杉並ワークス

どーでもA話【2018年4月】


ミリタリーランキング


SSトロピカルシャツ







近所の街路樹、去年の今頃は裸木で新緑の緑が出始めたのは4月28日頃だったと記憶しています

が、

今年は、すでに新緑の緑がチラホラしており  なんだか 5月みたいな雰囲気です。

先日、雪ロケを終えたばかりなのに、季節が進むのが早くて戸惑いますね。

撮影衣装の調達は、いつも後手に回っており季節について行けてない感じです。

あわてて

スモック、ヘルカバー、迷彩帽、米国に発注しました。

来月の長野撮影用です。




送料69.99ドル。




今に始まったことではありませんが、米国からの送料 糞みたいに高い!

ペイパルの明細見ると 日本円で7,700円ちょっとでした。







・・・先日、スオムスから届いたエイラの服?は送料21.99ユーロ。
( フィンランド・ヘルシンキから約2,900円。)

欧州から入手したほうがお買い得感ありますよね。

・・・この時は珍しく 

( というか初めて )

DHL配送でした。

DHLのお兄さんにTAX2,600円請求されたので支払いました。

あと、受け取りは送り状に印鑑ではなく タブレットの画面に指で署名するという モダン?なスタイルでちょっと驚きましたよ。

そんな話はともかくとして

欧州のほうが送料安いので、絶対米国でなければ駄目 といった商品以外は基本的に欧州のショップで購入するようにしています。







S&Graf製







SS迷彩スモック、SS迷彩ヘルメットカバー、SS迷彩規格帽、

これなどは絶対米国でなければ駄目なアイテムだと思います。

最近は、ATFも迷彩スモック作り始めましたね。

"TEXLED"と大きく表記された商品は、中華レプとは一線を画す製品ですし、CパターンのスモックなどはSMW社製よりも値段高いですよね。

値段が高いということは、SMW社製と比べられても値段相応なので平気だということなんでしょうね。
( ATFは単純で裏切らないお店ですから。)

それから、

Cパターンに関しては、実物品との比較写真が掲載されています。
( 比較写真を掲載している製品は自信マンマンなオリジナル商品で、出来がイマイチな製品に関しては比較写真の掲載なしという わかりやすいお店ですから。)

ちょっと迷いましたが、

今回は全てSMW社から購入しました。

迷彩衣料の再現に関しては、もの凄いお金と情熱を注ぎこんで作っていますから。

イキって?作り始めたATFよりも、長年作り続けてきたSMW社を選んだという訳です。

・・・それにしても ATF

"TEXLED"でウール服やればいいのに! なんて思いますね。

イタリア生地のM43型、陸軍型とSS型の2種類ラインナップとかで。

少しくらい頑張ったところで、迷彩スモックじゃ SMW社の牙城は崩せないように思いますから・・。







どーでもA話ばかり続きましたが、今回はこの辺で。







SSトロピカルシャツ/S&Graf製【Vol.2】

画像を全て変更して再掲載しました。







SSトロピカルシャツ




スポンサーサイト

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

  1. 2018/04/09(月) 01:21:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Kar98k【Vol.5】 | ホーム | 猫ぶろぐ【61】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://combatcompanion.blog28.fc2.com/tb.php/801-050027bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)