FC2ブログ

杉並ワークス

ドイツ軍資料本紹介


ミリタリーランキング


ドイツ軍資料本紹介

Camouflage Uniforms of the Waffen-SS: A Photographic Reference







Camouflage Uniforms of the Waffen-SS: A Photographic Reference







Michael D. Beaver著の資料本を紹介する前に、ドイツ軍の資料本は どんな感じなのか?

大雑把に分類してみたいと思います。




①:当時の写真のみで構成されている本

②:実物軍装品中心の本

③:イラスト中心の本




大雑把に分類すると上記のような感じになります。

それぞれ一長一短あるのですが、

値段がいちばん安いのは 『 イラスト中心の本 』 になります。

手頃な価格で入手できてイメージがつかみやすいという長所がありますが、100%正確とは限らない という短所も存在します。







ヒトラーユーゲントの本







ヒトラーユーゲントの資料本です。

イラスト中心の本ではありませんが、

表紙はイラストが使われています。







ヒトラーユーゲント資料本







表紙イラストの 『 茶革の短靴 』 に注目してください。

この短靴は、HJ夏季制服用の靴になりますので、黒い半ズボン姿の少年だけが正しい考証で描かれたイラストということになります。

濃紺のHJ冬季制服に茶革の短靴のイラストは完全に間違いです。

このようにイラストは間違っている場合もある ということです。







イラストなんだから  そこまで細かいことを言うな

と思われるかも知れませんが、

知らないから 知識を得る為に入手するのが資料本な訳で、それが間違っていたら意味ないんですよね。

知らないから 間違いに気がつくまでに、かなり時間がかかったりします。

そういう訳で

私は基本的にイラスト中心の本は買わないようにしています。

イラストを軍装資料にするつもりはありませんので。







Camouflage Uniforms of the Waffen-SS: A Photographic Reference







続いて、

『 当時の写真のみで構成されている本 』

師団史写真集などが、まさに それ です。







資料本の中でも 最高峰 だと言っても過言ではないと思います。

難点は、値段が高いこと。

それから、

初心者、 にわか もしくは にわか以下の人が見ても、得られる情報が少ないという難点もあります。







初心者を馬鹿にしている訳ではなく、これは私自身の話です。

例えば、

京都SCHMIDT工房さんと私が同じ写真を見ても、その写真から私は精々60~70くらいしか情報を得ることが出来ないのに対して、SCHMIDTさんは かる~く 300以上の情報を得ています。
(※数値はあくまでも例えになりますが)

長年ドイツ軍一筋でやってきたベテランの方との 『 差 』 が歴然です。

それでも当時の写真は、すぐに何か知識を得られなくても 何度も見ているうちに、もしくは時間が経ってから見ると 新しい発見があったりしますので、無理して入手しても決して損はないと思います。







ドイツ軍資料本紹介







だいぶ前置きが長くなりましたが、

Camouflage Uniforms of the Waffen-SS: A Photographic Reference

ようやく紹介です。







この本は、『 実物軍装品中心の本 』 になります。

内容は、武装親衛隊( 武装SS )迷彩衣料の資料本です。

迷彩パターンの解説から始まり、ツェルトバーン、スモック、ヘルメットカバーといった順番で迷彩衣料を取り上げています。

実物品の掲載だけでなく、着用例( 当時の写真 )も一緒に載せていますので、正確には 『 実物軍装品 + 当時の写真の本 』 です。







Camouflage Uniforms of the Waffen-SS: A Photographic Reference







武装SSをやるのに この本 必要ですか?

と聞かれたら

サバゲー、第二次大戦イベントだけなら必要ないと思います。

ドイツ軍をやっている方なら 誰でもいちどは見る 何度でも見る 不朽のウェブサイト『 STEINER WW.II ドイツ軍 軍装品 武器類 』 の中に【W-SSの迷彩衣料】が存在しますので ここを何度も見ればオッケーだと思いますので。

レプリカ品の入手は、米国SMW社のウェブサイトを見れば、こちらもオッケーでしょう。







この本は、もう少し研究してみたい人向けだと思います。







ドイツ軍資料本紹介




Michael D. Beaver著




スポンサーサイト

テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/11/07(水) 19:22:43|
  2. ドイツ軍資料本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<M31型雑嚢【Vol.6】 | ホーム | 衣装等の準備>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://combatcompanion.blog28.fc2.com/tb.php/828-dee40f8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)