杉並ワークス

SASライトウェイトコンバットパック


ミリタリー ブログランキングへ


SASライトウェイトコンバットパック

実物・官給品





SASライトウェイトコンバットパック




イギリス軍の軍装品で 「 入手困難品 」 というのは、意外に少ないように思います。

望めば、第二次大戦~現用まで、それこそ何でも手に入るという印象があります。







どこまでを 「 入手困難品 」 と呼ぶかは、人によって見解がわかれるところですが、

90年代なら、月刊コンバットマガジン誌の広告に載っていないアイテム、

お店に電話で問い合わせても、取扱い&在庫のないアイテム、

そして、ミリタリーショーに足を運んで、さがしても見つからないアイテム、

上記の3パターンが、2~3年続けば、入手は絶望的であり、確実に入手困難品でしたね。







現在は、インターネットが普及していますので、まず、ヤフオクではないでしょうか。

ヤフーオークションでさがすと同時に、お店のホームページでもさがします。

それでも無ければ、海外でさがすというパターンになります。

また、最初から海外でさがして値段を調べてから、国内でさがしてみるという方も多いようです。

やはり、広い海外でさがせば、よほどのことがない限り見つかる場合が多いようです。

海外でさがして、それでも見つからない場合、ようやく入手困難品ということになります。





SASライトウェイトコンバットパック




さて、さて、

90年代頃と比べると、流通が少なくなった物、もしくは、枯渇してしまった物もありますが、

全体的に見れば、インターネットの普及に伴い入手困難品が少なくなったという印象があります。







英軍アイテムに関しては、それこそ望めば、何でも手に入ると書きましたが、

第二次大戦のデニソンスモック、それも初期型のデッド品、さらに着れるサイズで、

などと厳しい条件を付ければ難しいかも知れませんが、

大戦中のデニソンスモックであれば、何でもよい というのであれば、入手可能です。







望めば、第二次大戦~現用まで、何でも入手可能とは、

厳しい条件を付けなければ、 それこそ何でも入手可能という意味で書いています。







厳しい条件を付けなければ、何でも入手可能な英軍アイテムの中にあって、

今回、紹介している装備品は、比較的入手困難なベストになります。





SASライトウェイトコンバットパック




「 ブラヴォー・ツー・ゼロ 」 で紹介されて一躍、人気が出たベストです。

「 ブラヴォー・ツー・ゼロ 」とは、「 SAS兵士が語る湾岸戦争の壮絶な記録 」

というサブタイトルがついている2000年頃に出版された書籍です。







この本の表紙及び巻頭の写真ページで、今回紹介しているベストの着用写真が掲載されていました。

このベストに興味のある方、もしくは、欲しいと思っている方は、

「 ブラヴォー・ツー・ゼロ 」 を読んだことのある方が多いようです。







本の中に、このベストの正式名称の記載がなく、当初は名称さえも不明のベストでした。

なので、俗に 「 SASベスト 」 などと呼ばれてきました。

( 今でも、SASベストと呼ぶ方は居るのではないか と思われます。)







その後、サバゲーチームのホームページなどで、

「 ライトウェイトコンバットパック 」 という名称で紹介されるようになり、

上記の名称が一般的に使われるようになっていったと記憶しています。





SASライトウェイトコンバットパック




実際に入手してみますと、ベスト裏面に 「 ライトウェイトコンバットパック 」 と英語で書かれており、

また、英国の業者も、この名称を使用しているのを確認しましたので、

名称に関しては、これで、ほぼ間違いないように思います。







さて、ライトウェイトコンバットパックですが、流通が極端に少なく入手困難品であると言えます。

大戦装備から現用に至るまで、望めば、何でも入手可能な英軍装備の中にあって、

なんで、このベストだけ無いのか? という話になりますが、

どうも、このベストだけは、他の装備品&被服類と異なり、通常は支給されないみたいです。







必要な時に、必要な数だけ、

部隊ごとに発注をして調達していたらしい ということです。

この為、発注時期によっては、同じベストでも若干の違い、バリェーションが存在するようです。







また、発注数も、それこそ、80セットですとか、100セットといった極少数ロットだった為、

余剰品として市場に出てくる数は、やはり、少ないということです。

・・・それでも、長く SASで使われた装備品なので、

忘れた頃に、1点もの として英国のサープラス店の店頭に出ることもあるようです。





SASライトウェイトコンバットパック




・・・最後は製造メーカーの話です。

昔、ホームページに、このベストを掲載した際、CQC製と記載しましたが、

今回は、製造メーカーの記載は なし でお願いします。







ベスト裏面に、 CQC と記載されているものが多く、

一般的には、ライトウェイトコンバットパックの製造メーカーは、CQC であると言われてきました。

( ・・・私の知る限り、CQC 以外のものを見たことがないです。)







しかしながら、CQC は、英軍に装備品を調達している半官半民の会社であり、

英軍の装備品メーカーではない という意見もありますので、

今回、製造メーカーは記載しないことにさせてください。

英国の業者も ふつー にCQC製、

Maker CQC と記載していますので、CQCでオッケーではないかと思います。
( 2017/03/01 )





SASライトウェイトコンバットパック




SASライトウェイトコンバットパック




SASライトウェイトコンバットパック




SASライトウェイトコンバットパック




SASライトウェイトコンバットパック




SASライトウェイトコンバットパック




SASライトウェイトコンバットパック




SASライトウェイトコンバットパック




SASライトウェイトコンバットパック




SASライトウェイトコンバットパック




SASライトウェイトコンバットパック




スポンサーサイト

テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/10/25(木) 01:50:20|
  2. SASライトウェイトコンバットパック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0