fc2ブログ

C101土曜日・東地区 ア-11a 杉並ワークス

SS 山岳帽【Vol.5】


ミリタリーランキング


SS規格帽/Prinz Eugen仕様

Schmidt & Sohn工房製







岩泉れいな







・・・先日、

5月のVショーでSCHMIDT工房さんに修理及び改修を依頼した SS規格帽(2006年製)が京都から届きましたので、写真撮ってみました。

修理はバイザー芯の交換です。

バイザー芯が折れてしまいましたので。
(普通に使っていれば、バイザー芯が折れるなんてことはないと思うのですが。)







10年以上前の話になりますが、

ドイツ軍装備でサバゲー参加したいという後輩に、電動ガン~被服類まで一式貸し出したことがあります。

そしたら、

全部、ボロボロになって戻ってきました。

僅か1日で、ここまでボロボロになるのか? と思うくらいの酷さでした。







SS規格帽/Schmidt&Sohn工房製







私は不参加だったのですが、15名前後で車を連ねて(分乗して)、千葉県の有料サバゲー場に行くという話になりまして、そのうち半数以上がサバゲー初心者(サバゲー経験なし~1回程度)でした。

初心者の方々は、装備品はおろか、電動ガンさえも所有していない者が大半でした。

サバゲー場で、電動ガン~ゴーグルに至るまでオール・レンタルすると、かなりの金額になるので、それは嫌なんだそうです。

こういう感覚は就職氷河期世代の若者特有という感じでしたね。
(この頃、20代だった人達も、今は40歳前後です。)


そんでもって、

サバゲー用品を所有している友人&知人に必死に頼み込んで、借りて参加するという状況になったのです。







ドイツ軍装備でサバゲー参加したいと言ってきた後輩も、サバゲー用品をなにひとつ持っていない人間でした。

当初は、マルイのAK47とゴーグルだけ貸す予定だったのですが、ドイツにして欲しいなどと言ってきました。

以前、普段着でサバゲー参加して周囲から馬鹿にされたんだそうです。

こういう場所に来るんだったら、それなりの恰好をしないとね などと言われたそうです。

なので、今度はドイツ軍装備で見返してやりたいのだとか。

カッコつけたいなら、自分の金でやれ! 

という話なんですが、仕方なく一式貸し出した次第です。







SS規格帽/Prinz Eugen仕様







・・・後日、

あんな奴に、もう貸さないほうがいいですよ

その日参加した友人が私に言いました。







スリングで地面に銃を引きずりながら、ゲームエリアからセフティエリアに戻ってきたので咎めたら、銃が重いと 悪びれる様子がなかったと言います。

何度、注意しても

撃たれた後は、不貞腐れてスリングで乱暴に銃を引きずって戻ってきたそうです。

おかげで、AGM製MP44は、僅か1日で傷だらけのエイジング加工品に変身していました。

それから、

セフティエリアでの銃の暴発等、とにかく問題行動が多かったと言います。







まぁ、初心者が大勢混じっての団体参加は、サバゲー場で何かと問題を起こす というイメージがありますね。

午前中は緊張していてレギュレーションを遵守するのですが、昼食を食べて、午後になると緩んで弾けて やりたい放題 という感じです。

2人くらいで来ている人は、そんなことはないのですが、団体さんの場合、仲間が大勢いますので気が大きくなってしまうのでしょう。

過去、セフティエリアでの銃の暴発とか、時折、見かけました。

午後になると団体席では、銃にマガジンが普通に刺さっていたりしますから・・。

私は基本的に団体さんの近くには座らないようにしていますが、会場が満員に近い状態で、団体さんの近くしか席が空いていないような時は、ゲームエリアではゴーグル、セフティエリアではシューティング・グラスを必ず付けるようにしていました。(冗談抜きで危険ですから)







岩泉れいな







規格帽のバイザー芯が折れた経緯は不明なのですが、フラッグ目前で撃たれた際、

もの凄く悔しがって

「 チッキショー!」 と叫びながら、

被っていた帽子を頭から取って、何度も何度も、近くのバリケードに叩きつけているのを見たと友人が話してくれました。

あんな奴に、もう貸さないほうがいいですよ と。







これが、自分の金で買った帽子だったなら、そんなことはしないでしょうね。

自分の金で買った帽子、それもSCHMIDT工房さんに発注して、入金後、3か月待ちで届く受注製作の帽子だったなら、フラッグ目前で撃たれたからといって、バイザー芯が折れるまで帽子を叩きつけて悔しがる人は、まずいないでしょう。







岩泉れいな







それにしても、

撃たれて悔しくて絶叫&悔しさのあまり被っていた帽子を叩きつけるといったリアクションをするサバゲーマーを、私は今まで見たことがありません。




そんな奴 今まで見たことないし、聞いたこともない。




その辺りのことを友人に聞いてみると、この日のサバゲー初心者たちの狂い方は常軌を逸していたと言います。

あの年代の奴ら(就職氷河期世代)は、今までよほど鬱屈した人生を送ってきたのか?

