FC2ブログ

杉並ワークス

タイガーストライプの撮影


ミリタリー ブログランキングへ


実物タイガーストライプ写真集の撮影




今回は、現在制作中の 「 実物タイガーストライプCD-ROM写真集 」 の撮影に関して、
スナップ写真を交えて具体的に説明してみたいと思います。




・・・昨日は、日曜日だというのに出勤で、Vショーにさえ行くことが出来ませんでした。

仕事に忙殺される日々の中で、自分の時間などほんの僅かです。

私の場合、細々と続けている、この写真集の制作が、現在、唯一?とも言えるミリタリー系の活動になります。





アパレル商品撮影専門のスタジオ




撮影を行っているスタジオは、こんな感じの所です。

因みにアパレル商品撮影専門のスタジオです。





衣類の撮影専門のスタジオ




俗に 「 置き撮り 」 と呼ばれる衣類の撮影スタイルになります。

ジョンソンさんの 「 パターンブック 」 に掲載されている、
ほとんどのタイガーストライプの写真は、 「 置き撮り 」 写真です。

厳密には、 「 白バック 」 もしくは 「 白抜き 」 と呼ばれる商品撮影スタイルの写真になります。





アパレル商品撮影専門のスタジオ




貴重なコレクションを提供して戴いている兵庫県のタイガーストライプ・コレクター様から、
「 パターンブック 」 と同様の写真にして欲しいという要望がありました。

つまり、写真の質、クオリティの面で 「 パターンブック 」 と同様の写真ということになります。




こうなると、カメラを持っていなければ写真が撮れないのと同様に、
本格的なスタジオを使用しなければ、パターンブックと同様の写真を残すことは出来ないと判断しました。




自宅では撮影出来ないのか?

という話になりますが、
完璧なライティング&仕上がりを目指すなら、やはり、こういうスタジオが必要になります。




ホームセンター もしくは、本格的な撮影機材を扱う家電量販店などで売られている
「 スタジオ撮影セット 」 という商品を御存知ですか?

「 商品撮影セット 」、 「 WEBセット 」 等、名称はいろいろですが、
ドーム型テントのようなセットの中に、撮影したい小物を置いて、付属の照明をセットして、デジカメで撮れば、
誰でも、プロ顔負けの商品撮影が可能という ふれこみ の撮影セットです。

机の上に置けるような小型のものから、それこそ、実際のキャンプ用テントくらいの大きさのものまで各種存在します。

値段も数千円で買えるものから、何十万円というものまで各種、各種といった感じです。


今回、撮影に使用しているスタジオは、
こういう 「 撮影セット 」 を、さらに本格的に&大型にしたものです。





スタジオ用照明機材




照明は、俗に 「 ジェネ 」 と呼ばれるストロボです。

これは発光する部分のフラッシュヘッドと電源部分が分離しているタイプのことです。





ジェネレーター
電源部分(ジェネレーター)





プロ用照明機材




因みに、発光部分と電源部分一体型のスタジオ用大型ストロボのことを、
一般的に 「 モノブロック・ストロボ 」 と呼んでいます。

モノブロックは、私も所有していますし、
コスプレ撮影会などで使用されるカメラマンさんを時折、見かけますが、
「 ジェネ 」 に関しては、自宅を改装してスタジオ化でもしない限り、
アマチュア・カメラマンが使うことはないかと思われます。





モデリングランプ




・・・この灯で撮っている訳ではありませんよ。


これはモデリング・ランプと呼ばれる灯で、光の当たり方を見る為のものです。

モデリング・ランプで、光の当たり方を調整します。





実物タイガーストライプの撮影




撮影は、大型脚立の上から行っています。

広角系レンズを使えば、近くで寄って撮ることが可能ですが、
やはり、どうしても広角系レンズは微妙に歪みが出ます。

ありのままの衣類の姿を きちん と写真に収めるには、
やはり、ある程度の距離が必要です。




余談になりますが、
このスタジオは、元々は倉庫 ( 材木置場 ) だった所を改装して使用しています。

なので、天井がもの凄く高く、こういう撮影が可能になります。

一般的な家庭の天井の高さなら、頭がぶつかってしまうと思われます。





実物タイガーストライプの撮影




冒頭の画像と重複してしまいますが、
1枚撮る度にモニターで光の加減、色合い等、所謂 「 映り 」 を入念にチェックします。





実物タイガーストライプ写真集の撮影




・・・最後に、

私は、素人が制作したミリタリー系の出版物だから、質が悪くても良い などと思っていません。

必ず、同等レベルで作る。 これが 「 杉並ワークス 」 の悲願であり、また信条でもあります。





スポンサーサイト

テーマ:トイガン・ミリタリー系 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/20(月) 21:46:18|
  2. ROM制作ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0