杉並ワークス

SMG用マガジンポーチ


ミリタリー ブログランキングへ


米軍SMG用マガジンポーチ

実物・デッドストック新品







米軍SMG用マガジンポーチ







ベトナム戦装備全盛期のサバゲーフィールドで、このマガジンポーチを使っている人を見た記憶がありません。

いつまでを全盛期とするのか? 

ということに関して人それぞれ見解が分かれるかと思いますが、私の中では2000年頃までがベトナム戦装備全盛期になります。

2001年以降になりますと、アフガン&イラク戦争の影響もあり、OD色&ジャングル戦装備は廃れて行きますから・・。

ベトナム戦装備の人気が最高潮に達していた90年代後半~MASH製タイガーストライプ最後のリリースになった2000年頃までが全盛期だと思っています。





オープニングから話が逸れていますが、誰も使っていなかったマガジンポーチの紹介です。







米軍SMG用マガジンポーチ







特別珍しいものではなく、

ふつーに保存状態の良いデッド品が転がっていましたので、誰でも知っているけど、誰も使わないマガジンポーチといった感じです。

着用例がすぐに思いつかないからです。







第二次大戦型のマガジンポーチなんですが、

カーキ色:WW2

OD色:朝鮮戦争&50年代製造品

という識別が一般的でした。

ですから、

このマガジンポーチはトンプソンSMG用というより、OD色なのでM3/M3A1短機関銃用のポーチだと思われていました。

ベトナム戦で使用する大戦型装備は、基本的にはOD色の50年代製造品になります。


実際はカーキ色も使われていたのかも知れませんが、サバゲーフィールドにおけるNAM戦米軍装備でカーキ色は ちょっとダサい。







米軍SMG用マガジンポーチ







本来は、M3/M3A1短機関銃用のマガジンポーチなんですが、

カラシニコフ銃のマガジンが収納可能な為、特殊部隊がAK47を使用する際に活用したとされています。

しかし、

すぐに思い浮かぶ着用例と言えば、

おなじみの並木書房 「 ヴェトナム戦争・米軍軍装ガイド 」 のP84~P85 の写真くらいではないでしょうか。

・・・あとは、

このマガジンポーチ使っている写真見た記憶無いですねー。







そもそも、サブマシンガンを抱えている写真自体、そんなに多くありませんから。

MP40を抱えている写真など全くない訳ではないんですが、ほんの僅かです。

大戦銃でたくさん写真に残っているのは、やはり M1カービンだと思いますし、装備品ではB.A.Rマガジンベルトではないでしょうか。

B.A.Rベルトと同じくらいイケてる感じの写真があれば、このSMG用ポーチを使う人 居たんだと思いますが。

私の場合、過去に使ったこともなければ、今後も使う予定のないマガジンポーチです。







米軍SMG用マガジンポーチ




米軍SMG用マガジンポーチ




米軍SMG用マガジンポーチ




スポンサーサイト

テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/15(水) 11:29:29|
  2. 装備品/その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M1961フィールドパック


ミリタリー ブログランキングへ


M56/61フィールドパック

実物・デッドストック新品







M1956フィールドパック後期型、別名でM1961、もしくはM56/61 と記載されたりします。

入手は、1996年・東京ファントム本店です。

複数の在庫品を何度も何度も見比べて、いちばん綺麗なものを購入したと記憶しています。

あまりに程度が良かったので、サバゲーで使うのをやめて、そのまま保存しました。








今思うと、

この時から

ベトナム戦装備の新品/未使用品で

保存状態が良いものを見つけると使わずにしまいこむ変な癖が始まったように思います。

・・・必死で集めている訳ではなく、

気まぐれで忘れた頃に買う程度なので、かなり時間が経過した割りには所有しているものは少ないんですけど。







M56/61フィールドパック




M56/61フィールドパック




M56/61フィールドパック




G&P XM177E1




G&P XM177E1




G&P XM177E1




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/01/07(土) 00:11:31|
  2. M56/61フィールドパック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NAM戦ショップ紹介/ 第四地区


ミリタリー ブログランキングへ


ベトナム戦リエナクメント屋台/第四地区




コミケでお世話になったトヨ様がお店をオープンされたので行ってきました。

お店のオープンを知ったのは、だいぶ後になってから・・・。

それでも なかなか足を運ぶことが出来なかったんですが、このままでは2016年が終わってしまうように思いまして、
先日、本気で 行く! と決めて行ってきました。








NAM戦ショップ紹介 第4弾は、軍装品店ではなく 「 飲食店 」 の紹介です。

ナム戦リエナクメント屋台の実店舗 第四地区 さんです。







ベトベトしま戦か?等 ベトナム戦イベントに料理屋台を出されていると聞いておりました。

その実店舗がオープンとのこと。

NAM戦イベントでしか堪能できなかった味が、身近になった感じです。





NAM戦ショップ紹介/ 第四地区





最寄り駅は、

小田急・江ノ島線の「 鶴間 」。





NAM戦ショップ紹介/ 第四地区




日頃使うことのない路線、降りたことのない駅、

知らない土地に ぶらっ と行って軽く飲んで食べるのは意外に新鮮で気晴らしになりましたよ。







地元の人でないと なかなか行くのが難しいと思いますが、

いちど足を運んでみるのも悪くないと思いますので、是非!