今までの人生の鬱憤がサバゲー場で爆発してしまったように見えたと言います。

異常なハイテンションで興奮していて、なにを言っても、聞く耳を持たなかったと。

まるでP国の童貞野郎みたいだと 私に言いました。

友人がタイの女の子(売春婦)から聞いた話によると、バンコクに女を買いに来るようなP国人は、ほぼ100%童貞なんだそうです。

彼女いない歴:生まれてから ずっと。

なので、

部屋に入って裸になると 今までの人生の鬱憤が爆発して 狂った野獣のように売春婦に襲いかかり、かなりの確率で、お尻に入れてくるのだとか。

パキの童貞野郎は女の場所も知らない と憎々しげな表情でタイの女の子が言っていたそうです。

そこは違う 痛い やめてー! と叫んでも、P国の童貞野郎は興奮していて聞く耳を持たず、嫌がって抵抗すると、さらに興奮して力任せに女性を押さえつけてお尻に入れてくる。

P国の童貞の相手をすると、かなりの確率で、お尻を怪我するので、P国人はタイの売春婦からメチャクチャ嫌われているそうです。







日本の童貞ボーイは、 入らない 入らない と言って 涙目になるイメージですが、

P国の童貞野郎は、 狂った野獣と化して 力任せにお尻に入れてくる といった感じですね。







少し話が脱線していますが、

あの年代のサバゲー初心者は、話に聞いていたP国の童貞野郎とイメージが重なった と友人が言っていました。







SS規格帽/Schmidt&Sohn工房製







・・・最終的に私は、

自力でサバゲーができない人を誘ったり、連れて行ったりしてはいけない という結論に達しました。

ひとりではサバゲーに行けないような人のお手伝いをしても、趣味として定着しませんから。







SS規格帽/Prinz Eugen仕様







・・・その後、

エイジング加工品と化したMP44をヤフオクで処分。

傷だらけなのでジャンク品として出品しましたよ。

AGM製MP44は、ドイツ軍装備でサバゲーを戦える数少ない鉄砲だったので、壊れた時の部品取りなども考えて、ふたつ持っていました。

ひとつは売却、もうひとつはショップに依頼して内部調整しました。

衣類なども、ほとんど処分して、後輩に貸し出した軍装品の中で、最終的に手元に残ったのは、米国SMW社製のベルト&バックルとバイザー芯が折れたSCHMIDT製・SS規格帽のみになりました。







バイザー芯が折れている状態で、このまま所有するのは残念でなりませんでした。

そこで今年の1月のVショー会場で、バイザー芯の交換修理は可能か、駄目もとで聞いてみたのですが、快く引き受けてくれました。

借りたものを絶対に返さない奴とか、入金しても永遠に納品しない業者とか、

ミリタリー界もいろいろですが、

16年前に販売した商品の修理をしてくれるという 奇特なお店 もあるんですね。







SS規格帽/Prinz Eugen







改修は、SSエーデルヴァイス帽章の取り付けです。

上記掲載画像を念の為、SCHMIDT工房さんに送って確認して頂きました。

1個ボタン型のSS規格帽(SCHMIDT製と同型)で間違いないとのこと。

写真には写っていませんが、7SS兵士が被っている規格帽ですから、左側面にエーデルヴァイス帽章が付いている筈です。







作業完了後、京都から届いたSS規格帽は、バイザー芯を交換したとは思えないような綺麗な仕上がりでした。

エーデルヴァイス帽章の取り付けだけでも、ありがたいのですが、

SCHMIDT工房さんのご厚意で、全体の形状を 1個ボタン型規格帽・装用写真(上記掲載画像)に近づけて仕上げてもらえました。

今年の1月のVショーで打診して、5月のVショー会場で帽子を渡して修理依頼、そして9月に完成したのですが、本当に満足しています。







SS規格帽/Schmidt&Sohn工房製




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/09/23(金) 23:23:23|
  2. SS 山岳帽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<猫ぶろぐ【69】 | ホーム | M39柄付手榴弾【Vol.2】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://combatcompanion.blog28.fc2.com/tb.php/1047-43547b06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)