FC2ブログ

杉並ワークス

千葉遠征/600発定例戦


ミリタリー ブログランキングへ


亜羽音さん




1月24日(日)千葉の某所にサバゲーに行ってきました!

終了後、ゲーム会に誘って戴いた某チームさんと会食をしました。

その中で、 「 最近の若者は金を使わない 」 という話が印象に残りましたので紹介してみたいと思います。




「 不景気世代とでも呼んだらいいのか 近頃の若けー奴らは本当にカネ使わないな! 」




こんな感じで話が始まったのですが、

金を使わないだけでなく、

俗に 「 くれくれ 」 もしくは、 「 くれくれちゃん 」 と呼ばれる気持ちの悪い若者が増えていると言います。

これには私も共感しました。

もちろん、異常なくらい金にせこい奴、くれくれタイプの人間は昔から存在していたと思われますが、
10年くらい前までは、ほとんど気になりませんでした。

しかし最近では、こういうタイプの若者が鼻について仕方がないので、やはり増えているのでしょう。





亜羽音さん




あるベテランゲーマーの話によると、

職場の若者から、サバゲーに興味があるので行くときは是非誘って欲しいとずっと頼まれていたので誘うと、
喜んで参加を承諾したのだそうですが、


その後、 「 参加費が高い! 」 「 参加費が高い! 」 と何度も何度も不平を言い


さらに、「 もっと安いところはないんですか? 」 と何度も何度も聞いてきたのだそうです。


( 今回のフィールドの参加費は昼食付きで3千円です )


因みに、この若者は電動ガンを含めてサバゲー用品を一切所有しておらず、
誘った年配者からサバゲー用品 ( 電動ガンからゴーグル、迷彩服に至るまで ) を借りて参加しました。





亜羽音さん




また別のベテランゲーマーの話によると、

今回のフィールドは全てレンタルで参加が可能なので、
以前から切実にサバゲー参加を希望していた何も持っていない若者を誘ったところ、
喜んで参加を承諾したのだそうですが、


開催日(1/24)が近づくにつれ、「 高い! 」 「 高い! 」 と参加費のことで不平を言いはじめたのだそうです。

一応、このフィールドのレンタル用品&料金を記載しますと、

東京マルイ製の電動ガン:2,100円

ゴーグル各種:300円~700円

ウッドランド迷彩服(上下):1,000円

またフルセット( 電動ガン、ゴーグル、迷彩服の3点セット ) だと3,150円で借りられるようです。

サバゲー用品を何も所有していない場合、フルセットレンタル3,150円+参加費3,000円の計6,150円で参加が可能になります。


さらに急速充電器まで用意されており、無料で自由に使うことができます。

「 急速充電器まで用意されており 」 と書きましたが、

急速充電器完備は、このフィールドに限らず千葉では普通というか 「 当たり前 」 のことみたいです。

千葉のフィールドは、サバゲー用品のレンタルから急速充電器の用意まで設備&サービスが充実しているのだそうです。




・・・私がサバゲーを始めた頃はどうだったのでしょうか?

私の場合は、知人にサバゲーの主催をやっているショップを紹介してもらい参加しました。

「 客へのアフターサービスとしてサバゲーを開催している 」 というスタンスのショップでした。

つまり、そのお店で、電動ガンからゴーグルに至るまで一通りのものを購入しないと仲間には入れてもらえません。

今でも、こういうショップが主催しているサバゲーは存在します。

客でないと参加できない反面、参加費は千円以下が多いようです。




また、千葉のフィールドのようなサバゲー用品のレンタル、急速充電器の無料貸出しなど

当時、そんなフィールドが存在していたら、どんなに助かったことやら・・。

ま、当時から存在していたとしても、今のようにインターネットが普及しておらず、情報に乏しく知ることが出来なかったと思いますが・・。




私の場合、
電動ガン、ゴーグル、それに迷彩服といった必要最低限のものは、なんとか揃えましたが、
その他の装備品はなかなか買えませんでした。

中でも、急速充電器などは、とても手が出なかったと記憶しています。

あれも足りない、これも無いといった状態でした。

( 昔は、今と違い、ラジコン用の充電器など、高価でしたから・・)



