FC2ブログ

杉並ワークス

OPSサバゲー/まとめ


ミリタリー ブログランキングへ


OPSサバゲー/まとめ




最寄り駅:

小田急線「 新百合ヶ丘 」駅


駅を出ると、都会的で綺麗な街並みに ちょっと びっくり。

本当に こんなところにサバゲー場あるのか? なんて思ってしまいます。

少なくとも 私の地元より モダンな雰囲気の地域です。





・・・私の地元。
・・・私の地元。





OPSサバゲー/まとめ




立地:

高台の森林フィールド


カーナビに住所を入力して車で向かったら、 途中 山道&峠道にさしかかり、ずっと 登り勾配が続きました。

東京のサバゲー場に行くのに なんで こんな ワインディングロード なんだ?  と思いましたよ。

OPSフィールドは、本当に 山の上 にある森林フィールドなんですね。

おそらく 宅地造成で 全て市街地に変わってしまったんだと思われますが、ゴルフ場に隣接している 丘の上にだけ山林が残っている という感じです。

眼下には 街並み が広がるロケーション。

数ある有料サバゲー場の中でも 珍しいというか 素晴らしい立地 だと言っても過言ではない感じです。







こんな話( 概要 ) ばかり続けると、

そんなことは どーでもいい  実際のサバゲーはどんな感じなのか?  と思う方が必ずいますので、

概要の続きは次回以降にして サバゲーの話 行きます。





OPSサバゲー/まとめ




今は、( 有料サバゲー場ができてから )

昔と違って 同じフィールドで 何年もサバゲーを続ける という人は少ないですね。

知人&友人の紹介がなければ参加できない ですとか サバゲーを開催しているショップで電動ガンを買わなければ仲間に入れてもらえない なんてこともありません。

受付をして お金を払えば 誰でも気軽にサバゲー参加が可能です。

有料サバゲー場も 選べるくらい たくさんありますので 好きな時に 好きな場所で サバゲーができる時代になりました。







転戦が容易になったぶん 毎回 同じ 顔ぶれで何年もサバゲーをやる ということ自体珍しくなりました。

特定のサバゲー場を拠点としている方々もいますが、( 俗に 常連 と呼ばれる方々 ) 貸切でもない限り、参加者全員 常連 なんてことは まず ありません。 

むしろ 常連は一握りであり、大半の参加者は ビジター になります。

ビジターは流動的です。

つまり、あっち こっち いろんなサバゲー場へ行くということです。

参加者が流動的なので ここのサバゲーは こんな感じ!  と一概に言えないのも また事実です。

毎回、毎回、その日、その時、で異なりますので、一概には言えないのですが、それでもOPSサバゲーについて 印象に残ったことを記載してみたいと思います。





OPSサバゲー/まとめ




初参加・初ゲーム。

開始と同時に走って出て行く味方を見送った後、 あえて最後尾からスタートしました。

はじめて行く サバゲー場における 初ゲーム/最後尾スタートは、いつの間にか マイブーム になっている感があります。

というか 開始直後の全力疾走、いわゆるスタートダッシュは36歳くらいまででしたね。

それ以降は やった記憶ないです。

( 疲れますから・・。)

無駄な動きを極力避けて 省エネで戦うのがオサンになってからのサバゲーです。

( 私はハイキング感覚のサバゲーと呼んでいます。)







あわてず、ゆっくり歩いて 周囲の参加者の装備、鉄砲など観察しながら 前線に向かいます。

この日も そんな感じでした。

が、

私の後方を 駆け抜けて行く集団が目の隅に入りました。

一瞬、味方が戻ってきたのかと思いましたが、 走り方からして違うので すぐに敵だと気づきました。




( ・・そ、 そんなバカな )




そして そのまま すぐに フラッグが落ちて ゲーム終了。




( そんな簡単に 後ろなんて とられる筈ないだろー! )




ハイキング感覚のサバゲーなどと やる気のないことを言っている自分を棚に上げて 味方の不甲斐なさを心の中で罵りました。

ま、開始早々 間隙を突かれたんだったら 仕方がない 偶然が重なれば 稀に こういうこともある  と自分に言い聞かせました。

( ・・・それでも 一抹の不安が残りましたが。)





OPSサバゲー/まとめ




しかし、

その後のゲームで 偶然が重なって 簡単にフラッグをとられてしまった訳ではないことを すぐに知ることになります。

連戦連敗が続きました。

惨敗なんて 簡単に言えないくらい 酷い内容でした。

味方は すぐに 総崩れ!

