FC2ブログ

杉並ワークス

M38ガスマスク収納缶【Vol.2】


ミリタリーランキング


M38ガスマスク収納缶







( これで 最後だろうな・・・。)







年齢的にも、サバゲー用にどこかの国の装備を揃えるのは これで最後になるに違いない と思いながら、池袋に足を運びました。

・・・今から 10年くらい前の話です。

数年ぶりにサムズミリタリ屋さんに行ったのですが、すでに店舗は1階にはなく すぐ近くの2階に移転していました。

はじめて移転後の店舗を訪れ、ドイツ軍の衣類を物色していると







なにかぁ~  おさがしの物がありましたらぁ~   遠慮なく~ おっしゃって くださいねぇ~







昔から居る親切な店員さんが声をかけてくれました。

90年代から何も変わっていない お馴染みの台詞です。







店員さんが声をかけてくれましたので、

ドイツ軍を始めようと思っているが、どの辺から手をつけたらよいのかわからない と相談すると

軍服、それに靴と帽子、あとベルトがあれば、とりあえず遊べますよぉ~

とアドバイスを頂きました。







そんなんで いいのか?



サムズの店員さんのアドバイスに異論を唱える方もいるかと思いますが、

サバゲーと軍装研究は別物なんですよ。







M38ガスマスク収納缶







サバゲーと軍装研究は別物

大袈裟に言えば、スポーツと読書。

それくらい違います。

ミリタリー趣味、ドイツ軍をやっている人と一括りにされているだけで本来は全く別物だと思います。

こういうのはミリタリーに限った話ではなく、他の趣味でもよくある話です。

例えばコスプレイヤーと呼ばれる女性も、ROMレイヤー等、いくつかに分類され、人種も異なるのですが、一括りに【コスプレの人】と呼ばれていますから。







M38ガスマスク収納缶







現在は、マルチカム全盛でウッドランドなど着る人少なくなりましたが、私がサバゲーを始めた頃は ウッドランド迷彩のBDUはフィールドの標準服? といった感じでした。

ウッドランドBDUを着てマルイの電動ガンを抱えている方が大多数だった頃、どこかの国の装備で 銃に至るまで統一しているようなゲーマーは軍装派と呼ばれ周囲から一目も二目も置かれました。

例えば、サムズ製M44ドット迷彩服など着ていれば、武装SSやっている凄い軍装派の人 だと思われたのです。

M44ドット迷彩服と同じ生地で作られた規格帽を被り、帽子正面には髑髏の帽章、側面には鷲章が付いていても、

周囲の人は、  軍装派の人は凄い!  と思いました。

レギンスや雑嚢が代用品であっても、

周囲の人は、 ドイツ軍装備 カッコイイ!  と注視しました。

さらに、タナカもしくはマルシンのKar98kにマルイのVSRを移植したカスタム銃など抱えていれば、

銃も凄い!  凄いカスタム銃だ  と周囲から賞賛されたのです。







そもそも、サバゲーはBB弾を撃ちこんで敵を倒し、旗を獲るのに、体力と気力そして情熱を注ぐ遊びです。

東京近郊の有料サバゲー場では、あまり迷彩服の効果など重要ではありませんが、地方の山の中での開催( サバゲー施設ではなく山中での開催 )ですと迷彩服の重要度が高くなります。

M44ドット迷彩服は、暗い森の中など、かなり溶け込んで迷彩効果があるのですが、帽子がウールの規格帽だと けっこー目立って かなりの確率で先に発見されることが多かったと記憶しています。

敵チームの方からも、

帽子も迷彩にしたら良いのでは?

頭は意外に目立ちますよ。

服は溶け込んでいて いい感じなんですけど 帽子がね、目立つんですよ。

と指摘されたことがあります。

つまり、

M44ドット、オークBパターンの迷彩規格帽は官給品が存在するとか、しないとか、 といったことよりも、とりあえず迷彩規格帽被ったほうがサバゲーではアドバンテージがある ということです。







M38ガスマスク収納缶







余談になりますが、

千葉の有料サバゲー場で スウェーデン軍改造服 着ていたら、

その服、ナチス時代の実物ですか?

と聞かれたことがあります。

レプリカだと答えると、入手先を聞かれました。

どこで 買ったのか? と。

・・・知っている人なら テカテカしているボタンを見れば、 あぁ~サムズ製だろうなって わかる筈なんですけどね。

あと、モデルの女の子からも  ナチス軍の本物ですかっ?  本物の軍服ですよね?  と聞かれたことがあります。

米国SMW社製の素晴らしい迷彩衣料を着ていても、そのようなことを聞かれたことは一度もありません。

後にも先にも、スウェーデン軍改造服だけです。







世の中は目明き千人、めくら千人

なんて 言葉ありますが、まさに そんな感じです。

サバゲー場に集う方々が、必ずしもドイツ軍の軍装品に精通しているという訳ではない ということです。

繰り返しになりますが、

サバゲーは軍装の考証、再現度云々よりもフィールドを縦横無尽に駆けて活躍することの方が重要ですから。

縦横無尽に駆けて活躍なんて 当たり前だろ!

