FC2ブログ

杉並ワークス

HBT作業服【ATF製】


ミリタリーランキング


HBT作業服







タイトルは【ATF製】ですが、掲載画像は【サムズ製】になります。

予めご了承ください。







HBT作業服







サムズ製は、もう売っていないのでATF販売品を新たに調達しました。







・・・2011年~2012年頃、

ATFは、HBT作業服を販売していました。

"Texled"と呼ばれる自社製品(米国製)です。




ぺらぺらの薄地の安物とは違う

安いのが欲しいなら 生地の薄い アジア製を買えばいい




みたいな 

例によって例の如し の商品説明で販売されていました。

名指しは避けていますが、アジア製とは、中国、インド、パキスタン製のことで、ドイツ軍のレプリカ被服類に関しては中国製を指していると思われます。

当時、この商品説明を見た私は、さぞATF製/HBT作業服は素晴らしい製品なんだろうなって 思いましたよ。







HBT作業服







販売が終了してから、だいぶ月日が経ちましたが、最近、廉価版が再販されました。

ウェブサイトの商品説明を見ると、

These are not sold by any other vendors,

「 他店での販売はない 」 との記述があります。

ATFのウェブサイトには生産国の記載はありませんが、購入したHBT作業服のタグには ATF LLC Made in China の印字がありますので、中国に発注して作らせたオリジナル商品で間違いないでしょう。





and this particular uniform was made using our "Texled" patterns from 2011-2012.

「 以前販売していた"Texled"を元にして作った 」





それから、

The fabric is the correct weight,  

という記述がありますが、

コットン生地の厚さは、オンス(重量)で示しますので、「 生地の厚さは正確である 」 という意味になるかと。

ラベルには、リネン(麻)55% コットン45% の表記があります。

2006年頃にサムズミリタリ屋さんが販売したHBT作業服【サムズ製】と比べると、ATF製は厚地でごわごわした手ざわりの生地です。

つまり、

かつての米国製・高級品が、 安くなって甦った ということです。

"Texled"と比べたら、本当に 激安! ですから。

今は もう 日本に限らず 高い軍服 買う人 少ないのでしょう。

中国製の価格に慣れてしまうと、その値段が当たり前というか 普通 になってしまいますので・・。







HBT作業服







素晴らしい HBT作業服が もの凄く安い値段で買えて 大満足なのか?

という話になりますが、

ATFから届いた軍服を手にとった時、




ぐえ~




思わず声が出ました。

ボタンとボタンの間隔が、やけに長い。

間延びしているように長い。

それから着丈も長い。

女の子のスカートみたいです (>_<)







なんで こうなるのか?

なってしまうのか?







やはり、こういう型紙の服が人気なんだろうな・・・。

としか考えられません。

購入層(米国人)向けに作っているのではないでしょうか。

少なくとも、細身で、一見華奢に見えても、服を脱いだら筋肉質で 脂肪なんて無いに等しい男性向けではないですよね。

恰幅の良い男性、それも お腹が出ているような人向けではないか? と思われます。

体型がカバーできて、それでいて見栄えの良い軍服となると こういう型紙になるのではないでしょうか。

ボタンとボタンの間隔を広めにして、かなり下まで持ってくるのは、恰幅の良い体型を ゆるやかに いい感じに見せる為の手法?なのかも知れません。

それから、

着丈が短くてタイトな服だと、お腹が ぱんぱんに 膨らんでいるように見えますが、着丈が長くて ゆったり目の服だと、お腹が出ていても、そんなに目立たない。

ATFはウェブサイトに実物品の画像を載せていますし、実物を知らない筈ありませんから、意図的に そういう服 を作っているのだと思います。

商売ですから、米国で売れない服を作っても仕方がない というか 米国で売れなかったら死活問題ですから・・。







HBT作業服







個人的には、昔のサムズ製の方が カッコ良かったな と思います。




・・・こういうこと言えるのも、撮影用に調達しているからなんだと思いますが。




私自身が着るとなると、

実物品もしくは実物同様のレプリカ服よりも、今回のATF製みたいな服の方が似合う気がします。

確かに実物、もしくは実物同様の服は美しいですし、断然カッコいい!

でも、着る人間がダサいと全て台無しになるんですね。




ダサい服 + ダサい着用者

美してカッコいい服 + ダサい着用者




どちらの組み合わせが良いのか? 

という話になりますが、




私の経験では前者だと思います。

ダサい服 + ダサい人で、さらにダサくなるかと思いきや、意外に中和されるんですね。

中和されて、いい感じに溶け込んで まぁまぁ見れる ということです。







HBT作業服







それから、

送料100.50ドル請求されました!

ウェブサイトから購入手続きをして、送料100.50ドルの表示でした。




ぐぇ~



送料 値上げ になったのか?

相変わらずATF 送料高い とうか 高すぎ!

渋々注文したのですが、後から正確な送料(実際にかかった送料)の連絡が来ました。

ATFによる返金手続きがあり、カード決済の際、6,712円返金されました。







こういう部分が アメリカっぽい というか誠実なんですね。

イギリスなら そんなことしないショップが大半だと思います。

なんだかんだ 米国AT THE FRONT(ATF)は、真面目な店だと思いましたよ。







HBT作業服





スポンサーサイト

テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/06/09(土) 17:48:40|
  2. HBT作業服
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<画像変更及び再掲載のお知らせ | ホーム | Dienstglas 6x30>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://combatcompanion.blog28.fc2.com/tb.php/397-7b229a51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)