敵は ほとんど無傷に近い状態で大勢残っているのに 味方は 私を含めて4人くらいしか残っていませんでした。




( ・・ありえない   いくらなんでも  こんなの  ありえないだろー! )




軽く パニくる私。

容赦ない敵の猛攻を浴びて 立て続けに ヒットコールがあがります。

手をあげて フィールドから去って行く 味方が視界に入りました。

・・・1、2、3、  3人。




( げ、げげげーっ!)




とうとう 私1人になってしまいました。




( ラストマン・スタンディングじゃないかー   ・・ち、違うだろー! )




かなり パニくる私。

ボクシングの試合なら ここでタオルが投げ込まれるでしようね。

運営さん、もう ここでゲーム終了でいいよ!

そう思って スタッフの方を見ましたが、 スタッフは知らんぷり。

( サバゲーに タオルなんて ありませんから。)

去って行く 3人 にくっついて 私も去ろうかと思いましたが  一瞬  遅かったです。

すぐに 敵の攻撃が始まりました。







一斉射撃  につぐ 一斉射撃。

遮蔽物から 顔も出せないくらい 凄まじい数のBB弾が 私が居る付近に集中します。

そして、次から 次へと 敵が突入してきました。

( 敵さん、連携とれています。)

せめて 一矢報いたい私は 突っ込んできた敵に銃口を向けました。




( ・・うっ! )




私が撃つより はやく BB弾が 私の身体に当たって弾けました。

同時に後ろからも撃たれました。




「 ・・うがぁっ!」




後頭部に 数発 命中! 




「 ぐわっ! 」




さらに顔に食らいました。

ここで ようやく ヒットコール。

敵さん満面の笑顔で フラッグをとって ゲーム終了。




( こ、こんな酷い負け方は はじめてだー! )




愕然となる私。

その後、すぐに 戦力調整が入りました。





OPSサバゲー/まとめ




( 戦力調整って なんだ? そんなの聞いたことないぞ! )




OPSのホームページには記載があるのですが、実際に 見たのは はじめて でした。

戦力調整とは、戦力を拮抗させる為、人員の入れ替えを行うことです。




( そんなの  屈辱的だろ! )




私は嫌な気分になりました。

本当は運営さんも こんなこと やりたくないんだと思いますが、

やらなかったら、 それこそ1日中 ワンサイドゲームというか 一方的にやられるだけで サバゲーにすらならない。

戦力調整 = 苦肉の策  という感じです。





OPSサバゲー/まとめ




なんで   こうなるのか?   なってしまうのか?

私なりに考えました。

そして すぐに結論が出ました。

まず、私の感覚が古い ということ。

何年も同じ顔ぶれ、同じフィールドでサバゲーをやっていた頃の感覚 記憶が抜けきっていない ということです。

同じ顔ぶれ、同じフィールド、これだと 毎回 どんなチーム分けをしても 戦力が拮抗しますが、今は違います。




「 今日が サバゲー初めての方 手をあげてください!」




朝のミーティングで呼びかけているスタッフの姿が脳裏に浮かびました。

そして、初心者だけ集めて注意事項等 説明を行っている光景が甦ります。

OPSに限らず、どこのサバゲー場でも、  こんなに たくさん いるのかっ!  と驚くほど 毎回、毎回、初心者が大勢います。

( なんでも 今は サバゲーブーム なんだそうです。)

