FC2ブログ

杉並ワークス

MK5ヘルメット


ミリタリーランキング


英軍MK5ヘルメット







タマキャット様/英軍リクエスト・シリーズ第4弾。

タートルシェル・MK5ヘルメットの紹介です。







英軍MK5ヘルメット

Mk.Ⅴ/実物中古品







亀の甲羅みたいな形をしているので、別名でタートルシェルと呼ばれています。







もし、

亀の甲羅を頭にのせて歩いている人がいたら  

どのように映りますか?

カッコいい、イケている、美しい! 

なんて思う人はいない訳で、

どちらかと言えば、間抜けな印象を受けますよね。

英軍MK3~MK5は、そんなヘルメットなんです。







フォークランド装備







タートルシェルMK3は、大戦後半に登場しました。

戦後、皿型ヘルメットMK2は、順次、MK3に更新されて行きます。







・・・今から15年くらい前は、英国のミリタリーショップで買い物をすると、小冊子を同封してくるお店がありました。

ま、カタログですね。

定番商品、大量在庫の商品がカラー写真で掲載されているのですが、その中に、MK3ヘルメットも載っていました。

この頃は、オリジナルシェル、オリジナルライナーのMK3が安価でたくさん転がっていたということです。







昔は安価でたくさん転がっていましたが、

さすがに 今は もう 少なくなり、皿型MK2と同様にリペイント品が主流になってきた感があります。







イギリス軍Mk.Ⅴヘルメット







先日、海外ショップでリペイント品のMK3を見かけましたので、商品説明に目を通すと、

MK4ヘルメットのシェルに再塗装を施した と記載されていました。

ライナー及びチンストラップは、複製品のMK2型を使用。

ライナーの取付けをスクリュー留めにしたので、外観は大戦同型とのこと。







戦後、MK3ヘルメットは仕様変更が行われました。

変更点は、ライナー取付け方法、それから、チンストラップ取付け金具の位置変更の2点です。

僅かな改良なので、手直しといった感じですが、改良型はMK4ヘルメットと呼ばれています。

その後、新型ライナーが制式採用され、MK4シェル + 新型ライナーの組み合わせがMK5ヘルメットです。

MK4シェル自体は、80年代後半(1987年頃)にMK6ケブラーヘルメットが登場するまで使われていました。

※MK6はケブラーではなく、正しくはバリスティックナイロン系の複合素材とのことですが、上記の名称が一般的なので便宜上、ケブラーヘルメットと記載します。







MK4シェルの生産及び使用期間は長いので、( P58装備の使用期間と重なります。)

MK3シェルよりも、たくさん残っているからリペイント品に使用したのではないか? と思われます。

MK4シェルを大戦型のスクリュー留めにするには、若干、加工しないとなりません。

よほど安く手に入らない限り、そんな面倒くさいことやりたくない筈ですから・・・。

それから、

都合の悪いことは、あえて記載しないのがミリタリーショップの特徴です。
( これは どこの国でも同じですが。)

ヘルメット頭頂部にネジ山が見えているので、外観は大戦同型と言っていますが、

ヘルメットをひっくり返してみると、チンストラップ取付け金具の位置は、大戦型ではなく戦後品ということになります。







英軍MK5ヘルメット







今回、ブログ掲載するにあたって いちばん悩んだのがタイトルです。

MK4にするか?   MK5にするか?

かなり頭を抱えました。







英軍は大戦型のヘルメットを、シェルの手直しとライナーの変更で、80年代後半まで ずっと使ってきた訳です。

MK6ヘルメット・マニュアルには、MK6はスチール・ヘルメットMK4の後継と記載されています。

英軍の中では、ライナーの変更など どーでもいい話で MK4シェルの次はMK6 ということなんだと思います。

・・・私自身、戦後品は大雑把にMK4と呼んできましたので。







かなり迷った末、

フォークランド装備としての紹介なので、より正確にMK5というタイトルで行くことにしました。







フォークランド装備







実際にMK5ヘルメットをお持ちの方は、上記掲載画像を見て

もしかして ライナーバンド 破損しているのでは?

と思った方もいるかと。




その通りです。




ライナーバンド折れて破損していました。

内側にスポンジが貼付けられていますので、外側のバンドが割れても、とりあえず使用不能にはならないのですが・・・。







英軍MK5ヘルメット







現在、安く買える放出品を入手すると、

ステー部分の割れ、ライナーバンドの折れ、スポンジの剥がれ等、何かしらライナーが傷んでいることが多いみたいです。
( それでも 一応、使えるので商品の性質上クレーム対象外 とのこと。)

全て綺麗な状態のライナーがセットされている品物が届けば、 かなりラッキー という状況です。







絶対、完全品を望むなら、買い物カゴに入れるサープラス店を避けて、

eBayなどで、たくさん画像を載せている出品者から買うしかないように思います。

現在のMK5ヘルメットの状況は、安いけど程度の悪い中古品ばかりだった 約15年前のMK3ヘルメットの状況と重なるものがあります。







イギリス軍Mk.Ⅴヘルメット




イギリス軍Mk.Ⅴヘルメット

ちなみに掲載画像・右側が 前 です。







英軍MK5ヘルメット




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/08/18(土) 13:45:23|
  2. MK5ヘルメット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<MK5ヘルメット【Vol.2】 | ホーム | C95サークル参加申込書セット>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://combatcompanion.blog28.fc2.com/tb.php/811-2159800a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)