fc2ブログ

C101土曜日・東地区 ア-11a 杉並ワークス

P38ホルスター【Vol.2】


ミリタリーランキング


P38ホルスター・後期タイプ

ソフトシェルタイプ・後期型







P38ホルスター・実物品

実物品







数年前、欧米のミリタリーショップに出回った デッドストック新品のP38ホルスターです。

私は、米国ATFから買いましたが、欧州のミリタリーショップで買っても、刻印は同じ  0/0833/0007 になります。

製造年の刻印はありませんので、製造年不明です。

商品説明によると、RB.Nr.0/0833/0007は、ノイウルムのハンス・レーマー製とのこと。(Hans Römer, Neu Ulm)

欧州のミリタリーショップでは、Polizei P38 Pistol Holster として販売されていました。

刻印、警察なんだそうです。







南ななせ







米国ATFから届いた P38ホルスター あまりにも綺麗だったので驚きました。

ステッチの「白」は、経年により茶色っぽく変色していますが、黒革は、80年代製造品のアメリカ軍・ガバメント用ホルスター(デッドストック新品)と大差ない感じです。

早速、マルゼン製P38を入れてみましたが、全然入りません。




( ほ、本当に新品だ・・。)




ちょっと びっくりですね。

このままの状態で保管するか迷いましたが、保革油を塗ってマルゼンのP38を収納することにしました。







P38ホルスター・実物品




P38ホルスター・後期タイプ







・・・余談になりますが、

使わずに保管していたレプリカ品のP38ホルスターをヤフオクで売却したことがあるのですが、落札者様から、マルゼンのP38が入らないと連絡がありました。




・マルゼンのP38はリアルサイズなのに入らないのはおかしい

・本当にP38用のホルスターなのか




こんな内容だったので、今回ブログ掲載している 綺麗過ぎるホルスターよりも驚きました。

おそらく、この落札者様は、革製ホルスターを使ったことがないのでしょう。

新品の状態だと銃は入らない、保革油を塗って馴染ませてから使うんですよ と返答しました。







・・・数日後、

ミンクオイルを塗って試したが全く入らない

P38が入るとは思えない

とクレーム連絡がありました。

どんなホルスターでも、最初はそんな感じです と返答。

それでも納得せず、

本当にあなたを信用してもいいんですか

海外製の中には、P38用と書いてあっても入らない物があると、詳しい人から聞いたことがある

などと言ってきました。







( ウザい ウザ過ぎる・・。)





( 入らない 入らないって キミは童貞なのか。)







よっぽど そう言ってやろうかと思いましたが、さすがにヤフオク・取引ナビで、そんなこと言えないので、

1日とか、2日くらいでは入らない

毎日、保革油を塗りながら、徐々に徐々に入れていくので時間がかかる

それでも、80年代くらいの米軍放出品のホルスター(デッドストック新品)とかと比べたら、レプリカ品の方が時間的には早く銃が収納可能になると思う

と返答しました。







20日くらいかかりましたが、無事にマルゼンのP38が入ったと連絡がありました。

取引ナビの文面から、青臭い雰囲気が漂っていましたので、この落札者様は 『童貞』 に違いないと確信しました。







南ななせ







青臭い童貞などと書きましたが、もしかしたら、今はそういう時代なのかも知れませんね。

70年代~80年代くらいまでのガンマニアの人は、革のショルダーホルスターとか好きな人が多いというイメージがありますが、今は、タクティカルなホルスター全盛の世の中ですから。







ある撮影会から、時折、メルマガ(撮影会の案内メール)が来るのですが、

横浜開催(野外ポートレート撮影)の時は、毎回、下記のようなメールが届きます。



『エンディングでタカとユージが走った場所です

現在は綺麗に整備されていて昔の面影はありません

今の若いモデルさんは「あぶない刑事」を知らないみたいです』



知るわけ ないだろって 感じですよね。

今は、そういう時代ということです。







南ななせ




南ななせ




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/08/08(月) 00:38:26|
  2. P38ホルスター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<SS 迷彩規格帽【Vol.6】 | ホーム | SS 山岳帽【Vol.4】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://combatcompanion.blog28.fc2.com/tb.php/1039-c3d95bcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)