FC2ブログ

杉並ワークス

猫ぶろぐ【48】

猫ぶろぐ【48】







当初は、少し経てば元通り仲良く暮らすようになるのでは? 

と考えていましたが、

1ヶ月経っても、2ヶ月経っても、ダルちゃんへの暴力はやむことがありませんでした。

母猫、それに姉たちは、 この場所から出て行け! と言っているのだと思います。

しかし、行くあてのないダルちゃんは、食べ物を求めて 毎日、この場所へやってきます。







姉猫に遭遇すると、以前は身体を低くして 犬のような声で唸っていましたが、しばらく経つと ごろんとお腹を見せて横になるようになりました。

それでも姉猫は、からかうように ちょっかい を出した後、しこたま殴り、たまらず逃げ出したダルちゃんを追いかけて捕捉した後、さんざん痛めつけています。

それも 憎悪剥きだしで。




( 最初から 逃げれば いいのに・・・。)




いつも 見ていて そう 思いました。

この辺りが オス猫の侵入 とは違うところです。

番長グループの姿を見たら、一目散に逃げれば殴られずにすむかも知れないのに、なぜか逃げずに その場に留まるのです。

何れにしましても、もう限界だと思いました。

このままの状態で、それこそ半年先までダルちゃんが生きているとは到底思えません。







虐待は2ヶ月以上に及びました。

この頃になると、3日にいちど くらいしか現れなくなりました。

他でエサ場が見つかったからではなく、姉猫たちの暴力が相当こたえているように見えました。

3日にいちどが、5日にいちど になり、 いつしか この場所へ来なくなる。

どこかで野垂れ死にですね。

ダルちゃんが力尽きるのは時間の問題だと思いました。







猫ぶろぐ【48】







( どうしたもんかなぁ・・。)




夜中、ベランダで煙草を吸いながら考えました。

見殺しにするか、助けるか、私の中で葛藤がありました。

助ける場合、ネット通販で捕獲カゴを入手して捕まえて保護する。
( 文章にするのは簡単ですが、なにせ やったことがないので上手く行くのか不明なんですが。)

首尾よく捕まえることが出来たら、とりあえず たらふくエサを食わす。

ここまでは計画が立てられるのですが、その先、先の先が見通せません。

愛護に見限られて 帰された猫ですから、 すみやかに飼い猫になるとは思えませんし。

・・・約2ヶ月間、愛護の家で生活していた筈なんですが、人間に慣れ親しむようになったとは到底思えないからです。




( どうしたもんかなぁ・・。)




そんなことを考えながら煙草を吸っていると、 みー みー 猫が鳴く声が風に乗って聞こえてきました。




( そ、そんな馬鹿な・・。)




過去、何回か聞いたことがあります。

生まれたばかりの猫、生後1ヶ月経っていない猫の鳴き声です。







猫ぶろぐ【48】







この地域のメス猫は、根こそぎ愛護に捕まって避妊手術されましたので生まれる筈ありません。

なので、最初は幻聴かと思いました。

疲れているのかな? ・・・人生に。 

なんて思っていましたが、その後も度々、鳴き声を耳にしました。







生まれたばかりの猫の鳴き声を聞いた直後、番長グループは忽然と姿を消しました。

入れ替わるように、新しいボス猫がやってきました。







番長グループがいなくなると、ダルちゃんが戻ってきました。

新しいボス猫は、戻ってきたボロボロの猫を咎めたりしませんでした。

それを いいことに ダルちゃんは毎日、隣家の奥さんの庭でエサ待ち。

エサが出ると、一番乗りで、たらふく食べるようになりました。

そして、

そのまま隣家の奥さんの庭に居ついて、今でも生きています。







猫ぶろぐ【48】




スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2016/02/29(月) 02:11:57|
  2. 猫ぶろぐ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