FC2ブログ

杉並ワークス

MK5ヘルメット【Vol.2】


ミリタリーランキング


イギリス軍Mk.Ⅴヘルメット







今回は、フォークランド戦における 着用例 を紹介してみたいと思います。







英軍MK5ヘルメット




第7グルカライフル連隊







1982年5月、グルカ大隊 Queen Elizabeth 2 乗船時の写真です。

客船クィーンエリザベス2は、
輸送船として徴用され、英軍兵士を満載してフォークランドに向かいました。







グルカ大隊に限らず、

乗船時、英国を発つ時の写真は、ベレー帽姿 が圧倒的に多いのですが、

あえてグルカ大隊の写真を掲載したのは、フォークランドで撮影された写真に ベレー帽姿が ほとんど残っていないからです。

グルカ兵の写真の多くは、MK5ヘルメット もしくは DPM防寒帽姿になります。







フォークランド戦の英軍兵士のイメージと言えば、ベレー帽姿ですよね。

その次が、防寒帽姿ではないでしょうか。

ドラゴン1/6ミリタリーフィギュア フォークランド紛争30周年記念シリーズも、

そんなイメージでモデルアップしています。







ドラゴン1/6ミリタリーフィギュア フォークランド紛争30周年記念シリーズ

ドラゴン 1/6イギリス軍エジンバラ公第7グルカライフル連隊第1大隊 グルカ族兵ダーク・グルン  フォークランド紛争







Falklands War 1982

写真家ポール・RG・ヘイリー氏が撮影したフォークランド戦のグルカ兵の写真です。







フォークランド装備







SAS、SBSなどの特殊部隊は写真がほとんど残っていない為、

不明ですが、

まぁ MK5ヘルメットを使っていたとは考えにくいので除外です。

空挺連隊は、基本的に パラヘル なので、こちらも除外です。

続いてロイヤルマリーンですが、

フォークランドで撮影された写真は、ベレー帽姿 ばかりです。

ヘルメットを携行している写真はあれど、被っている写真は、まず、見ないですね。

なのでロイヤルマリーンも除外とします。







英軍MK5ヘルメット







MK5ヘルメットを使うなら、

スコットランド近衛第2大隊、グルカライフル第1大隊、

この辺りになります。







スコットランド近衛第2大隊に関しては、

前述の写真家ヘイリー氏が※タンブルダウンの写真を多く残していますので、考証は文句なしです。

※フォークランド最後の戦い Battle of Mount Tumbledown







イギリス軍Mk.Ⅴヘルメット







それから、

フォークランド戦のMK5ヘルメットの着用例に

ヘルメットのみ

ヘルメット + ヘルメットネットのみ というのは存在しません。

ブログ掲載のMK5は、中古品のヘルメットにデッド品のヘルメットネットをかぶせていますが、

これだけではフォークランド戦の英軍装備としては使えないということです。

偽装布など使って 盛り付け? をする必要があります。







イギリス軍Mk.Ⅴヘルメット







偽装布などを使った 盛り付け? ですが、規定&決まり事がある訳ではなく、兵士の好み、センスで行っているみたいです。
( 当時の写真を見る限り、みんなバラバラで統一性ありませんから。)

盛り付け? に関しては失敗はなく、見様見真似でやっても、それなりにイケている感じに仕上がりますので心配無用です。







英軍MK5ヘルメット







あと もうひとつ、

フォークランド戦の写真に散見されるのが、DPM迷彩ヘルメットカバーです。

官給品なのか?   私物なのか?   全く不明です。

タートルシェル用の官給品は存在しませんので、この場合の官給品とは、部隊で調達したのか? 否か? という意味になります。

ナチスドイツの軍装品の場合、フィールドメイドと呼ばれる実物品になりますが、
戦後イギリス軍の軍装品の場合は、部隊で少数ロット発注及び調達したようなモノであっても官給品扱いされることが多いからです。







「連続写真」 がセールストークになっている写真集があります。

今年発売されたナチスドイツ・武装SS第7山岳師団の写真集です。

同じ場所、同じ人物、僅かに構図が違うだけの写真が延々と掲載されています。

本来、こういった重複カット満載の写真集は、あまり価値がないとされていますが、軍装資料としては重宝します。

例えば、DPM迷彩ヘルメットカバー姿の兵士の写真があったとします。

同じ場所で、少し引きで撮った写真、周囲を映した連続写真の中に、迷彩ヘルカバー姿の兵士が複数確認できれば、部隊で調達した官給品だと決め打ちしても良いかと。

本来は存在しないとされている軍装品であっても、同じ部隊で複数の兵士が使用している場合、私物の可能性はほとんど無いからです。

しかし、

残念ながら、迷彩ヘルカバー姿の兵士は単体写真でしか確認できておりません。







イギリス軍Mk.Ⅴヘルメット【DPM迷彩ヘルメットカバー】







補足になりますが、

DPM迷彩ヘルメットカバーのみ という写真は見たことがありません。

迷彩ヘルカバーの上にネットをかぶせ、さらに偽装布などを使用しています。

この為、兵士の肩から上をアップで撮影したような写真でしか確認が出来ないことが多いのです。







フォークランド装備







MK3ヘルメットは、D-DAY Helmetという名称で販売されていたりします。

これはセールストークでしょうね。

あまり人気があるとは思えないタートルシェル・ヘルメットを売る為のセールストーク。







MK5ヘルメットに、なにかセールストークをつけるとしたら、 Falklands Helmet で決まり!だと思います。







イギリス軍Mk.Ⅴヘルメット





スポンサーサイト

テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/08/25(土) 11:57:20|
  2. フォークランド装備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<英軍トラウザス・ライナー | ホーム | MK5ヘルメット>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://combatcompanion.blog28.fc2.com/tb.php/812-0e55fa64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)