杉並ワークス

ギンギラギンにわざとらしく

人気ブログランキングへ


亜羽音さん




コスホリック04 にて頒布予定のROMの内容が不明とのことなので説明などしてみたいと思います。







最初にタイトルの話から。

昔、大阪に、エリカクラブ というナチスドイツ軍装品の専門店がありました。

10年以上前に社名変更して、現在は、大阪エスアンドグラフ という名称になっています。







インターネットが普及する前は、取扱商品を掲載したカタログを作るお店が多かったように思います。

ERIKA CLUB のカタログも、その中のひとつでした。

ERIKA CLUB のカタログを見たのは、1994年頃だったと記憶しています。

取扱商品であるナチスドイツの軍服を女性モデルの着用写真で紹介していました。





衝撃的!でしたね。





そんな、写真、今まで見たことがなかったからです。

この時、複数の友人と ERIKA CLUB のカタログを見たのですが、
皆、ドイツ軍の制服のカッコ良さに感動していました。

友人の中には、ミリタリーに全く興味のない人間も混じっていたのですが、同様に感動していました。

しかし、軍服は、メチャクチャ格好良かったのですが、軍服を着ている女性モデルは最悪でした!





「 酷いな! まるでビニ本のモデルみたいだ! 」





私を含めて、友人は皆、同じことを口にしました。

ビニ本とは、「 ビニール本 」 の略になります。

1980年代に青春(性春?)の日々を過ごしていない方には、ビニール本と言っても意味不明だと思われますが、
ビニ本に関しての説明は省略させてください。







・・・こんな、しょーもないプログ見ていないと思いますが、

この女性モデルが、当時のエリカクラブの社長の恋人、

もしくは、現在の大阪エスアンドグラフの社長の奥様だったりしたら、

かなり気分を害すと思われますので、本当はこういうことは書きたくないのですが、

内容上、避けられないので、あえて記載しました。







もし、この女性モデルが、可愛い女の子&美しい女性だったら、

私は、こんな写真集を作ることはなかったと断言できます。







ERIKA CLUB のカタログこそ、今回のROMの原点であり、

当時のカタログで残念に思えた部分を補う形で制作に踏み切りました。





タイトル:Erika Club 2

2011年12月30日完成&頒布予定。

( 10年以上前に社名変更しており、現在は使われていない名称ですが、念の為にスペルを変えています )





亜羽音さん





亜羽音さん





スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2011/11/26(土) 00:41:38|
  2. ROM制作ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2