と思われた方は、現役バリバリの方だと思います。

私の脳内では、フィールドを駆ける自分自身の姿があるのですが、実際は もう無理です。

人間誰しも 心が若いまま 少しずつ身体が衰えて行くんですよね。







M38ガスマスク収納缶







コミケに しょーもない写真集 を出品するようになっても、当初は前述のようなサバゲー感覚の軍装でした。

しかし、

静止画(写真)って いろいろ 目立つんですよね。

回を追うごとに、考証、再現度のレベルが上がって行ったように思います。

そして、ようやく昨年、

100%完璧に近い 1945ベルリン・ヒトラーユーゲント写真集の頒布に漕ぎ着けました。

三角章が入手できず足踏み状態が続いたので、足かけ5年かかりましたが・・・。

え~と 

なにが言いたいのかと言えば、

画像が軍装の向上に貢献したということです。







M38ガスマスク収納缶







Twitterもブログもなかった頃は、ホームページの時代でした。

ホームページは作るのも面倒くさい というか 大変なので 【Twitterと比べると】やっている人は、やはり少なかったと思います。

Twitterの普及は、 誰でも画像時代  とでも言ったらいいのでしょうか、

誰でも簡単に画像をネット上にアップすることが出来るようになりました。







【Twitter】は物凄く見る人が多い。

私の、糞しょーもないブログの何十倍、何百倍の人がTwitterを見ている と言っても過言ではないと思います。

ドイツ軍の恰好でサバゲー参加しても、

それまでは、サバゲー場の100人~150人足らずの参加者しか目にすることがなかったのに、Twitterに画像をアップすれば、その何百倍もの人が見る ということです。

前述の通り、サバゲー参加者全員が必ずしもドイツ軍に詳しい人ばかり とは限りません。

むしろ 知らない人の方が多いでしょう。

しかし、

Twitterに画像を載せると

目明き千人、めくら千人

の中の

目明きの人の目に留まることになります。

【指摘おじさん】ですとか【ガバガバ装備】という言葉は、比較的最近、Twitterの普及と共に登場してきた言葉だと思います。







・・・以前、何気にTwitterを見ていたら、

P68 DPM迷彩服に PARAベレーを被ってL1A1 FALを抱えた画像を載せている方を発見しました。

野外で撮影されたと思われる画像の背景には雪が写っていて、フォークランド戦の英軍とのことでした。

【背負っておられるのは、P58のラージパックでしょうか? だとしたらフォークランドの再現には不適切】

【SASベルゲンが適当だと思う】 

と他の人からのコメントが付いていました。

これを見て Twitterって すげーな と思いましたよ。

なにが凄いって SASベルゲンって 指摘する人が現れるところが凄い。

改めて【Twitter】は凄いと思いました。







M38ガスマスク収納缶







オープニングから話が脱線しまくって

取り留めのない話になってきましたので、話を元に戻しますと

最初はサバゲー用にドイツ軍装備を揃えましたので、サムズの店員さんのアドバイス通りの順番に入手して行きました。







装備品入手の順番はおのずと決まってしまいます。

ベルトが無ければ、雑嚢を装用することが出来ませんので、まず最初にベルト。

水筒は雑嚢に取り付けて装用しますので、水筒を買うより先に雑嚢を買わなければなりません。

そうしますと

ガスマスク・コンテナ缶は、いちばん最後になります。

ガスマスク収納缶を買って 私のドイツ軍装備が終わりました。

なので、

ブログでの紹介も最後の方にもってきた次第です。







M38ガスマスク収納缶

実物再生品







サムズミリタリ屋さんで入手した、リペイント品のM38ガスマスク・コンテナ缶です。

レプリカが登場する前だったので、野外での装用前提となると他に選択肢がありませんでした。

収納缶本体は再塗装が施されています。

おそらく塗装前は、錆だらけの酷い状態だったのではないか? と思われます。

また、

破損&欠損したストラップが戦後品に交換されている リペイント・再生品です。







ストラップ補強用革製ストラップ/サムズ製







戦後品のストラップには、ストラップ補強用の革が3枚付いていました。

こちらの ストラップ補強用革製ストラップはサムズ製レプリカとのこと。







ストラップ補強用革製ストラップ/サムズ製







こんなに長い期間、ドイツ軍装備紹介を続けるつもりはなかったのですが・・。

ガスマスク収納缶を紹介しましたので、よくやく先が見えてきた感じです。







M38ガスマスク収納缶




M38ガスマスク収納缶




スポンサーサイト

テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/14(金) 17:14:56|
  2. M38型ガスマスク缶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<怒涛の4月 | ホーム | 季節に乗れていません>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://combatcompanion.blog28.fc2.com/tb.php/762-a872bf73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)