杉並ワークス

M42型柄付手榴弾【Vol.2】


ミリタリー ブログランキングへ


M42型柄付手榴弾

サムズ製





サムズ製




魔法少女まどか☆マギカ/悪魔ほむら




[新編] 叛逆の物語/悪魔ほむら




M42型柄付手榴弾/サムズ製




劇場版 魔法少女まどか☆マギカ/ [新編] 叛逆の物語




暁美ほむら




ドイツ軍M42型柄付手榴弾




スポンサーサイト

テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/06/15(月) 12:18:02|
  2. M42型柄付手榴弾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M42型柄付手榴弾


ミリタリー ブログランキングへ


M42型柄付手榴弾

サムズ製





なんで ドイツ軍の手榴弾と一緒に ソウルジェム が写っているのか? 等は、

グレー革手袋 の記事参照でお願いします。





M42型柄付手榴弾/サムズ製




熱いミリタリーの時代だった? 90年代が終わっても

東京・池袋のミリタリーショップ「 サムズミリタリ屋 」さんは、変わらない商品展開を続けていました。







しかし、

2006年頃になると新製品が、なかなか完売せず、在庫として大量に残るようになりました。

HBT作業服、チェコ素材レギンス、M31型雑のう 等、

新製品の大半が何年も在庫として残り、セール品として半額近い値段で処分されました。







販売不振、相次ぐ新製品の失敗の後、商品展開が大きく変わって行きます。

2008年のリーマンショック後、正確には2009年頃から 商品展開が大きく変わってきたように思います。

今回、紹介している手榴弾は、そんな 2009年以降に登場してきた製品です。





M42型柄付手榴弾




どのように変わったのか? と言えば、

低価格路線、そして少量入荷&少数販売。

ひとことで言えば、こんな感じになります。







いくら 生地に こだわった  

素材に こだわりました と言ったところで

値段が安くないと もう 売れないんですよぉ~








2006年~2008年頃、

昔からいる親切な店員さんは販売不振を嘆いていました。

この言葉に、2009年以降の製品の 性格 を見ることが出来ます。

( あくまでも 深読み になりますが・・ )







つまり、値段が安ければ、必ずしも生地や素材に こだわる必要はない ということです。

それでは、何をもって 安い とするのか?

これも店員さんの言葉の中に 答え があるような気がします。







いまわぁ~  みんな 海外から買ってしまうので~

売れないんですよぉ~

ウチは~  商売ですから~  海外から仕入れたモノに~ 

多少のっけないと やっていけないんですよぉ~

海外通販と同じ値段というわけには いかないんですよぉ~








昔からいる親切な店員さんの独特の口調で記載していますが、

2009年以降の商品は、海外通販を強く意識した価格設定になっている感じです。





M42型柄付手榴弾/サムズ製




例えば、映画衣装のウール軍服。

スウェーデン軍改造M43型ウール軍服 販売終了後、長い間、ウール製の野戦服は欠品状態でした。

サムズミリタリ屋と言えば、ドイツ軍を扱う専門店というイメージがあります。

その専門店がドイツ軍アイテムの象徴のような 軍服 が欠品でいいのか? という感じですよね。

その辺りのことを店員さんに聞いたことがあります。




「 安く売れて、それでいて品質が良いものをさがしている。 」

「 本当は、STURM を輸入して売りたかったんだけど、中田商店が扱っているから・・。 」

細身で長身の店員さんが言っていました。














・・・何年か前。

久しぶりにサムズミリタリ屋さんに行くと、マネキン着用で、ウール軍服が飾られていました。

国防軍の記章が付いた生地の良いレプリカ服でした。




「 まだ 入ってくるか わからないんですよぉ~ 」




と昔からいる親切な店員さんが言います。

サンプルなので売り物ではないとのこと。







このように、安く売れて、それでいて品質が良いレプリカを長い間さがしていたみたいです。

品質に関しては、STURM をライバル視していた感があります。

STURMは、中国製ですが、

現在、入手可能な既製品の中で 最も出来が良い と言われているウール軍服です。

他の中華レプとは 一線を画する品質 でありながら低価格。

内容の割りには 安い という理由で、目の肥えた方からも高評価を得ているみたいです。

( 高評価なのは、ウール軍服だけで、他のSTURM製品に関しては 金を払う価値がない といった厳しい意見もあるみたいですが・・。)





その後、満を持して 「 映画衣装・ドイツ軍ウール製野戦服 」 が登場してきました。





M42型柄付手榴弾




それでは、

STURM製ウール軍服を海外通販で入手するのと

サムズミリタリ屋さんで 映画用・ウール軍服 を買うのでは

どちらが安いのか?  検証してみたいと思います。







知人が、 AT THE FRONT から軍服1着のみ購入したので送料を聞いたところ、東京まで 65ドル だったそうです。

M36型ウール軍服:109.99ドル。

米国コロンビアから東京までの送料:65ドル。

合計174.99ドル。

現在の為替レート(117.81円)で計算しますと、2万615円。

サムズ販売の映画用は、税込み1万9千440円です。

値段に関しては、ほとんど同じですね。







映画用・ウール軍服を実際に手にとって見ましたが、

生地に関しては、STURM製の方が 上 に見えました。

( 映画用・ウール軍服を購入してSTURM製と比べた訳ではないので そんな気がした くらいの感想だと思ってくださいね。)





しかし、サムズ販売の映画用・ウール軍服は、

襟章、鷲章、そして肩章、さらに、おまけで 2級鉄十字リボン、

さらに、さらに、おまけで東部戦線従軍リボンまで付いて税込み1万9千440円ですから

お買い得感は断然 こちらの方が 上 ですよね。







ドイツ軍は、軍服買って おしまい ではなく、パーツ類の取り付けが必要です。

STURM製を個人輸入で入手した場合、

肩章、襟章、鷲章といった最低限必要な記章を揃えて自分で取り付けることになります。

自分で取り付けると言っても、洋服のリフォーム店などに依頼して付けてもらう方が大半だと思われますが、

どんなに安いお店で付けても 1枚千円くらいは取られますよ。

襟章、左右2枚、SSの場合、袖の鷲章で合計3枚 3千円は確実です。


ちなみに映画用・ウール軍服に付いている記章類は サムズ製 とのこと。

・・・確か、サムズ製BEVOは、日本製だったと思います。

( 昔から 出来の良さ に定評のある記章です。)





M42型柄付手榴弾/サムズ製




さて、さて、

STURM製ウール軍服を選ぶか?

それとも、お買い得感満載の映画用を選ぶのか?

かなり迷うところではないでしょうか。

しかし、迷っているうちに 売り切れる のが2009年以降の商品展開です。

売り切れた後、店員さんに もう入荷しないのですか? と聞いても、




「 あれは~  不定期なんですよぉ~ 」




と言われて オシマイ です。

個人輸入を意識した価格設定、そして少量入荷&少数販売。

これがサムズミリタリ屋さんの最近の商品展開になります。





M42型柄付手榴弾




・・・最後に


もし、私がドイツ軍を始めたばかりで、最初の1着なら やはり、サムズ販売品を選ぶと思います。

いくら STURMの生地が良くても、記章類を自分で買い揃えて取り付けると、けっこー高い服になりますから・・。

それに、記章類取り付け済みですと、煩わしい手間いらずで、すぐに第二次大戦サバゲー等で使えますので 楽ちん です。





M42型柄付手榴弾/サムズ製




・・・手榴弾の話が どこかに ぶっ飛んで しまいましたが、今回はこの辺で。





M42型柄付手榴弾




テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/11/21(金) 12:55:00|
  2. M42型柄付手榴弾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2