これが 味方撃ちなどを含めた ありえない展開の要因になっているのは否めない感じです。

それから もうひとつ。

経験値の 差 がモロに出るサバゲー場と、そうでないサバゲー場があります。

どちらかと言えば、 OPSは前者の部類のサバゲー場になるのかな?  という気がします。





朝のミーティング




経験値の差がほとんど出ないサバゲー場って どんな感じなのか?  と言えば、

引き分けフィールド  ですとか  膠着フィールド  などと揶揄されるようなサバゲー場です。

個人個人好きなように、各個バラバラに戦っても フラッグをとられることもなければ、とることもない。

バリケード越しの激しい撃ち合いで、お互い何十人単位で数を減らして行きますが、それでも両軍共に かなりの人数がフィールドに残ります。

そして そのままゲーム終了、引き分けです。







文章にしますと なんだか つまらないサバゲー場みたいな印象を与えてしまうかも知れませんが、決して そんなことはありません。

敵が撃ってきて こちらも撃ち返す、 何より サバゲーやってる感がありますので、初心者などは大満足です。

初心者でなくても 敵に向けて 電動ガンを発射するという行為は こういう場所でしか出来ないので、童心に返って1日楽しめます。

ひとことで言えば 万人ウケ するサバゲー場ということになります。

こういうサバゲー場に 今日がサバゲー初めて という方を連れて行くと  サバゲー楽しい!  また行きたい!  と必ず言うんですよね。







・・・OPSはどうなんでしょうね。

初めてのサバゲーがOPSだった方は、またサバゲー行きたいと思うでしょうか?

この辺りは 人それぞれ なので なんとも言えない感じですね。





OPSのバリケード




上記掲載画像は、OPSのバリケードです。

見ての通り ただのバリケードなんですね。







こんなこと書いていると

おまえ いったい なに言ってるんだ?  と思われるかも知れませんが、

「 銃眼 」などありませんし、また いい感じで バリケードが切り取られていて 遮蔽物に身を隠して敵を撃つ ということが出来ません。

というか、

OPSのルールでは バリケードの隙間から撃つのは禁止です。





PHS-5




上記掲載画像は、バリケードの隙間から撮影しています。

広角レンズを使用していますので、広く見えるかも知れませんが、実際は隙間 そんなに広くありません。







OPSの場合、こういう隙間に銃を入れて撃つことが出来ないのです。

つまり、敵を撃つには バリケードから多少なりとも 身体を出さなければならない ということです。

敵を撃つ = 自分自身も敵から撃たれる可能性がある ということになります。

被弾する確率少なく 敵を撃てる訳ではありませんので バリケードに、アドバンテージないですね。

こじつけみたいになりますが、この辺りは 昔の森林戦の雰囲気を残しているような気がします。

( 木は遮蔽物ですが、どんな大きな木に隠れていても 射撃時は身体半分くらい露出しますので。)







それから、昔の森林戦は 人数の均衡が崩れると 戦線を維持できなくなって 勝敗の流れが イッキ に傾きましたね。

OPSの場合、銃眼から撃ちまくるといった 被弾する確率の少ないバリケード防戦出来ませんので、やはり、人数の均衡が崩れると 昔の森林戦のように 勝敗が決まってしまうことが多いように思います。




土日等、参加者が大勢集まる休日でも、引き分け少ないですね。

必ず、フラッグが落ちて終わることが多かったです。

運営さんは あえて こういうスタイルのサバゲーを目指しているのかな?  という感じです。




OPSサバゲー/まとめ




え~と 最後に、

私がどんな感じでサバゲーをやっているのか? と言えば、

基本的に 他力本願 ですね。

近くの参加者と 足並みが揃って 連携がとれる日は いい感じのサバゲーになりますし、

そうでない日は ぼろくそに負ける という感じです。

ひとりで張り切っても どうにかなるものではありませんし、OPSサバゲーは総合力だと思いますので。





OPSサバゲー/まとめ

スポンサーサイト

テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/27(木) 17:11:03|
  2. サバゲー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