杉並ワークス

SS M44ドット迷彩戦闘服


ミリタリー ブログランキングへ


SS M44ドット迷彩戦闘服

サムズ製







~2007年頃までは

ドイツ軍装備でサバゲーをやっている方なら みんな持っている 

誰でも持っていると言われるくらい 普及率の高い軍服でした。

言い方を変えれば、国内で最も売れたドイツ軍のレプリカ服ということになります。







サムズ製







サムズミリタリ屋さんに於ける

武装SS M44ドット迷彩戦闘服/製作販売の歴史は、90年代まで遡ります。







おまえは いったい 何時の話をしているんだ?  と思われるかも知れませんが、

月刊コンバットマガジン1995年10月号に


「 ヨリちゃんのミリタリー・ファッションmemo 」 


という記事があり、

高好ヨリちゃんが、サムズ製M44ドット服を着用している写真が掲載されています。

おそらく これが ファーストモデル、つまり初代ではないか? と思われます。

当時の販売価格ですが、上下セット STD(微章なし)が3万円。

DX(微章付き)が3万8千円であると記事に記載されています。







武装SS M44ドット迷彩戦闘服







初代サムズ製/M44ドット服は、実物から型取りをしてドイツ軍のタイトな軍服を完璧に再現したそうです。

しかしながら

実物同様過ぎて、着れる人が限られてしまう軍服だったと聞いています。

ドイツ軍のレプリカ服の場合、コレクションではなく 着用を前提に購入する方が大半です。




誰も着れない軍服を作っても仕方がない! 




という訳で

要所、要所を大きく作り直すマイナーチェンジを行いながら現在に至っているみたいです。

今回、掲載している写真は、最近まで販売されていた 「 三代目の製品 」 になります。







M44ドット迷彩服/サムズ製







現在、市販されているドイツ軍のレプリカ服( 既製品 )は、

実物同様の完璧ディテールの製品は存在しないそうです。

特に 「 型紙 」 に関しては、全く異なると言います。







ナチスドイツのレプリカ軍服は、購入層である米国人向けに 大きめ に作られているのだとか。

S~XL もしくは 38~44  といった程度のサイズ分けで実物と同じようなタイトな服を作ると 着れる人が限られてしまうからです。

これが、「 型紙 」 に関して、実物同様の製品が存在しない理由だと聞きました。







それから、

昔から米国では 実物同様・短い着丈の服は なぜか 人気がなくて 売れないのだとか。

WW2 アメリカ軍エアボーン・ジャケット と同じくらいの着丈の軍服が、なぜか人気で いちばん売れるんだそうです。

なので、

ほとんどのメーカーが そのくらいの着丈でドイツ軍のレプリカ服を作るという話を聞いたことがあります。







SS M44ドット迷彩戦闘服







さて、さて、

マイナーチェンジを繰り返しながら、最近まで販売されていた 三代目・サムズ製/M44ドット服は、

誰でも着ることが出来て 動きやすい着用最適な服に仕上がっています。

それから、コットン製なので 家庭用洗濯機で洗えます。 ( 正確には 麻と綿の混紡生地だったと思います。 )

記章類の取り付けですが、基本的には左袖の 鷲章のみ なので安上がりですね。

こういったところが、ドイツ軍装備でサバゲーをする方に重宝がられたのでしょう。







・・・記章の取り付けといえば、

掲載写真を見て、「 鷲章 」 の取り付け位置 変じゃない?

と思われた方、多いかも知れません。

・・・無知な私は、見よう見真似で 鷲章 取り付けて失敗しました。

取り付け位置が高すぎますね。

胸ポケットのボタン、もしくは 胸ポケットのフラップの下端あたりに 鷲の羽根のいちばん先が来るように付けるのが正解です。







M44ドット迷彩服/サムズ製




武装SS M44ドット迷彩戦闘服




スポンサーサイト

テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/05(日) 22:50:11|
  2. SS M44ドット迷彩戦闘服
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3