NAM戦ショップ紹介/ 第四地区




NAM戦ショップ紹介/ 第四地区




NAM戦ショップ紹介/ 第四地区




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/10/27(木) 11:43:03|
  2. NAM戦ショップ紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ディスポーザブル・ウォッチ【Vol.2】


ミリタリー ブログランキングへ


ベトナム戦腕時計

WESTCLOX 75071





WESTCLOX 75071

ベトナム製・複製品





kogu666さんのヤフオクで入手したベトナム戦プラスチック製腕時計の複製品です。

2012年~2013年頃、ベトナム戦腕時計の新品が出回った時期がありました。

実はコレ、ベトナム製レプリカだったんですね。

kogu666さんの商品説明によると、

ベトナムで小ロット製作されたものなので、一般の流通には乗っておらず、ベトナム・タイの一部ミリタリーショップやオークション等で実物として販売されているとのこと。

また、ヴィンテージ感を出すために少々のキズ・汚れ加工を施してあるそうです。

当時、このような商品説明でベトナム製レプリカの時計を販売していたのは、私の知り限りkogu666さんだけです。

国内で、この時計を取り扱っていた人は みな実物として販売していましたから。

kogu666さんがレプリカとして、この時計の出品を始めると 今まで実物として販売していたのに、急に複製品に変更した方もいましたね(笑)。







繰り返しになりますが、

( 私の知る限り )

kogu666さんだけがレプリカとして この時計を販売していました。

ベトナムの現地情報にも精通している博識な方なんですね。





ディスポーザブル・ウォッチ




で、

kogu666さんの出品を見て 前回紹介した時計 レプリカかも知れないと思ったのです。

そんでもって思わず、kogu666さん出品の時計を買って 比べてみました。





ナイロン製ウオッチバンド/米軍官給タイプ




実物と称して販売されていた時計には、米軍官給タイプのウオッチバンドが付いていました。

バンド交換して販売していたとしたら、最初から騙す意図があったのかも知れませんね・・。





ベトナム戦腕時計/複製品




kogu666さん出品の時計には、明らかにレプリカとわかるリストバンドが付いていました。

所謂、ミリタリーもどきのしょぼいリストバンドです。

バンドを交換したりせず、あえて そのままで販売しているkogu666さんの姿勢に むしろ好感を持ちました。





ディスポーザブル・ウォッチ




外見からは区別できないくらい良く出来ているレプリカなんですが、使ってみれば すぐにわかります。

最近は、ほとんど見かけなくなってしまいましたが、ハミルトン社( 82年製 )のベトナム戦タイプ最終型。

デッドストック新品( 箱入り新品 )ですと、日常生活でふつうに使えます。

もちろん、クォーツではなく機械式( 手巻き )の腕時計なんですが、誤差は1日1分くらいですね。

1日に1分くらい狂う ということです。

これくらいですと、使う前に時刻を合わせて巻く という動作で1日使えますので、日常生活でふつうに使えると言っても過言ではないと思います。

ベトナム戦実物の中古品を持っている知人の話では、入手時は1日3分くらい狂ったそうですが、オーバーホール後は1日1分くらいまで精度が上がったと言っていました。

オーバーホールなんて出来るのか?

という話になりますが、機械式腕時計専門の修理店なら可能みたいです。

私はやったことがないので、あくまでも聞いた話になりますが、ガラス面からムーブメントを取り出して修理するのだとか。

ベトナム戦型の使い捨て腕時計はケース一体成型の為、分解できないというイメージなんですが、専用の工具を使えばガラス面が取り外せるんだそうです。







さて、さて、

ベトナム戦の米軍ディスポーザブル・ウォッチは、新品の状態で1日1分くらいの誤差と考えて間違いないように思います。

ベトナム製レプリカは、1日1分どころか 半日も経たないうちに10分、20分、狂ってきます。

新品なのに日常生活で使えないレベルですね。

ですから、外見は実物同様でも使ってみれば すぐにわかりますよ。





ベトナム戦腕時計/複製品




ディスポーザブル・ウォッチ




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/07/21(木) 11:22:25|
  2. ディスポーザブル・ウォッチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M14/M16用コットン製スリング


ミリタリー ブログランキングへ


M14/M16用コットン製スリング

実物・デッドストック新品





M14/M16用コットン製スリング




M14/M16用コットン製スリング




M14/M16用コットン製スリング




M14/M16用コットン製スリング




M14/M16用コットン製スリング




M14/M16用コットン製スリング




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/07/15(金) 11:41:05|
  2. M14/M16用コットン製スリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