FC2ブログ

杉並ワークス

DPM迷彩防寒帽【Vol.2】


ミリタリーランキング


British Army Extreme Cold Weather Hat







フォークランド紛争後、

1984年~1985年にかけて被服類のモデルチェンジ及び仕様変更が行われました。

変更後の製品は、 Pattern 85 と呼ばれています。

※モデルチェンジ及び仕様変更は1985年ではなく 1984年 だとしている英国人コレクターもいますので、1984年~1985年にかけてと記載しました。







P85スモック&トラウザスが制式採用され、P68スモック&トラウザスは廃止。

KFシャツも廃止になり、コットン製のGSシャツが登場します。

その他、フォークランド戦で使われた被服類の大半は、僅かな仕様変更で生産が継続されました。







P68からP85への移行は、特に目新しいモノは無いですね。

WW2時代から続いたウールシャツの歴史が終わったくらいで、あとは特筆に値するようなことは何も無いです。

僅かな仕様変更というか、手直しで、金をかけずに旧型を最新型にしてしまう という この時代の英軍の特徴のような気がします。







フォークランド紛争・英軍装備







DPM迷彩防寒帽も、ご多分に洩れず、僅かな仕様変更で生産が継続されます。

フォークランド戦タイプのDPM迷彩防寒帽は、P68~P85時代の Extreme Cold Weather Hat になるのですが、実際にフォークランドで使われたPattern 68 ECW帽は、すでにサープラス市場から姿を消しており入手困難です。

現在、英国サープラス店、eBayオークション等で販売されているDPM迷彩防寒帽は、基本的に1985年以降の製品です。

着用前提なら、選択肢はこれしかありません。

このECW帽が枯渇したら、もう終わりです。

これ以降の製品となると、ゴアテックス(MVP)製になりますので、視覚的にも フォークランド戦の代用には ちょっと厳しいと思いますので・・・。







まぁ すぐには枯渇しないと思いますが、10年とか、15年くらいの長いスパンで見たら、入手困難になっている可能性は否定できないと思います。
( 特に帽子は枯渇して消えるのが早いので・・。)

今なら、サイズ&程度が選べて 安く買えるサープラス品が まだまだ たくさん転がっていますので、今が 『旬』 かも知れません。







DPM迷彩防寒帽




British Army Extreme Cold Weather Hat




フォークランド装備




DPM迷彩防寒帽




DPM迷彩防寒帽




スポンサーサイト

テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/10/30(火) 23:11:36|
  2. フォークランド装備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