FC2ブログ

杉並ワークス

フォークランド撮影


ミリタリーランキング


2018年12月10日(月曜日)







先週、長野ロケ撮が無事に終わりました。

タマキャット様のリクエストから始まったイギリス装備の撮影です。







撮影チームは、いつもの3人(私を含めて)。

松本studio Raum のオーナー様とモデルのHINAさんです。

誰か 1人でも欠けたら 撮影成り立ちません。

私の中では、これ以上望めないベストメンバーになります。







2018年12月10日(月曜日)







撮影内容ですが、

ファンタジー路線で行くか?

忠実路線で行くか?

悩んだ末、後者で行くことにしました。

難点は、ロケーションとポージングが限られてしまうこと ですかね。







冬季閉鎖・通行止め

冬季閉鎖・通行止め







撮影は、冬の間、道が閉鎖され通行出来なくなる場所の近辺で行いました。

行けるところまで車で突っ込んで、あとは徒歩というスタイルになります。







スタジオ・オーナー様が、いくつか見繕ってくれた場所を見て歩き、その中から私が2箇所選んで撮影を行いました。

どの場所も文句なしのロケーションなんですが、時間的に全部は無理なので2箇所厳選になりました。







冬季閉鎖・通行止め







最後(日没前)に撮影を行った場所は、標高1600メートルを超えた場所にある湿原でした。

土が凍っており、文字通り【凍土】の上で撮影しました。

湿原【泥炭層】&凍土、まさにフォークランド。

今に始まったことではありませんが、

松本studio Raum のオーナー様はロケ地の選定に関して 値千金の男 です。







2018年12月10日(月曜日)







この時期、湿原の気温は氷点下。




顔が痛かった。




元々、オマエの顔は痛いからな

とか、

そういう話ではなくて 風が顔に突き刺さるように冷たかった という意味です。










「 寒くて 撮影出来なくなるから・・。」


「 撮影している側も、あまりの寒さに撮影が出来なくなってしまうから・・。」

等、

事前にスタジオ・オーナー様から防寒対策だけは しっかりやって欲しい と聞いておりましたので、

都内でそんな服装したら 少し歩いただけで 汗だく になるような寒冷地装備で臨みましたが、それでも寒かった。

本当に 酷寒の撮影 になりました。







2018年12月10日(月曜日)







もうひとつの難題は、ポージングです。

ここ1、2年で 『銃×女性』 といった作風の写真を撮る方が増えたように思います。

女子高生の格好をして 銃を持って ポーズをとる

『武装JK』 と呼ばれる写真など人気ですよね。

コミケに そういった写真集など出す方も多くなった と聞いております

が、

そういった写真にありがちなポージングが、今回は使えない ということです。







当時の写真、

フォークランド戦の写真に

銃をかまえている写真、

いわゆる射撃姿勢をとっている写真がほとんど無いからです。
( 全く無い訳ではありませんが、極めて少ない。)







フォークランドにおける地上戦の多くが夜間に行われています。
( 当時はフィルム・カメラの時代で夜間撮影は不可能レベルなので、実際の戦闘場面を写した写真は残っていないと思われます。)

基本的に、フォークランド戦の写真は日中撮影された写真になります。

この昼間撮影の写真に、

膨大な数残っている昼間撮影の写真に、アクション映画のような勇ましい場面など 写っていないのです。







そこで、

当時の写真によく見られるポーズの中から、撮影に使えそうなポージングを いくつかピックアップしました。

撮影当日、

私、TAKA杉並が

モデルのHINAさんの前で やって見せて そのあとHINAさんにやってもらう という流れで撮影しました。




フォークランド撮影




上記掲載画像のような感じで 銃を抱えているポーズ多め で撮りました。

忠実にやるとなると、ポージングも限られてしまうので、なかなか苦しい展開になりましたよ。







忠実路線でやれば 評価される とか コミケで本を手にとってもらえる なんてことはありません。

なので、

『武装JK』 みたいなファンタジー写真の方が断然、楽なんですけどね・・・。

この辺りは、あくまでも作る人間の好みになりますが。







フォークランド紛争・英軍装備【モデル:HINAさん】

枯れた草むらにしか見えませんが凍土の湿原で撮影しています。







あまりの寒さ、フォークランドと大差ないような厳しい環境の中で撮影しましたので、HINAさん本当に大変だったと思います。
( 特に、HINAさんは寒がりだと聞いていますし・・・。)

寒く無い筈はなく 辛かったと思いますが、

『寒い』 とか 『辛い』 とか 口にしない人なんですね。

酷寒の中、淡々と撮影に応じてくれました。

これが実に清々しく シャッターを切る度に 胸がすく思いでした。

また、撮影を重ねる度にぎこちなさが消え、軍装が似合う感じになってきました。

もう、私の中では 最高のモデルです。







こんな感じで 今年最後の大掛かりな撮影が無事に終わりました。

ARES製 L1A1 SLR を含めて、松本のスタジオに送った荷物は120~160サイズの段ボール4箱に及びました。

装備を買い揃えて梱包して発送するのも一苦労ですが、こんなモノ受け取って保管するスタジオの方も大変です。

こういう趣味に理解のある 松本studio Raum さんだから成せる業だと思います。







・・・それから、

車の事故、撮影中の怪我などなく綺麗に終わったことが何より嬉しいです。

みなさん大変お疲れ様でした。

来年も また よろしくお願いします!







フォークランド紛争・英軍装備




2018年12月10日(月曜日)




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/12/16(日) 06:54:53|
  2. ROM制作ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<コミックマーケット96申込書セット | ホーム | P58装備【Vol.5】>>

コメント

ご無沙汰しております

ご無沙汰しております、あれから退職した牧場に再就職して仕事しております、今すんでもいるってところ所は今は-10度、真冬は-20度になるみたいで、くわばらくわばらです。写真集できましたなら購入させていただきます、朝起きて仕事行って帰ったらご飯食べて風呂に入って8時前には布団に入って寝る生活です、L1全然触ってません泣
  1. 2018/12/17(月) 19:16:15 |
  2. URL |
  3. タマキャット #-
  4. [ 編集 ]

Re: ご無沙汰しております

コメントありがとうございます。


仕事から帰って8時前に寝れる ということは重労働で相当お疲れなんでしょうね。
朝は早いのですか? 北海道の牧場暮らし想像以上に大変そうに思えてきました。
-20度で安定していれば身体慣れるかも知れませんが、急に暖かくなったりとか寒暖の差があると体調崩しそうです・・。
お休みとかあるのですか? 交代制でしょうか。


写真集ですが、形にしたい(写真集としてコミケに出したい)と思っておりますが、まだ何とも言えない状況です。
とにかく試しに撮影してみました というのが現状です。
コミケの「ROMの島」の中で、最も需要の無いジャンルだからです。
(お金かけて作るならドルフロやれって話なんですよね、見てくれる人 それなりにいると思われますし)

これは私のほうの問題なんですが
写真集にしても、ほとんど売れずに沈没が予想されます。
そこで もう少し出演者を増やすことなど検討しています。
幸い年明けに有名な方(モデル様)にお目通りが叶いまして、性急に出演云々の話は出来ませんが、夏までにいろいろ頑張ってみるつもりです。

HINAさんにも同じことを伝えています。
HINAさんが人気がないとか そういう話ではなくて 
イギリス装備は元々需要の無いジャンルだと。

  1. 2018/12/20(木) 01:39:10 |
  2. URL |
  3. TAKA杉並 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://combatcompanion.blog28.fc2.com/tb.php/834-3077135b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)