。

ミッキーマウスなどのディズニーキャラクター、それに女性のヌード柄等、

ベトナムジッポーに興味のある方なら、誰でも欲しがるような

いかにも  といった絵柄のものは、ひとつも無かったと記憶しています。







下に掲載しているものは、偽物である可能性が極めて高いものになります。

ベトナムジッポー




見ての通り、いかにも ベトナムジッポーといった感じの下品で卑猥な絵柄です。

数あるベトナムジッポーの中でも、ヌード柄と並んで下品で卑猥な絵柄は大変人気があります。

他に人気があるものと言えば、ミッキーマウス柄でしょうか。

現在では、煙草=悪 なので、

ミッキーマウスなどのディズニーキャラクターの絵が喫煙具であるライターに使われることなど絶対にありません。

公式なミッキーマウス柄のジッポーなど超・入手困難品なので、それよりも比較的簡単に手に入るミッキーマウス柄と言えばベトナムジッポーになります。







余談になりますが、

1983年の東京ディズニーランド・オープン記念のジッポーが、

公式なものでは最後のディズニー柄になるそうです。

現在では、かなり入手困難品であると聞いたことがあります。







さて、さて、

本物かどうか疑わしいと記載しました下品で卑猥な絵柄のベトナムジッポーですが、

ロゴや刻印等、全て年代にマッチしており、ジッポー本体は当時の本物だと思われます。

しかし、手にとってみると、汚れ方等、全てにおいて違和感があります。

私は、後から加工された偽物の可能性が極めて高いと感じています。





ベトナムジッポー




90年代後半、私はベトナムジッポーを買い漁りましたが、今は、もう、集めていません。

もう、購入意欲さえも沸かないというのが本音です。







90年代後半は、ベトナムジッポーを買い漁るだけでなく、初めて海外へ鉄砲を撃ちに行ったりもしました。

この時、海外で煙草に火をつけ、煙草をふかしながら歩くと、一緒に行った女性から注意されました。




「 ここは、日本じゃないのよ! アメリカでは、そういうことをしては駄目! 」




「 煙草は灰皿のある場所で吸って頂戴! 」




( あ、アメリカだと、だ、駄目なのか? )





それまで抱いていたアメリカのイメージと異なるので、

私はひどく驚きました・・・。







帰国して、間もなく、日本でも同様に灰皿が設置されている場所でないと煙草が吸えなくなりました。

80年代の終わりに、東京の地下鉄は終日全面禁煙になりますが、

90年代に入って、しばらくの間は JR&私鉄を問わず、地下鉄以外はホームで普通に煙草が吸えました。

室内は別として、

当時の日本には、灰皿のある場所で煙草を吸わなければならない という感覚は存在しませんでした。

また、灰皿など設置されている場所など少なかったように記憶しています。







こうして、路上で煙草を吸って、靴先でもみ消す仕草が、

男性のカッコイイ仕草のひとつであると信じられていた時代が終わって行きます。







・・・その後は、御存知のように、都内の私鉄は終日全面禁煙になり、

今まで駅のホームに設置されていた 喫煙コーナーの灰皿は全て撤去されます。

現在は、JRも同様に禁煙なり、駅構内で煙草を吸える場所は完全に消滅しました。







ベトナムジッポーに関しては、コレクションとしてのジャンルさえも消滅したという感があります。

実際、これだけ偽物が大量に流通してしまっては、これから新規でコレクションを始めるなど不可能レベルだと思われます。

現在では、ベトナムに旅行などされた方が、

お土産屋さんで雰囲気を楽しむ為に、遊び心で買ってみる程度のアイテムではないでしょうか。





ベトナムジッポー




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/04/22(日) 06:12:19|
  2. ベトナムジッポー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベトナムジッポー【Vol.2】


ミリタリー ブログランキングへ


ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/03/26(月) 05:03:19|
  2. ベトナムジッポー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベトナムジッポー


ミリタリー ブログランキングへ


ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




ベトナムジッポー




米軍エアーマットレス/NAM戦タイプ




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/03/18(日) 23:13:00|
  2. ベトナムジッポー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0