その後、少しづつ買い揃えて、今では、たくさん所有していますが、
今、足りないのは、若さ&体力 ということに最近、気がつきました・・・。





亜羽音さん




会食の中での話しに戻りますと

サバゲーに興味があり、いちどやってみたいと切実に思っている20代の若者には下記のようなタイプが存在するようです。



たくさん所有している年配者がサバゲー用品を全て無料で提供して連れていくのが当然。

もしくは、連れていって欲しいと願っている。



また出来る限り、お金を使いたくないので、サバゲーに誘った年配者が参加費を支払って欲しい。

自分で払うなら、参加費は千円以下。

もしくは無料のフィールドが望ましいと考えている。



本当に、こんな腹立たしい連中が増えてきているとベテランゲーマーは嘆きました。



もちろん、20代の若者全てが、こういうタイプではありませんが、
鼻について、嫌気がさすことが多い ということは、やはり増えているのでしょう。





亜羽音さん




続いて 「 くれくれ 」 タイプの若者の話になります。



このタイプは、私の職場でも増殖傾向にあります。

「 くれくれ 」 タイプとは、

お世辞を言いながら、年配者にすり寄ってきて貰えるものは何でも欲しい

それこそ 飴玉の1個でも貰いたい と考えている気持ちの悪い若者のことです。



往々にして 「 お金を使わない若者 」 = 「 くれくれ 」 である場合が多いようです。



今回、千葉のサバゲーに参加した某チームさんでも、「 くれくれ 」 タイプ が増えてきているようです。

使っていない服があれば安く譲って欲しいと何度も頼んでくるので、

あるベテランゲーマーが、「 俺のSASスモックいるか? 」 と言ったところ、



「 うわぁ~ 英国特殊部隊のSASスモックですかぁ~  凄いなぁ~  そんな凄い服、一度でいいから着てみたいです! 」

と20代の若者。



「 ボタンがスロットタイプになる前の旧型だけどいいか? 」 とベテランゲーマー。



昔、SASにあこがれて入手したものの、結局、英軍装備を揃えることなく、ずっと着ないで持っていたのだそうです。



「 是非! 是非! お願いします! 」 と若者。



ベテランゲーマーは、若者に安く譲ってやろうと思い、大盤振る舞いで

「 五千円でいいよ! 」 と言ったところ、



「 ご、ご、五千円!  うわっ 高っ! 」 



と吐き捨てるように言って ぷいっ とそっぽを向いて、ふてくされて口をきかなくなったそうです。



最近の傾向として、
年配者から不用品( 電動ガンそれに衣類&装備品 )を譲ってもらう場合の金額の上限は、
新品でも3千円までという話を聞きました。千円ぐらいで譲ってもらえる物を欲しがるのだそうです。



さらに、あるベテランゲーマーが中田商店でオマケでもらったグローブを使わないからと言ってあげたら、
それが癖になり、不用品をタダで貰いたいと願う連中が増えて千円の金も出し渋るようになったそうです。



すりすり すり寄ってきては、鉄砲&装備品はどのくらい持っているのか? 

と言葉巧みに聞いてきて、その数&内容を正確に把握することに努め、

○○さんは凄いですね~ 俺、本当に尊敬していますよ! などとお世辞を言い

そういえば、6Cデザートの迷彩服、今では全然着ていないんですか? 

と くれくれオーラを発散させるのだそうです。



「 頂戴! 」 「 頂戴! 」  おねだり&おねだり  



こういう気持ちの悪い若者が増えているとベテランゲーマーは嘆きました。



もちろん、20代の若者全てが、こういうタイプばかりではありませんが、
10年前は全く気にならなかったのに、最近、鼻につくことが多くなっているのは、やはり増えているからでしょう。





亜羽音さん




今回の定例ゲーム終了後、

某チームさんのリーダー格の方が参加メンバー全員に声をかけて食事に誘いました。

その中で、数名の若者は、



「 お金が無いから行けない 帰りの交通費しか所持金がない 」  と言いました。



リーダー格の方は、

「 食事はやめて、今回は、ここで解散にしましょう! 」

と全員に告げてフィールドの入口の前で解散になりました。



リーダー格の方が私の側にやってきて

「 ちょっと 飯につきあって欲しい 」 と耳打ちしました。

こうして金が無いと言った若者を除いて、後からベテランだけで合流して会食になったのです。




会食の席でリーダー格の方は、



「 本当は飯ぐらい おごってもいいと思っているし、本当はあいつらも誘ってやりたかったんだ! 」



「 だけどな 金が無いと言えば おごってもらえると思って癖になるしな! 」



「 金で仲間を集めるべきではない! 」 と言い切りました。



「 金で仲間を集めるべきではない 」  この台詞がとても印象に残りました。




サバゲーも、第二世代、第三世代に入り、サバゲーをやっている年配者に知り合いが居れば、
今の若者は、労せず、電動ガンから迷彩服、装備品に至るまでタダ同然で揃えることが可能な時代になってきていると言えます。

こういう気持ちの悪い若者は、ある意味、時代の寵児? なのかも知れませんが、

我々のような、サバゲー = ベトナム戦装備 という記憶が残る年代にとっては、

どん引き 以外に言葉が見つかりません・・・。





亜羽音さん




スポンサーサイト

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

  1. 2010/01/25(月) 15:57:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