FC2ブログ

杉並ワークス

P37ホルスター


ミリタリーランキング


P37ホルスター

1944年製・実物品







P37ホルスター







サバゲー用に入手した英軍P37ホルスターです。

ローデシア傭兵装備の代用品として使っていました。

ですから、

かなり昔、大昔の話ですね。







腰にホルスターを下げているローデシア傭兵の写真なんて ほとんど見かけないのですが、

そこのところは、 ま、 サバゲーですから。

電動ガンの他に、なにか必ずBB弾の出る拳銃を携行していました。

使う機会がなくても、必ず拳銃携行していました。







P37ホルスター







電動ガン、予備マガジンも含めて全弾撃ち尽くした場合

ですとか

差し込まれて ゼンマイ巻く時間がない時とか

ハンドガンを抜いて応戦する。







そんな場面、滅多にないのですが、

もしもの場合に備えて、必ず拳銃を携行していました。

やる気 まんまん だったということです。








・・・35歳、

もしくは36歳くらいまで 

ですかね。

それ以降は、

重い・疲れる・邪魔

どうせ使わないし  

みたいな感じで 一切ハンドガン携行しなくなるのですが・・・。







P37ホルスター







しかし、

ローデシアにマッチするホルスターが見つからず、困っていました。

というか

全然見つからなかったので、

サムズ製ローデシア迷彩服を着てサバゲーに出る際は、泣く泣くハンドガン置いて行きました。

さすがにナイロン製の米軍M12ホルスターなど装用する訳には行きませんから・・・。

そこまでミスマッチな組み合わせでサバゲー参加している人は、私のまわりには居ませんでしたし、

他人の装備、服装にうるさい人が必ず居て(主催者の取り巻き&常連)、

ローデシア装備で現用ホルスターなど付けていたら

それ おかしいだろ!

みたいな感じで指摘されたと思います。

昔は、サバゲー参加 = 仲間に入れてもらう

もしくは

遊ばせてもらっている

という感覚が多少なりとも存在していたのですが、

有料サバゲー場全盛の時代になると、参加者全員【客】になりますので、他人の服装や装備を咎めるような指摘は自然消滅して行った感があります。

有料サバゲー場の登場で敷居が下がったことにより、今のほうが、服装・装備の自由度は高いように思います。
※この場合の自由度とは、普段着もしくは変な格好でもOKという意味です。







D-DAY PARATROOPERS/洋書資料本







1994年にサムズミリタリ屋さんが販売したローデシア迷彩被服類がボロボロになり、2000年頃に再販品を購入。

その後、着れるサイズの実物品・上下を入手。

時期的には、この頃、P37ホルスター買いました。
( P37装備、二束三文で激安だった頃 )

P37装備はローデシアの代用品として使えると聞いていましたが、P37ホルスターはエンフィールド・リボルバー用なのでサバゲーでは使い道がないと思っていたのですが・・・。







D-DAY PARATROOPERS/洋書資料本







洋書の資料本【軍装本】です。

英空挺装備で、 D-DAYに参加したイギリス、カナダ、自由フランス軍を取り上げています。







D-DAY PARATROOPERS/洋書資料本




D-DAY PARATROOPERS/洋書資料本







この本を見て、P37ホルスターにガバメントが収納可能だと知りました。







P37ホルスター







当時は、まだ マルイのガバメントが発売されておらず、WA製を入れていました。

収納可能と言っても、かなりキチキチです。

素早い取り出しなんて無理ゲーですね。







P37ホルスター







・・・ホルスター装用で拳銃を抱えてサバゲーに出ていた頃、

30歳を過ぎても、心のどこかに 若い奴らには負けたくない みたいな気持ちがあったと思います。

ひとまわりくらい若い人と、まだ互角に走れましたし。

30歳後半くらいになると、若い奴らと一緒に走った後、息切れがなかなか収まりません。

全力疾走後、遮蔽物にとりついても息切れが収まらず銃が撃てないのですが、若い人はすぐに回復して、余裕の表情で撃ちまくっています。




( ・・・若さって 回復力の違いかも知れない。)




なんて思ったりしましたが、

その後、次第に衰えて行き、互角に走ることすら出来なくなりました。







P37ホルスター







・・・2014年頃、

平日開催の有料サバゲー場へ行きました。




「 今日は平日で参加者少ないので、先着20名様まで復活ルールです!」




とスタッフさんの説明。
( 参加者少ないと言っても、軽く50人超えていますが。)







撃たれた後、味方のフラッグまで戻れば復活が認められます。

フラッグ付近に待機しているスタッフさんが人数をカウントしており、20名に達した時点で復活ルール終了です。

なので、

撃たれた場合は、全力疾走で味方のフラッグまで戻る必要があります。

全力疾走でフラッグまで戻り、復活後、再び全力疾走で前線へ向かいます!

そんな元気  

私には、もう 逆さに振っても 残っていません。







復活ルールありでも、

復活せず、撃たれた場合はすみやかにフィールドを去る。

片道切符で戦うのが、おじさんのサバゲーです。







P37ホルスター




スポンサーサイト

テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/08/05(日) 12:55:49|
  2. P37装備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<C95サークル参加申込書セット | ホーム | 旧作BOOTHへ送りました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://combatcompanion.blog28.fc2.com/tb.php/807-ed2e654c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)